異世界転生の能力者(スキルテイマー)

藤崎 サクヤ

第11話 やるべき事 ~リーラside~

「ありがとうリーラ!魔力が切れそうだったから助かった…よ…」
そう言い残して、タツヤは意識を失った。
「タ、タツヤ…?タツヤ!大丈夫!?意識をしっかり!」
そう叫んでも聞こえてくるのは不規則に放たれる緑のレーザーの音。私がやるしかない。と、そう決意した。

でもいざ戦おうとすると怖くて足が竦んでしまう…
なかなか一歩を踏み出せないでいるリーラに、
???「踏み出すんだ…!その一歩でお前は変われる!!」
何処からか声が…いや、心に語りかけてるかのように聞こえてくる…

「そんなの分かってるよ…。でも怖くて…できないよ…」
ずっとこの世界に来てから思っていたんだ。現実世界でこんな事、した事ないし異世界転生なんて起きないと思ってた。
だから…だからっ…!ほんとは怖いんだ…。
でも!ここで私がやらなきゃ!誰がやるんだと、そう思った。
だからこそ私は…



「タツヤに助けて貰った分、私がタツヤを助けるんだっ!」
決意をし、覚悟を決めた。
Advantage/MAGICアドバンテージ/マジック!!」
そう唱えると、体から魔力が湧くような感覚になる。

「この力を剣に!」
すると、剣が白く発光して剣に魔力が備わる。そして、相手のいるであろう方へと全力で走った。そしてありえない程の高さへ跳躍し、相手の姿を見据えて叫ぶ。
「この一撃できめる!」

剣に備わった魔力を最大限に解放することにより、剣が煌めく…
「はぁぁぁっ!キャロ・ディ・ルーナ!!」

眩しいくらいに蓄積された光が弧を描き相手を切り裂く。

「グッ…お前ら…一体何もn…」
そう言って倒れたその相手に聞こえる声で堂々と言った。
「私達は…!異世界から来た最強のタッグよ!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2日後…
タツヤが遂に目を覚ました。
「タツヤっ…良かった…」
目に涙を浮かべ安堵の声を漏らすリーラを見てタツヤは自分のために泣いてくれる仲間がいることがとても嬉しかった。

そして1日が過ぎ、
タツヤの具合はすっかり良くなり、ほぼ完全復活の状態になった。
「リーラ、凄くかっこよかったぜ。」
「ほんと…?って何でそんなこと知ってるのよ!」

実は…とタツヤは事情を説明した。
説明によればあの誰かからの声はタツヤだったらしく意識を失った状態でもスキルを使って人の心に語りかけたり、或いは実際の状況を見たりできるらしい。だけどまだ未完成な状態で、長時間行うことは困難なのだとか。

「なるほどね…要は全部見られてたってことね。」

「そ。なんか結構楽しかったぞ」
ははは!と笑い声を出すタツヤに、もぉ〜!と恥ずかしがりながらも笑うリーラの姿があった。

「…よし!また王都に向けて旅立とう!!」

「そうだね!行こう!」


こうして災難は去り、再び王都を目指す二人なのだった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変お待たせして申し訳ないです!お待たせした上に短いって言うのが自分でも許せないです…((じゃあ書け
というのも少し実生活が忙しくて…(ちょっとサボってたなんて言えない…)

☆10達成本当にありがとうございます!!
これからも超不定期に投稿していきますので気長にお待ちくださいm(*_ _)m
そして今後ともよろしくお願いします!(๑•̀⌄ー́๑)b




(あ、また新しいストーリーを書き始めるかもです)

【作者より】

「異世界転生の能力者(スキルテイマー)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く