異世界転生の能力者(スキルテイマー)

藤崎 サクヤ

第9話 王都

「どうしよう…。泊まる場所が無い。」

俺、荒瀬 達也は泊まる場所が無いという危機に直面している。この街には大きい宿泊施設があるらしいのだが、宿泊客も沢山で部屋、予約もほぼ埋まっているらしい。先程倒した闇の連合軍の幹部の1人オズルーン討伐の賞金として5000万ゴールドを貰った。ここの世界の共通通貨はGゴールドらしい。ありきたりな感じがするが気にしないでおこう。5000万Gを持っているというだけあり、お金には当分困ることは無い。泊まるところのない俺はさっきの飲み会的なイベントの時、冒険者達に色々な情報を聞いた。何やらここから5日ほどかけて歩いたところに「王都」があるらしい。

ラノベやRPGゲーム、アニメでありきたりの場所で、産業、工業、農業が発展しており、人口がこの街が約10万人で王都は5000万人いるらしい。それに物流も良く物の行き交いが盛んに行われていてしかも、周りにダンジョンが沢山あるのでレベル上げもできてとにかく最高の場所らしい。
俺なら多分飛行魔法くらいは使えるかな…?だとしたら3日くらいで着くかもな…

なんて事を考えながら夜の街をぶらついていると、
「あ、あの…」
聞き覚えのある声がした。声のする方を見ると案の定、さっき助けた女性がそこにはいた。女性と言っても女子高生くらいだろうか。紛れもなく美少女だ。

「ん…あ、キミはあの時の。」

「はい!先程は本当にありがとうございました!この、ご恩はとても返しきれません…!そうだ。私に出来る事なら何でもします!」
何でもしますの台詞キタコレ。鬼畜主人公なら『俺の奴隷になれ』的なこと言いそう。普通なら情報収集とか王都まで一緒に行こう!的なやつだろうけど俺は既に決まっていた。

「なら……俺の仲間パートナーになって欲しい。」
「…え…?」

「あっ、別に嫌ならいいんだ。無理に…とは言わないよ。」

「いえ、全然。というかむしろなりたいくらいですっ!」

「じゃあ改めて、俺の名前はタツヤだ。よろしく!」

「わ、私の名前はリーラっていいます。こちらこそよろしくね!」

こうして2人はパートナー同士となったのだった。
この行動が後に運命的な再開になっている事を今、2人は知る由もない。

__________________


「…という訳で王都に行きたいんだけど…
どう?」

「いいと思うよ!タツヤは転移魔法とか飛行魔法使えそうだけど…」

多分使えるだろう。なんせ覚醒者オールラウンダーって神職でありながらこの魔法を覚えてないほうが可笑しい。

「もちろんだよ。そういやステータスを見せてなかったな。ちょっと待ってて…」

見せるつもりだったんだけど……
見 せ 方 が わ か ら ん 。
どうしようかと思い達也はパッと思いついたものを唱えてみた。
『ステータスシェア』
するとステータス画面がリーラの画面にも映し出された。
__________________
【名前】タツヤ     【年齢】17歳
【性別】男            【種族】人間

【役職】覚醒者 (神職)  
【称号】冒険者 転生者  神の力を得し者  
闇を討ちし者#1 

〜ステータス~
Lv.30
ランクB
HP  2100
SP   ∞
攻撃力  720
魔力   1200
回避力  340
洞察力  460
知力  600
運  2600

【追加効果】
全能神の加護Lv.7(10)
絶対的な力Lv.1(5)

《蘇再生》
・HPが20%以下になった時、攻撃力が上昇。8秒間の治癒効果が付与される。
《神の咆哮》
魔力を50000消費し、神の咆哮を放つ。威力は絶大。連射しすぎると体に大きな負担がかかる。

《覇気》
自身よりレベルが低いモンスターまたはマーキングした対象に威圧を与える。


なんかまたさらに強くなってるし…
俺のステータス恐るべし。
「ッ!?すっ、凄いステータス…」

「まぁ驚くのも無理はないよ。チートだなんて呼ばれているからね…あ、ごめんチートっていうのは…」

「その言葉、知ってるよ。」
「え…」
驚きが隠せなかった。チートだなんて言葉この世界では誰も使わないし通じなかった。なのにリーラには何故か通じたのだ。
その答えは唐突に来た。

「だって私、タツヤと同じように転生者だから。」
衝撃だった。転生者は俺だけだと思っていた。しかも、呼ばれたタツヤの名前が何故か懐かしく思えた。

「異世界転生の能力者(スキルテイマー)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く