異世界転生の能力者(スキルテイマー)

藤崎 サクヤ

第8話 助けるべき人

剣で刺された。
痛い…熱い…苦しい…いろんな気分がこみあげてきて吐き気がする。

HPが減っていくのが確認できる。そして死にそうになった時、

『蘇再生ッ!』
そう唱えると刺された感触が和らいでくる。そしてHPも凄い速度で回復していく。
身体の中で何かがこみあげてくる。これなら行ける!

「ちっ!こうなったら一気に畳み掛ける!光を喰らい尽くせ!禁忌魔術!
ダークマター!」

すると、なにかの紋章の形を作っていたのであろうオズルーンの手から魔法陣が出現し、15m程の巨大な怪物がでてきた。


「これで終わりだ!消え去れぇぇぇえ!」


「させねぇ!はぁぁぁぁ!」
そう叫ぶと、体内にエネルギーが溜まっていくのを感じる。格段とステータスが上がった気がした。



___闇を捌け。ホーリージャッジメント。___


人差し指を怪物に向けてスライドさせる。
…だが怪物は光を呑み、巨大になる。効かない。

「終わりだぁぁあ!!」

「終わってたまるか!聖剣革撃ホーリースラッシュ!」

「グゥァァァ!」
光の聖なる剣が怪物を切り裂く。そして、

「俺は助けるっ!」

「ぐぁぁぁあ!」
一閃。聖剣が鋭い音と共にオズルーンを貫く。
「レベル…1…ごと…きに…俺…が負けるなど…
あり…えな…い…」
そう言い残してオズルーンはその場に倒れた。

最初にしてだいぶ鬼畜な戦闘。だけど人を救えて良かった。そう思った達也だった。
周りから歓声が上がった。


「はぁ…っ…はぁっ…」
疲れて息が上がっていて水分が欲しい気分だ。だが…そんなことしてる場合じゃない。そう思い、俺は縛られていた女性の術を解き解放した。

「だ、大丈夫ですか…?」
そう言うと彼女の目から涙が零れ落ちた。
数分背中を摩ってあげた。そうすると落ち着いてきたのか、彼女は口を開いた。
「…あ、あの先程は…ありがとう…ございました」

「あぁ、大丈夫ですよ。無事そうなら良かった。」

「はい…。あ、あの私はここで失礼させてもらいます…行くべき場所があるので。」

「あ、了解です。」

「さっきは本当に助かりました。貴方、強いんですね。フフッ。また今度どこかでお会いしましょう!きっといつか!」


「はい!きっといつか!」

そういって2人は一旦別れた。人を助けるのは気分が良くなるなぁ。そう思い、ギルドに戻ると…

ギルドにいた人全員の視線が俺の方に向く。
「えっ…あのー…俺って此処で何かし
ましたっけ…」
俺はここのギルドで何かやらかしたことが思い当たらなかった。オズルーンをさっき倒したとはいえ、流石にそんなに早く情報が出回ってるわけ…

「タツヤさん!あなたは偉業を成し遂げました!闇の連合軍の1人オズルーンを倒してくださりありがとうございます。よって、貴方の冒険者ランクがE→Bまで上がります!おめでとう!」

出回ってたーーーーー!周りから拍手や喝采が巻き起こる。そしてその事よりも目の前にいる茶色い帽子を被り、髭を生やし剣を背負っている男の人が気になった。

「あの、貴方は…?」

「あぁ、私はここの街のギルドマスターを務めている、オリバー・ウィルスです。初めまして。あ、私のことはオリバーと呼んでくれたまえ。どうぞよろしく!」

「あ、こちらこそよろしくお願いします。」

ギルドマスターさんだったのか…だから道理で風格が少し違うと思った訳だ。

「冒険者カードを渡してくれたまえ。ランクと今回の件に応じたEXP経験値をやろう。」

「じゃあお願いします。」

そう言って冒険者カードを差し出した。
案の定、受付嬢さんと反応が同じだった。

「えっ…!これは凄い。これは凄いぞみんな!1000万人に1人だと言われてる神職だ!しかも覚醒者オールラウンダー。」

「え!」「すげぇ!」「神童現る。だな!」なんて周りから言われる。
やっぱり凄い役職なんだな…
「あぁ、そういや渡してなかったものがある。ほい、これをあげよう。」
そう言って渡されたのは現代でいうiPh〇ne的な?その端末を手渡された俺は超ハイテクな機能の説明を1時間ほど聞かされさらに表彰やら飲食やらで4時間弱。気がつけば夕方の17時だった。
ここである危機に直面した。

「どうしよう。泊まる場所がない…」

「異世界転生の能力者(スキルテイマー)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く