話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第16話 勘違い

 
「次はアルだな。戦士の装備で問題ないな」

 俺はアルの返事を待たずに、装備を取り出す。白銀に光る鎧と、同じく装飾された片手剣、盾と取り出していく。

「これは、軽量効果がある防具と、属性魔法耐性が増幅されている盾と、剣は斬れ味が良い位だな。全部、魔法銀ミスリル製だ」

 アルは“魔法銀ミスリルと聞くと目を見開いた。

「まさか、魔法銀ミスリル装備なんて目にする事が……」

 二人の装備は、シャルはイベントで手に入れた物であり、アルの装備は俺が低レベル100位の時に使っていた装備だ。どちらも今や不要となった物だ。
 ……怪我をさせないようにするならこれくらいあれば問題ないだろう。

 二人は俺の出した装備にうっとりとして撫でている。

「あとは、これだな……」

 二人のために指輪を二つ置いた。

「こっちの赤い石のついた指輪はシャルがしてくれ。この緑のはアルだな」

 この指輪は、俺が賢者になるまで使用していた指輪だ。
 最上位職の賢者になってからは、効果がすでになく、不要となっていた。
 シャルに渡した指輪は、俺が使っていた経験値100倍。アルに渡した指輪は経験値30倍というものだ。
 二つ付けても効果は重複する事はなく、レベルの低いシャルに持たせれば、すぐに追いつくだろう。

「えっ……。いいのですか……」
「私も貰っても……」
「構わない。二人には頑張って貰わないといけないしな……」

 装備を見た以上に、二人は頬を紅く染め、目を潤ませて置かれた指輪を手に取ると、指にはめる。

「これで大丈夫だと思う。レベル上げは明日の朝から行うつもりだ。この家は魔物避けがされているから、問題なく眠れると思う。寝室は二階にあるから案内するよ」

 俺は席を立つと、二人を寝室に案内する。部屋はベッドとクローゼットだけが置かれたシンプルな部屋だったが、二人は頬を染めたまま満足した表情をしていた。

 この家はイベントで手に入れたアイテムであったが、照明もつくし、水も出る。動作原理は不明であったが、俺は日本にいた時の懐かしさを感じるだけであった。
 しかし、二人にとっては珍しい物だらけで、トイレで驚き、風呂でも「信じられません……」と呟く。

 夕食は慣れ親しんだ日本のキッチンを使用し、夕食をつくる。
 早々に食事を済ませると俺は明日からの為に寝室で寝転んだ。

「懐かしいな……この感触」

 懐かしいベッドの感触に、すぐに意識は沈んでいった。


 ◇◇◇


「指輪……貰っちゃいました」

 シャルは自分の左手の薬指につけた指輪に視線を落とす。

「そ、そうですね……。私も……」

 トウヤが寝静まった後、シャルとアルの二人は寝室で向かい合って話し合っていた。
 二人ともトウヤから貰った指輪を見ながら頬を染めている。

「でも、トーヤ様は想像を絶するほどの力を持っております。この家だってそうです。 わ、私が責任を持ってつがいになりますから」
「だめよっ、国を救う為に手伝っていただくのですから、皇女として私がっ……ゆ、指輪もいただいてしまいましたし……」
「シャルは皇女でしょう。そんな簡単に決めることは……。私には兄がいますから、トーヤ様が平民でも嫁ぐのは問題ありませんし」
「……それでも……」
「――平行線ですね……。トーヤ様は素っ気ない態度が多いですが、何気ない態度が優しいですし、見た目も――」

 また思い出したかのように二人は頬を紅く染める。
 トウヤは理解しておらず、経験値倍増の為に指輪を渡しただけであったが、この世界では、婚姻の申し込みをする時に相手に指輪を渡す習慣があった。
 貴族、平民、そして――皇族でもそれは変わらない。
 しかし、この世界で育った訳ではないトウヤにとっては知る由もない。

 平行線であった二人の会話は、決着がつく事なく更けていったのは言うまでもなかった。


 ◇◇◇


「よし、二人とも行くぞ」

 元気よく言葉をかける俺に、二人は眠い目を擦りながら返事をする。
 昨日渡した装備を身に纏い、準備は万端であったが、二人とも眠そうな表情をしていた。
 少し心配になったが、気持ちを切り替えて探査魔法を唱える。

探査サーチ

 俺は探査魔法を使い、魔物の位置を確認していく。
 少し離れたところに魔物がいるのを確認すると、二人と共にその方向へと進んでいく。
 静かに森を進むこと数分で、俺が手で制する。

「すぐそこに魔物がいる。数は十ほどだ。準備はいいか? 俺は手出しはしないつもりだ。……危なかったらフォローはするが」

 俺の言葉に二人が頷き、それぞれの武器を構える。
 ゆっくりと二人が俺を追い抜き、魔物目掛けて走り出す。
 目の前にいるのはゴブリンの群れだ。ゴブリンからしてみたら、恰好の餌食が来たと思ったんだろう。ニタリと笑みを浮かべ、二人の下へゆっくりと集まりだす。

 先頭に立ち剣と盾を構え、シャルをガードするようにアルが立つ。

「行きますっ!」

 二人はゴブリンに向かって掛けて行き、アルは一刀でゴブリンを斬り捨てる。
 シャルも精霊魔法を唱え、風を刃がゴブリンを切り刻んでいった。
 十ほどいたゴブリンは五分も経たずに地に伏せていた。

「問題ないようだな。もう少し進んでいくぞ」

 アルはそれなりのレベルであり、もっと強い魔物の相手もできるが、シャルがまだ低レベルである。
 俺は二人の戦いを見て頷くと、討伐部位を切り取っていく。

 そして特訓という名の下の、レベル上げが始まったのだった。

 

 
 

「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く