話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜

夜州

第25話 バーサーカー?いえ、魔法使いです。


「……何か用ですか……?」

 首を傾げ聞く俺を囲むように三人が広がっていく。

「魔法職如きに舐められたら俺らも廃業なんだよ。ここはスラムだしな……冒険者が一人行方不明になっても誰も気にしちゃいないぜ」
「クククク……」
「随分いい装備してるじゃねーか? 売ったらいい値段になるんじゃねーか? どうせ死体になったら装備なんて必要ないしな。俺たちが有用に使ってやるよ」

 男たちの言葉に俺は大きくため息をする。

「それで……? 俺をどうにかすると……」

 対人戦……、現実にはやったことない。でもMMOの時は毎日のように……。
 そして対人をやるためにそのゲームをやっていた。
 俺の気持ちは次第にその時を思い出すように高揚していく。

「お、やる気かい……見たところ武器も持ってないし、俺たち相手に素手か……随分余裕だな」

 男たち剣を抜き俺に向けてくる。
 それに対して俺は次元収納ストレージから――――身長ほどある両手剣を取り出す。

「「「なっ!?」」」

 驚く男たちに俺は両手剣を片手で軽く振り回し、肩に乗せにやりと笑顔を向ける。

「――それで素手がなんだって……?」

「チッ……魔法職がそんなの持って……」

 その瞬間に俺は一瞬で駆け出し、その男の首元に剣先を当てる。

「――――魔法職舐めるなよ?」

 そのまま剣の腹で、男に向かってフルスイングする。
 男はそのまま数メートル吹き飛ばされ、バラック小屋に突っ込んで意識を失った。
 唖然としている二人にその勢いで駆け出し、一人、そして最後の一人に打ち込んでいく。
 一瞬にして勝負がついた。

「やっぱり……剣だよな。狂戦士バーサーカーが俺にはあう」

 1人で納得し頷きながら、両手剣を次元収納ストレージに仕舞い、どうしようか悩む。
 ……こいつら放置したら、また同じような事があるかも。
 よし……。連れて行こう。

 意識のない三人を縄で縛り片手で引きずりスラムを歩く。
 見ていた誰もがその様子に目を見開き驚いてすぐに視線を逸らす。
 そしてスラムを出て人通りがあるところを通りそのまま――冒険者ギルドへと向かった。

 冒険者ギルドの扉を開け、そのまま中へと入っていく。
 もちろん縛った三人を引きずったまま歩く俺に視線が集まる。ホールにいた誰もが唾を飲み込んだ。
 ギルドの受付も、その惨状に焦りすぐにカウンターから飛び出してきた。

「一体何があったんですか!?」

 ギルド嬢の質問に俺は説明をする。

「スラムで襲われましてね……。昼間にギルドでも注意も受けていたので、こうして連れてきたんです。で、どうしましょうか、こいつら……」

 ただでさえ意識もなく血まみれの状態なので、ここまで引きずったことにより装備もボロボロになっていた。
 勝負がついた時よりひどい状態かもしれない。

「すぐに回復魔法を使える人を! あと留置所も用意して!」

 前に立っている受付嬢が、次々と指示をしていく。男性職員も出てきて、縛られている男たちをそのまま裏へと運んで行った。

「それで、個室でもう一度説明してもらえますか?」
「はい……」

 受付嬢の後を追い個室へと入る。そこはテーブルとイスが六脚あり、本当の打ち合わせスペースだった。
 座るように促され、その前に受付嬢が座る。

「ありがとうございます。それでは、最初から宜しいでしょうか?」

 午前中にギルドで絡まれた事から始まり、スラムにある孤児院で食事をして、宿へ戻る帰りに襲われたこと。
 三人とも剣を抜いて、殺して身ぐるみ剥ぐと言われたので対応したこと。
 スラムで放置するわけにもいかず、ギルドへと連れてきたことを説明していく。
 俺の説明にメモを取りながら頷いていく。

「――わかりました。事情はわかりましたが、あの三人は柄が悪くても一応Dランクの冒険者です。見たところ魔法職ですよね? ギルド証を提示してもらえますか?」

 受付嬢にギルド証を取り出し手渡すと、その内容を見て目を見開き驚愕の表情をする。
 そりゃレベルを見れば仕方ないよね……。

「――――こ、これは……本当に!? レベル57って……」
「えぇ……まぁ……そこに出てる通りです……」
「しかもこのレベルでランクがまだCなんて……」
「それは最近登録したばかりですから」

 苦笑しながら説明する俺に、ギルド嬢は腕を組み唸る。
 少し悩んだ末にギルド場が口を開く。

「わかりました。あの人たちについては強盗未遂、殺人未遂ということでギルド除名の上、犯罪奴隷堕ちにします。今までは証拠がなくて逃げられていましたが、今回は証人もいますからね」

 にやりと笑うギルド嬢に俺の背中は冷たい汗を感じた。
 あいつら今まで何をやってたんだ……。
 もちろんそんな事を聞くつもりもない。

 説明を終わり解放された後は、ギルドを後にし宿へと向かう。
 先ほどの衝撃的な事にホールにいた冒険者たちからの視線が痛かった。
 すでに外は暗くなっており、暗い道をトボトボと宿へと向かう。
 宿の食堂は食事をする人たちで溢れていた。
 俺に気づいたルミーナたちが手招きをする。

「おい。こんな時間までどこに行ってたんだ? もうみんな食事は済ませてるぞ」

 ジョッキを掲げるルミーナの隣に座り、食事の注文をする。
 ダイたち四人はすでに食事を済ませ、明日の準備のために早々と切り上げて部屋に戻っており、ルミーナがカウンターで1人で飲んでいた。

「ちょっと色々ありましてね……。冒険者ギルドにも行ってました」
「ふーん。問題は起こすなよ? 護衛の任務中だ……。あと――とりあえず冷やせ」

 俺の前に飲みかけのジョッキを置かれる。ため息をつきながら魔法で冷やし、そのまま返すと、受け取ったジョッキを煽り、冷えたエールに満足そうな顔をする。
 俺も頼んでいた食事を受け取り食べ始める。
 メニューは肉が煮込まれたシチューとパンが二つだった。エールを一度冷やして一口含む。

 次の日は朝からまたフェンディーの街へと出発だ。
 早々に食事を切り上げた俺は部屋に戻り、ベッドへと倒れ込んだ。


 

「召喚された賢者は異世界を往く ~最強なのは不要在庫のアイテムでした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く