話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺のヒロインに無理矢理、異世界に転移させられた

成瀬 俊

アルム都市へ

「そういれば、その森っていうのはどれくらいあるんだ?」

「だいたい600kmぐらいかな」

「600km!めちゃくちゃ遠いじゃん。確か600kmって東京の23区と同じぐらいの広さあるんだよな」

「何言ってるかわからないけどとりあえず遠いわね」

俺らが話していると、壁に囲まれたいつの都市が見えてきた。都市が見えてくるとリナは耳と尻尾を隠すためにマントきた。

「私のことは適当に妹とか言って」

「そんなで大丈夫なのか」

「多分大丈夫よ」

「多分って!」

そして入口の前に検問のおじさんが立っていた。警察でも検問はあったからこの仕事の辛さはわかる。

「この都市には、何しに来たんだ」

「えっーと、王国に向かう前にここで必要なものをそろえようと思ってここに来ました」

「その裏の、お嬢さんは」

「妹です。人見知りで」

おじさんがこっちを睨みつけてきた。俺はさすがにバレたかと思ったが、

「いいだろう、入ってよし。二人で銅貨6枚だ」

俺らは通行税を払って都市の中に入れた。

「見事な演技だったな」

「正直、結構やばかったけどな」

話しているとリナのお腹から、(ぐぅ〜)とかわいい音がなった。リナは顔を真っ赤にして、

「とりあえずまずは、飯でも食べに行くか」

リナは頭を振った。

「俺のヒロインに無理矢理、異世界に転移させられた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く