話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺のヒロインに無理矢理、異世界に転移させられた

成瀬 俊

女の子の正体

俺は目を周りに何もない野原にいた。

「えっー!ここどこだよ!」

「ここは東の王国のオオスタン。
あなたたちの世界で言う異世界と言う場所よ」

俺の後ろにはあの女の子がいた。

「俺今、異世界にいるの。というか君、誰?」

「私の名前は、リナ。耳族の代表として勇者を連れてくる簡単に言うと、ガイドよ。
そう言えばまだあなたの名前を聞いてなかったわね」

「俺は浅井 俊二。というかなんで俺が異世界にいるんだ、そして俺はここで何をするんだよ」

「それは、あなたが当たり前のように私の意識阻害の魔法を破ったからよ。私の魔法を破れるのは世界でも一部の人にしかできないからよ。
そして、あなたにはここで私たちの勇者をなってもらいたいの」

俺はこれを聞いて、勇者ってそんな一回魔法を破った
だけでなれんのかよ。俺はリナの姿はやはり美少女だった。けれどよく見ると、頭には猫のような耳に、腰のあたりには、尻尾が生えていた。
それを見て俺は、

「そういえばさっき言ってた耳族の代表って何?」

「耳族っていうのは、魔物が多い森に隠れてる住んでいる種族なの」

「なんでそんな危なそうなところに隠れているんだ?」

「それは、私たちは人間から見たら奴隷だからよ」

「俺のヒロインに無理矢理、異世界に転移させられた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く