さいじょー 三姉妹は今日も暴れ回る

おっぽん。

1話 発売日

学校が終わり、 西条家の扉を開け靴を片足脱ぎながらそう大きめの声で、3女のすい



「ただいま〜」



ん? お姉ちゃん達のローファーがあるから帰ってきてるのかな…

でも、いつもなら全力ダッシュでお迎えなのにな〜



「お姉ちゃーん?」



あっ!あれか… またあの、、There is no escapeだかなんだかのゲームやってるんだろうな



「……やっぱり。お姉ちゃーん! ただいまー!って……聞こえるはずないか」


頭にあの変なのしてるし、仮想世界だかに飛んでるから気づかないよね…



「よし! 起きるまでに夕飯作っちゃ──「「翠、おかえりッ!!!」」 おッと… え?」



「お、お、、お姉ちゃん達起きてたの?」



さっきまで…あ、あれ?



「そりゃ、愛する翠ちゃんに急接近されてる気がして 即ログアウトしてきたわよ〜♡」

 

「いやいや… れいお姉ちゃんは超能力者かなんかなの?」



「翠。 それよりとってもいいお知らせがあるぞ!」



さつきお姉ちゃんが言ういいお知らせは、私にとって大抵悪いお知らせだよ……」



「まぁまぁ、そう落ち込むな」



「え、あ……うん。」



「そうよ〜、今回のは本当にいいお知らせよ? いつもは違うけど…」



「パンカパーン!!! 翠! プレゼントだ! ちなみにこれ… なんだと思うか?」



皐お姉ちゃんが近くにある ゲーム屋さんの袋から 何やらゲームソフトを取り出してるけど



「え? 翠ちゃん分からないの? これは 今日完成版が発売された あの!あの人気の«There is no escape»よ♡ 」



「……いやいやいや!! それあれでしょ? 人気すぎて、二日前ぐらいに並ばないと手に入らないって… え? ええ!?!?」



「なんか玲姉さんと歩いてたら 道を空けてくれて 、そこを通ったら、いつの間にか先頭にいた。」



我ながら、うちの姉は規格外だと思ったよ…



「あっ! 安心して♡ 翠ちゃんにつく悪い虫けらは 私達が追い払うから、楽しんでゲームをしていいわよ」



「そっか… 2人はもう体験? しててトッププレイヤーなんだよね? なら…… お姉ちゃん達がいれば安心だねッ」



「ッ… どうしよう皐、翠ちゃんのはにかんだ姿が可愛すぎて 鼻からケチャップ出てきちゃったわ……ッて! なんで倒れてるのよ!?」



「……ふっ。 翠の可愛い姿が見れて… もう悔いはないぞ…」



あの。何かカシャカシャ聞こえるんだけど…  
誰が何してんの……って、あぁ!?



「あ… さ、皐お姉ちゃん!!! 倒れながら 私を連写しないでッ////」



私を撮ってるし、もう… このシスコン達やだ。




______________________

2作目ですぅあああ   

おっす! オラ百合豚!!

「さいじょー 三姉妹は今日も暴れ回る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く