My Garden

ろぼ

空への手紙

今もそこにいるように
バイバイって手を振る
可愛らしいあなたを
思い出さない日はない

朝のおはようも
出掛ける時の行ってきますも
帰ってきた時のただいまも
寝る時のおやすみも
いるはずのないあなたへ伝える

静かに眠ったあなたは本当に穏やかで
いつもみたいに
「来てたの?」
て言いながら眼を覚ますのを
数分…数十分と待ってみた
寝息を聞こうと
そっと顔を近づけてみた

変わらない表情 動かない手
笑わない口元 開かない瞳


…もう起きることはない


長い時間
色んな物を一身に背負って
立ち続け歩き続けた足
最後は
痛みで立ち上がれなくなっていた

強く常に前を向き 
みんなを導く姿は
厳しくて優しかった

心配し続けてくれるあなたに
笑ってごまかす私
少し呆れて笑うあなたが好きでした
あなたの夢を叶えてあげられなくて
ごめんね…

あなたがいる場所には
いつも人が集まる
大きな輪の真ん中で笑うあなたが
大好きでした

どんなことにも物怖じしない
揺るがないあなたが
真っ直ぐで大好きでした

強く見えるあなただけど
本当は心配症で
眠れない夜も沢山あった
それでも 
自ら人の心配事まで背負うあなたが
大好きでした

もっと話せばよかった
もっと聞けばよかった
もっともっと一緒に笑えばよかった

強いあなたは
いつまでもいてくれると思ってた

だけど…
細くなった手足と小さな背中
認めたくなくて目を背けてた
見えてたはずなのに
見ないふりをして逃げた


おばあちゃん…ごめんね…


最期の時間が
大切なものだったって気付いたのは
あなたが大好きだった花に囲まれた時

こんなに小さな体で
長い間
たくさんの命を背負ってくれて
本当にありがとう


そんなあなたが大好きでした


-肩の荷を下ろして 
どうか幸せに過ごして下さい-

-そして、
いつまでも笑っていて下さい-

ばいばい。

「My Garden」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

  • ろぼ

    先日亡くなった祖母へ向けて書いた詩です。
    多趣味な祖母は、生きているうちに出来ることを…というのを体現していたカッコいいばあちゃんで、私にとって人生の師でした。
    もっと教えて欲しかったことがいっぱいあったのに、先延ばしにしたのは私の方で。
    後悔もいっぱいだったけど、ばあちゃんの幸せを祈って、そういうのやめようって決めて書くことにしました。
    私事ではございますが、これから大切な人との関わりに後悔がないよう過ごして下さい。

    0
コメントを書く