春夏秋冬(シーズン)〜異世界を翻弄する最強4人兄弟〜

もちあ

第1話 〜春夏秋冬〜

「…………お、この人たちがいいね!この人たちならきっと……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【朝】

「「「「いただきます!」」」」

窓の外から明るい日差しが差し込んでくる。
家の中には4人の男女がこんがり焼かれたパンと、コーヒーや牛乳を飲んでいる。

彼らは年齢が高い順から、   櫻井 春斗さくらいはると 夏美なつみ 秋也あきや 冬華ふゆか という。
名前に全員季節が入っているので、人々は彼らのことを春夏秋冬シーズンと呼ぶ。

「そーいえば夏美、前 作ってたやつはできたのか?」
「ん?あー、あれね。あれもう3日前に作り終えたわよ」
「お前が作ってたのって、日本にいる発明家でも半年はかかるやつだろ。お前が作り始めたのって確か1週間前だっただろ?」
「あんなのノートパソコンを小さくしただけじゃない。それにここまで早く作れたのは冬華のおかげなんだから!」

☆夏美☆

天才発明家。高校1年生。世界でもトップの発明家が10人集まって一年で作れるような物を夏美は1人で約3ヶ月で作れる。ただし運動神経がとてつもなく悪く、50m走では26.1秒というものすごい記録を残している。家事全般が得意。

「そうか冬華、夏美のために頑張ったのか」
「うん……それに…私が頑張ったのは春斗のためだから……」
「そ、そうか。でもあの物凄い図面を書くのは相当大変だったろ」
「うん…いつもなら……1時間で終わるのに………半日も…かかっちゃった」
「……あれを半日で書いたのか」
(冬華は半日で書いたと言っているが普通なら1ヶ月以上かかるような図面)

☆冬華☆

紛れも無い天才。10桁までだったら暗算で計算できる。中学2年生。恐らく世界で一番計算が早く、図を書くのが早い。記憶力もいい。しかし冬華は超がつくほど不器用で今でも冬華が作った紙飛行機は飛ぶ気がしない。

「?どうした秋也」
「あぁ〜春兄。ちょっとな、この新聞に載ってるやつ確実に嘘付いてると思ってな」
「えーっと、なになに  『【銀行で強盗殺人‼︎】
犯人はは強盗は認めるも、殺人はしていないと証言している』……よくこの文とかの写真だけでわかったな」
「こいつの目、確実に殺人を犯しているな」
「流石秋也。俺には絶対分からん!」

☆秋也☆

相手の嘘を見破るのが得意。中学3年生。口も達者で秋也に会話で勝てるやつはまずいない。性格が悪い。しかし、秋也は数学が苦手で中一の定期テストでは周りの人の顔を見て、なんとか平均を取れた。意外にも料理が得意。

「んで、春兄はどーだった?この前の依頼」
「?あぁ、あのテロリストの依頼ね。あれなら依頼を受けた日に終わらしてきた」
「流石春兄。でも、あのテロリストって結構有名なんだぜぇ。世界でも五本の指に入るって前テレビで言ってたぜ。どーせ1人で行ったんだろうけど」
「あいつらなんか素手で十分だったわ。連携もろくにできてない奴らが、武器を使っても意味ないっつーの。最終的に共喰い状態だったよ」
「……さすが…春斗……」

☆春斗☆

剣道 柔道 弓道 空手 などの全ての武芸を会得している。高校2年生。相手が100人の大人でも勝てる。100m走の5.2という世界記録を持っている(世には出ていない)しかし、相手の顔色を伺うことが苦手で嘘をつくのも下手。鈍感(冬華の好意には気付いている)

そう。この4兄弟は、4人同士で短所補いながら生活している。

「春夏秋冬(シーズン)〜異世界を翻弄する最強4人兄弟〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く