チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活

金田拓也

22ぎこちない日々

シュウ「なぁベル。お前昨日何処に言ってたんだ?結局あの後何んにも教えてくれねぇし」
と教室でベルに声をかける。
ベル「マオーが気にすることじゃない」
それにふーうんと横目でベルを見ていると、教室のドアが開かれた音がする。
入ってきたのは銀髪の少女エリカだ。
エリカは、シュウの隣の席に座ると
エリカ「おはよう」
魔王「おぉ。おはようエリカ。」
それにクラス中がエリカの方を見る。
「あの、エリカさんが自分から挨拶を!?」「嘘だろ?信じられない」「唯一仲のいいサオリがかろうじて、挨拶を返してくれるぐらいだ」「なのに自分から挨拶なんて」
エリカ「ち、ちょとあなた達失礼でしょ!あ、挨拶ぐらい私もするわよ!」
エリカは慌てて席を立ち否定した。
魔王「まぁ、お前の日頃の行いが悪いんだ」
とシュウがバカにしたように言うと
エリカ「0点に言われたくないわよ。単細胞」
魔王は、ベルの方に向き直ると
魔王「ベル単細胞ってなんだ?」
それにエリカは悪戯げに微笑むと
エリカ「大丈夫よ。褒めたんだから気にしなくていいわ」
それにシュウはエリカの顔を見ると
魔王「嘘つけ。悪い顔してるぞ」
エリカ「どんな顔よ!しかも、あんたに言われたくないわ!この大魔王!」
シュウ「あぁ!誰が大魔王だ!」
シュウは、立ち上がり文句を言うとエリカも席を立ち
エリカ「なによ!事実でしょ!」
そう言って二人でいがみ合っていると
ベル「二人とも仲良くなった」
シュウ・エリカ「「どこが!!」」
だが、ふと気付くベルの顔が何か寂しげな表情をしていた。
シュウ「おいべー」
と言おうとしたところで、コンコンとノックされた音がなりそちらを見ると金髪に腰に剣を持っている男が立っていた。
校長「久しぶりに来たけど随分と仲が良いね。悪いけど少しいいかな」
そうこの学校のトップである学校長に呼ばれ、廊下に出る。
廊下を歩いていると途端に窓が閉まり出す。もう、だいぶ慣れたつもりだったが、どうやらまだ傷ついてるみたいだ。
そこでふと気付く。クラスの連中はそこまで変な態度を取っていなかった事に。
シュウ「なぁー」
と声を掛けようとした時に学校長がそれを遮り
校長「すまなかった」
そう謝罪して来た。大の大人の男が頭を下げて謝る。いつもはふざけているがやはりこいつは、こう言う事が出来るからトップの器なのだろう。
シュウ「あんたは悪くねぇよ。我慢できなかった俺が悪いんだ。」
それに今まで静かだったベルが怒鳴った。
ベル「違う!」
そういえばこいつの前でこの話題は、ダメだったなと思い、それ以上はなにも言わなかった。
校長「君達を呼んだのはー」
そう言った時だった。
「エリカ」
随分と透き通った声が聞こえ、そちらを全員がみる。それで何故か全員が止まった。


「チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く