チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活

金田拓也

21わだかまり

エリカの真横を通り抜けていった、黒い炎を見て、エリカはギリっと歯を食いしばり、聖剣を横に一閃しようとするが、それを指で受け止められる。指ごと切ろうとするが全く動いてくれない。
エリカは舌打ちをすると、聖剣から手を離し、後ろに飛ぶ。すると、聖剣は魔王の手から姿を消した。
それを名残惜しそうにするかのように、自分の手を眺める。

これは戦いなどではない!これを言葉に出来ないのがひどくもどかしく感じる。彼は彼なりに自分の過去について何かを感じている。それが!それを!それに!私はひどく怒っている!ただの八つ当たりかもしれない。それでも!私は!

エリカは一度息を大きく吸い込み、再び聖剣を出現させ構える。
エリカ「全力で戦え!私はまだ負けて、ない!」
どちらにしろ、聖剣を長い間出現させることは出来ない。だから短期決戦でなくては
そう思い突撃する。正面にいる魔王は、目をつぶっている。
まだ舐めているのか!なら、いっそ、ここで!私がー!
そこで体が動かなくなる。
魔王と目が合った瞬間、体が突然動かなくなる。足がガクガクと揺れ、体が動く事を拒否している。私は彼には、勝てない。体がそれを理解したのだ。
今まで、私は勇者と言う職業柄、この感情を持ったのは生まれてはじめてだ。
それでも!私は!立ち向かわなくちゃ!こうなれば這ってでも!
そこで、エリカの手から聖剣が消える。そして、両手を地面につく。
エリカ「ーけよ。…わ、私の負けです」
エリカは唇を噛み、血を垂らした。そして悔しそうに手を握りながら、口にした。敗北を。
エリカ「き、恐怖で…何も出来なかった!…何も!…出来なかった」
魔王はその様子を見つめ、エリカの肩を掴もうとし、すんでのところで、手が動かず、手を引っ込めた。

それから少し経った後、
エリカ「魔王…あなたにこんな事を言うのは、勇者として失格だけども言います。母を大切にしてくれてありがとうございます」
エリカは頭を下げて、そう言ってきた。
そして、顔を上げ、魔王を見つめると
エリカ「私を強くしてください」
魔王「お前、何言ってるんだ」
エリカ「私は今、聖剣に呪いがかけられているらしいの。」
それに魔王は、首を傾げこちらをみる。
魔王「呪い?聖剣にか?」
エリカ「えぇ。メフェストって言う魔族に言われたわ。『聖剣の呪い』そう言っていたわ」
魔王「あぁ。それはあいつの嘘だな」
あっさりと口にした魔王にエリカは食いつくように質問した。
エリカ「それってどういう事!?」
それに魔王は少し驚くと
魔王「あ、あぁ。そんな聖剣を出せなくさせる呪いなんてものは存在しない。そんなもんがあれば、魔族が勇者に手こずる必要もないだろ?」
そんな事をこいつに言われ、納得する。
エリカ「それもそうね。魔王、あなたバカだとは思っていたけど、思ったよりはバカじゃないのね」
魔王「おい!せっかく人が教えて上げたのにその態度はないだろ!」
エリカ「なによ!本当のことじゃない!」
そう言って二人でいがみ合っていると、突然魔王が笑い出し、それにつられるようにエリカも笑った。

「やっぱりマオーは優しすぎる。私がするしかない」
魔王とエリカは影から見ていた声に気づかなかった。

「フフ、フフフ、アハハハハハハハ!この世界から!私から逃げようなんて思わないことですよ!魔王様!アハハハハ!」
月夜に高笑いで笑う悪魔が1匹そこにはいた。



「チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く