チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活

金田拓也

12、罠

そして、とうとう実力試験の当日の朝を迎えた。
頭上には太陽が昇っており、ギラギラと光り輝いていた。がほとんど暑さはない。それもそうである。この太陽は作られた見せかけだけの太陽なのだから。場所は学校の地下である。
前では校長が話をしている。
周りの生徒達には緊張の色が滲んでいるように見える。そんな中銀髪の少女もまた緊張を隠しきれずにいた。そんなエリカの背に
「おはよう。エリカ緊張してんのか?」
と無神経な声が聞こえてきた。
エリカ「緊張なんてしてないわ」
と言った後に少し恥ずかしそうにおはょと返すともう一人の金髪の少女が
ベル「勇者はマオーよりも弱いから勇者の気持ちを理解するのは無理」
エリカ「誰が誰よりも弱いって」
そう言ってエリカは抗議の目を向けた。
ベル「事実を言ったまで」
そう言ってベルはエリカを睨み返す。
それに魔王はため息をついた。
こいつらとこれからやっていけるのかそんな不安を感じながら二人を見た。

そして開会式は終わり、一回戦目が開始されつつあった。
エリカ「魔王。分かっていると思うけど手加減を忘れないでね」
そう言ってきたエリカに魔王はわかったと言うように手でジェスチャーをした。
魔王「そんなことより。お前の試合だろ?俺は大丈夫だから自分のことを気にしろよ」
そう言って優しく言った。
エリカ「えぇ。あなたに言われなくても私は勝つわ」
とだけ言って彼女は試合会場に向かった。
魔王「お?エリカの試合が始まるぞ」
そう言って上の観客席から眺めた。
試合は始まり、エリカが突っ込む。
それに相手は自分の前方に防御をする。それを読んでいたエリカは突然停止すると、防御の貼られていない相手の側面に回り込んだ。そして、腰のレイピアを相手の鼻先数センチのところで寸止めした。
相手が降参のポーズをとり、勝負はついた。
それを見ていた魔王は
魔王「なんであいつ聖剣を使わないんだ?それにわざわざ側面に回り込まなくてもあいつの能力なら貫けるだろ?」
とベルに問うと
ベル「マオー知らないの?それはー」
と言おうとした時。ベルの動きが止まった。理由は単純だ。フードを被った男が目の前に現れたからだ。
その男はそのまま逃げるように別の場所に移動した。
魔王「ベル!行くぞ」
ベル「ん!」
と二人は言うとフードの男を追いかけた。
その様子を見ていた制服を着た一人の男が見ており、ニヤっと笑った。

魔王「止まれ!」
そう言って魔王がフードの男の前に回り込んだ。二人で挟みうちをした。
ベル「フードをとって」
そう言うと、男はフードを黙ってとった。
その顔を見てベルがあからさまに驚いた顔をした。
ベル「お前はー」
とついベルの口から漏れでてしまった言葉をその男が遮った。
「はい。私はメフェストです。以後お見知りおきを」
そう言って白い肌にふざけた化粧をした男が言った。
ベルはその男に警戒の色を強めながら
ベル「なぜお前が?誰の指示?」
メフェスト「まぁ。そんなに警戒しないでくださいよ。私は何も争いをしにきたわけじゃないですって」
ベル「信じれない」
その様子を見ていた魔王が口を開いた。
魔王「ベル一旦落ち着け」
ベル「マオーはこいつの危険性を分かってない。こいつの言うことは信じれない」
そうベルが言うとメフェストは大袈裟に肩を揺らした。
メフェスト「心外ですね。私は嘘などつきません」
ベル「ふざけるな。あの時もー」
ベルが何か言おうとした時その声は悲鳴によりかき消された。それに二人は一斉に自分達が離れた試合会場を見た。
そして、メフェストをベルが睨むそれにメフェストは、笑いながら
メフェスト「私は嘘はつきません。私は争いに来たわけではありません。ですが他の魔族についても暴れないと言った覚えはありませんねぇ」
そう言って続けた。
「さぁ。パーティーの始まりです」


「チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く