チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活

金田拓也

6校長

校長がそう言うと、今まで寝ていたベルが反応を見せた。校長の位置からでは寝ているもしくは机の上でうつ伏せているようにしか見えないだろうが横から見ると、警戒の色が見えた。
魔王「英雄王?あんた王様なのか?」
校長「あぁ。そうだよマオ君。と言っても元だけどね」
それに魔王はその顔をまじまじと見つめた。
魔王「あんたいい人っぽいからあんたの下の人達は幸せだったと思うぞ」
とマオは、校長に微笑みながら返した。それに校長はやれやれと言うような反応を見せたが、少し嬉しそうな表情だった。
校長「では、まずは私が聖剣を手に入れたときの話からしようー」
と言いかけたとき、教室の扉が開いた。そこにはエリカが立っており、今の状況に一瞬驚いたような表情をした。
魔王「エリカおはよう」
と言ったマオを一瞥するとエリカは校長まで歩みを進めた。
エリカ「どういう状況ですか?」
と、問い詰めるように聴くと
校長「なに。私の昔話をしていたのさ」
とかたをすくめながら言った。
魔王「エリカ!この人英雄王なんだぜ」
とマオが嬉しそうに言うと、エリカは憐れむような表情を見せた。
エリカ「校長!またそんな与太話をしていたんですか!?」
魔王「?」
マオが首を傾けると
エリカ「英雄王って言ってるけど、誰も信じてないの。信じて欲しいならご自身の名前とどこの国の王様なのか言ったらどうですか?」
校長「それじゃあ。面白くないだろ?秘密がある方が面白いものさ」
と校長は薄く笑い、おもむろに立ち上がった。
校長「では、そろそろお暇させていただくとしよう」
そう言うと校長は教室を出て行った。
その様子を見送りエリカの方に向き直ると
魔王「なぁ。実力試験ってなんだ?」
それにエリカはマオを見た。
エリカ「そのままよ。実力を図る試験。勝ち上がって、この学校での順位を決めるの」
魔王「順位ねぇ」
マオは普通にみんなが思っているであろうことを口にした。
魔王「お前は、勇者だから負けないだろ?」
それにエリカはビクッと肩を揺らした。
エリカ「な、なれるわよ。…いいえ。ならなければならないの!じゃないと!じゃないと!」
と突然エリカは手を力いっぱい握りしめながら大きな声で怒鳴った。
そこで冷静になったのか、踵を返して教室から出て行った。
魔王「なぁ。ベル」
寝ているベルに声をかけるとベルはゆっくり体を起こし、マオを見た。
ベル「なにマオー?」
魔王「あいつの顔、、見たか?」
それにベルはコクっと頷いた。
魔王「俺はどうすればいい?」
と言いながら天井を見上げた。
ベル「マオーはどうしたいの?」
その問いに答えることはできず、少しすると教室に人が入ってきて、いつも通りの賑やかな教室になった。ただ、マオのとなりの席は一つポツンッと空いたままだった。

私は何をやってんだろう。あろうことか魔王の前で。
たとえ聖剣が使えなくても絶対に一位になってやる。私に負けは許されない。許されるはずがない!
そう思いながら外をエリカが歩いていると、
何やら、異臭がした。
エリカ「血の匂い!?」
そう。それは前線に立ち続けたエリカだから理解することができ、体が無意識のうちに動いた。
ーこの角の向こうから臭うー
そう思い、ゆっくりと顔を覗かせる。
そこにいたのは、切り刻まれ死んでいる死体をさらに切り刻んで遊んでいる者がいた。
エリカ「動くな!」
エリカがそう言うと、そいつはゆっくりとこちらを振り返った。
エリカ「え!?どうしてあなたが」

「チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く