チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活

金田拓也

4.クラスでの魔王

あの事件から少し経った頃。その規格外な強さから、魔王は孤立したーとはならなかった。むしろクラスの中ではかなりの人気者になりつつあった。
「なぁ、マオ。この前のあれどうやったんだ?」
「あ!私も気になってた!」
「俺でも出来るか?」
などと言って次々と魔王の席の周りに人が集まっていく。
魔王「あぁ!簡単だから誰でも出来るぞ」
と、少し嬉しそうな顔をしながら続けた。
魔王「手を思いっきり振るだけだ!」
『…』
「なぁ。俺が説明を聞いていない間にほとんどの説明が終わってたのか?」
「ごめん私も。手を思いっきり振る以外聞いていなかった」
「俺がバカだから理解できなかったのか?」
などと困惑していた。
そうこうしていると、茶髪の30代ほどの担任が教室の中に入ってきた。
担任「おーい。席に着け」
と言いその後話を始めるが、エリカは全く話を聞かずに、横にいる魔王を見ていた。すると、その視線に気付いた魔王がこちらを見ながら
魔王「どうした?」
と尋ねて来た。
エリカ「なんでもないわ」
と素っ気なく返しなにやら話している担任に目を向けた。
あの時、魔王が庇ってくれなかったらどうなっていただろうか。そう考えるとどうしても彼の手に目が向いてしまう。それは罪の意識からだろう。
そう考え、再び魔王の右手に目が向き
魔王「お前も教えて欲しいのか?」
と再びその視線に気づいた魔王が見当はずれなことを口走る。
エリカ「…」
それに無言の視線を向ける。
魔王「な、なんだよ?」
エリカ「ねぇ。魔族には痛みとかないの?」
魔王「は?」
突然のことに魔王は首を傾げた。
魔王「…あるぞ。、、魔族も人間もたいして違いはない」
後半は少し声が小さくかろうじて聞こえた程度だった。
エリカ「そう」
と短く言うと再び担任に目を戻した。担任は実力試験の話をしており、そんなものもあったなと思いつつ、だんだんと夏に近づき、暑くなっている外に目を向けた。
それからくだらない授業を受け、授業が全て終わると、エリカは一人教室を黙って出て行った。そのまま階段を下りて、地下に向かった。それから一つの部屋に入った。
何もない大きな白い空間で、その白い空間の中央まで歩みを進める。
手を前に出して、目をつぶる。魔力で剣の形を作るイメージを固める。すると何もない空間からから剣が出現した。それを手に持つ。しかし、そこで突如強い目眩に襲われる。
エリカ「ゔぅ」
と情けない声が漏れ、その場でひざをついてしまう。
すると、剣が突然消えた。
エリカ「はぁ、はぁ」
まだ動いてすらないのに聖剣を握るだけでこのざまだ。
悔しい。それ以外に言葉が見つからなかった。自分が勇者に選ばれ、ここまでやってきたのに、一度の敗北でここまで退化してしまった。
しばらくの間、エリカはその場で悔しそうにうずくまった。

その頃。
魔王「ベル帰るぞ」
そう魔王が言うと、今まで寝ていたベルと呼ばれた少女がムクッと起き上がった。
ベル「ほぇ?朝?マオーだっこ」
と完全に寝ぼけている魔王軍の最高戦力を見つめる。
魔王「くらえ」
と言い、デコピンをおデコに食らわせると
べる「!?マオー。痛い」
とおデコをさすりながら金髪の美しい少女は目を覚ました。
そこでガラッと教室の扉が開いた。
「見つけたぞ!」
それに声の主を見ると、そこには魔王が吹っ飛ばした2組の生徒がいた。
「おい。お前!外に出ろ」
まぁ。帰るには外に出ないと行けないし、断ったら面倒くさそうだ、と思い渋々ベルと二人で外に出た。


「チートなはぐれ魔王の規格外な学園生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 金田拓也

    指摘ありがとうございます。

    0
  • ノベルバユーザー232154

    訪ねて来た

    尋ねて来た

    0
コメントを書く