魔法とロボットの在る世界

風見 赤狼

一章【帰還】 #4地下訓練所

 地下に降りるための階段に、2人分の音が響く。

「兎陽、そのIBは1回でも使ったか?」

「いや、使ってない。これが初めてだ。」

「ふむ、分かった。」

 
 兎陽とグラステーナは、重々しい扉の前に着いた。

「ここだ。入るぞ。」

 金属同士の擦れる音が耳に響く。

「うう、この音は昔から慣れないな・・・。」

「まだまだそういう所は子供のままだな。」

「言い返したいが、言い返せない。」

「さ、取り敢えずお前のIBを出してみろ。」

「分かった。」

 兎陽は、IBのペンダントに魔力を流し込み、IBを具現化させた。

「ふむ。これは明らかに起動型だな。所々余剰装甲よじょうそうこうが外されている、ブースターは旧録時代のガリウス製のTypeFタイプファスト-67型だな。かなり希少な物だから酷使こくしし過ぎない方が良いな。」

「凄いな、見ただけでここまで分かるのか。」

「まあな、これでも昔は名を馳せるくらいだったからな。」

 グラステーナは、煉獄の大戦Purgatory・Warよりも前の戦争からずっと出ており、【戦場の死神】としてどの陣営からも恐れられていた。

「ただこの機体は見たことないな。レイヴン社でもクルサ社でもないな。」

「?どういう事だ?機体パーツを取り扱ってるのはレイヴンとクルサだけだろ?」

「ああ、そのはずだ。しかもあるべきはずの機体ナンバーもない。代わりに・・・炎と白い狼?のエンブレムがあるな。」

「機体ナンバーは外せないはずだぞ?」

「ああそうだ。そうなるとレイヴンでもクルサでもない別の企業が?・・・いや、無いはずだ。私が小耳に挟むことも無いのはおかしい。」

 グラステーナは、機体のつま先辺りにあるボタンを見つけた。

「なんだこれは?取り敢えず押してみるぞ。」

「ああ。分かった。」

 グラステーナがボタン押した途端に、そのボタンが格納されてホログラムが出てきた。



どうも。赤狼です。お詫びを、前回訓練(仮)とか言っておきながら全然触れてなかったです。申し訳ありません。さて、今回は兎陽とグラステーナが地下の訓練所に行き、IBのボタンを押したところです。個人的には早く戦闘させたい。というよりまだ魔法要素が無かったです。もう少ししたら出てくるはずなのでそれまでお待ちください。というわけで次回『兎陽の祖先(仮)』デュ〇ルスタンバイ!

「魔法とロボットの在る世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く