魔法とロボットの在る世界

風見 赤狼

一章【帰還】 #1故郷へ

 そんなこんなで月日が経ち、学園の修復は終わったが、兎陽と亜莉亜との亀裂は戻らないままだった。

「マスター。」

「ん?どうしたんだメル。」

「言わなくて良いのですか?『焔の戦姫ヴァル・レーヴァ』がマスターだということを。」

「いや、今は言いたくない。いずれ話すべき時が来ると思う。俺はその時まで待つつもりでいる。」

「そうですか、分かりました。マスターがそう思うなら私もそうします。」

 亜莉亜は焔の戦姫に憧れてる為、メルが喋ってしまって、その憧れを壊すわけにはいかないから、喋ってもらわない方が自分にも亜莉亜のためでもあるはずだ。

 少なくとも、俺はそう思う。

「おい、トハル。」

「どうしたんですか?スターシャ先生。」

 スターシャ先生が、手紙を持ったまま話しかけてきた。

「これお前に向けて届いたんだ。安心しろ、中身は見てない。」

「別に見られてもいいですけど。まあ、ありがとうございます。」

 そう言い、兎陽は寮の自室に戻った。

「これ誰から来たんかなっと・・・てあの人かよ。」

 差出人は【グラステーナ】と書いてあった。

 彼女は、兎陽の師匠であり、家を追われた身の兎陽の親のような人だった。

『兎陽へ 今こっちは【禁忌の魔獣】の封印が解けかけている。誰が解こうとしてるのは分からないが、少なくとも危険ではある、私が行きたいところだが、祠までかなり遠い。だから戻ってくるついでに再封印してくれないか?手順は簡単だからお前でもできるはずだ。 グラステーナ』

「あっちなんかあったみたいだな。」

「だなー。」

「ギルス、お前除き見んなよ。」

「いいだろ別に、死ぬわけじゃないし。」

「で、お前行くのか?」

「まあ、近いし俺が行った方がいいんだろうな。」

「そういやお前の故郷ってどれ位なん?」

「大体1500キナくらいかな。」

「割と遠いじゃん。」

「そうか?」

  短いと思うんだけどな。

「よし!心配だからお前の親友である俺も行ってやる。」

「いやいらん。」

「ヒドイ!!」

「だから付いてくんなよ。」

「りょーかい。」

  なんか素直だな。明日槍でも降るのか?

 こうして兎陽は故郷に帰ることになった。



はい。いつも通りの赤狼です。夏が来てすっごいぐったりしててめちゃくちゃ辛いです。ハイそこ!運動不足とか言わない!間違ってないけど!ということで、今回も短めとなりました。申し訳ないです。まぁ次回から本気だすので許してください。あと、キナは普通にキロメートルと同じような感じです。次回はまだあまり考えてないので遅くなります。次回『賊(仮)』です。

「魔法とロボットの在る世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く