血染めの館

天邪鬼

第8話 悪夢

私とりんごちゃんは、りこ先輩を探しに行った。りこ先輩が入っていった、扉の奥へと。
「うう、静かなのが逆に怖いよぉ」
「だ、大丈夫です。わ、わた、私がついてます」
「にもほど頼りないのはいないよ…」
………ショックだ。

結局どの扉に手をかけても開かなかった。そして、突き当たりの扉。
「こ、ここに、いますよね?りこ先輩…」
のぶに手をかける。扉は案外軽かった。
中は真っ暗だ。
「せんぱーい、どこですかぁ?」
りんごちゃんが奥を照らす。
「ひっ…うそ…」
私には何も見えないけど、間違いなくりんごちゃんは怯えている。
「せ、先輩?大丈夫です…」
言葉が出なかった。りこ先輩は倒れていた。身体中がえげつない角度に曲がり、真っ赤な液体かそこらじゅうに散らばっていた。
「うぐっ」
りんごちゃんが口を抑えるも、胃の中のものは出てしまった。
「り、りこ、りこ先輩…なんで…」
「にも!帰ろう!私たちだけで帰ろう!きっともうかなめさんもこうなっちゃってるよ!あたし死にたくない!帰る!!」
「りんごちゃん…」
私がりんごちゃんに触れようとすると
「ああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁ!」
叫びながらエントランスの方へと走っていってしまった。
「うぅ、に、にも…」
「っ!」
りこ先輩は生きていた。もう虫の息だか。
「せ、先輩!な、な、なにが…」
「に…げろ…ここ、に…いちゃ…こ……ろ…」
りこ先輩は何も言わなくなってしまった。髪は血液によってより赤黒く染まっている。
私は、手だけ合わせてりんごちゃんのあとを追うように走り去って行った。
「に…逃げなきゃ…この屋敷から…出なくちゃ!」
ただそれだけを考えていた。
そして、あることを忘れてしまっていたのだ。

「血染めの館」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く