血染めの館

天邪鬼

りこ編 第1話

 確かに見た。あれは兄貴だった。一昨日行方不明になった兄貴だ。お願いだ兄貴、置いていかないでくれ。



 あの時、私も言い出すべきだった。にもの弟が行方不明になったって言った時。私のケータイにも「ユルサナイ」と何度も書かれたメールが届いた。でも、にも達とは少し違った。メールの一番したの行に「りこたすけて」と、書いてあったのだ。兄貴は今、私を必要としている。私に助けを求めているんだ。助けに行かないと。
 でも、この血染めの館に来ても手がかりが見つからない。ここにいないのか?そう思った時、鍵のかかっていたはずの部屋から誰かが顔を出したんだ。間違いなく兄貴だった。だが、違うかもしれない。大事な後輩達を危険な目に晒すわけには行かない。今は待っていてくれ。
部屋のノブを回す。鍵はやはりかかっていなかった。中に入ると、いままで以上にすごいホコリの量だった。
「ぐっ、ゴホッ」
思わずむせてしまった。その音が奥までこだましている。自分の声とは言えど、なんとなく不気味だった。
「兄貴?いるのか?」
なんとなく小声で声をかけてみる。返事はなかった。
改めて中を凝視する。目が慣れてくると、どうやら長い廊下だということがわかった。の割には扉が少ない。
「ひと部屋が広いのか…?」
とりあえず、最初の扉に手をかける。鍵はかかっていなかったが、瓦礫で道を塞がれていた。おまけに…なんだこの匂いは。
「死臭か?さすがに人ではないと思いたいが…猫かなにかだろうな。」
その時、廊下の突き当りから物音が聴こえた。黙っていて集中していないと聞こえないような小さな音だった。
「兄貴?」
返事はなかった。でも、小さな小さな音だったけど、確かに聞こえたんだ。
私は走って突き当りに来た。目の前にはほかの扉よりも小さめの扉がある。
「子供部屋か?」
手をかけると、鍵はかかっていなかった。思い切って部屋に入る。
「うおっ?!」
驚いた。今までとは確実に雰囲気が違っていた。まるで、この部屋だけ50年前のまま時が止まっているような。
「ねえ、おねえちゃん」
「?!」
突如後から声を掛けられた。振り返るとそこに居たのは。
「な…なんで…」

「血染めの館」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く