血染めの館

天邪鬼

第4話 後悔

 1階の右側の扉を調べる。ノブに手をかけるが開かなかった。鍵穴から中を覗くも、暗くて何も見えない。反対側の扉も同じく開かない。こちらには鍵穴は見つからなかった。
 続いて2階の左側の扉のノブに手をかける。鍵はかかっていなかったが、向こうに針金が何重にも巻かれていた。最後の扉には板が打ち付けられていた。だがそれはありえなかった。りんごちゃんが目撃した人影は、この階のこの扉の向こうの窓だったから。
「ありえねえだろ、ここがこうなってるのは。おいリンゴ、本当に人が見えたのか?」
かなめさんが青い瞳をギロっとりんごちゃんに向ける。
「う、動いて見えたんです!何かが!!」
「だったらなんでこんな板が打ち付けられてんだよ!」
「あたしが知るわけないでしょ!!」
りんごちゃんの目に涙が浮かんでいた。
「あ、あの、かなめさん。もうやめた方が…」
私が止めに入ろうとした時、莉子さんが声を上げた。
「おいやめろ、こんなことするためにここに来たんじゃないだろ。場をわきまえろ。」
沈黙が走った。そして全員が目的を思い出す。
「部長、どこの扉も開かなかったんです。今日のところはかえりましょう。」
淳くんが帰るように促す。けれど帰ることは出来ない。
「皆さん、多分・・・帰れないと思います。」
「え、どういうことだ?」
扉がしまっているから。なんてすぐに言えなかった。
「あ、え、あの、さっきより暗くないですか?」
遠回しに理解してもらうために。扉がしまったのならば月あかりが入ってこないはず。
「なるほどね。みんな、扉見てみろ。開けっ放しのはずの扉が閉まっている。」

「血染めの館」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く