血染めの館

天邪鬼

第3話 前触れ

 自転車を漕いで、家の前の急な坂道を下りて行った。角を二回回れば、血染めの館に着く。
「はぁ、はぁ、はぁ…」
そんなに遠くないのに息切れをしていた。まだ誰もきていない。目の前の血染めの館は、門を隔てて巨大な図体を構えてそびえ立っている。
不意にどっと背中に汗をかいているのを感じた。それが暑いからかいた汗なのか、恐怖からの冷や汗なのか検討もつかなかった。
しばらくして、莉子さん、かなめさん、淳くん、りんごちゃんが到着した。
「早かったな、にも。さあ、行こうか」
慣れた手つきで、莉子さんが門の扉を開ける。
ぎぃぃという軋むような嫌な音を立てて、血染めの館の全貌が明らかになった。
「開いたか。中はどうなってる?」
「…不気味だね。」
それまでにない、異様なまでに静かな雰囲気が館全体を包み込んでいた。まるで、異世界の狭間のような。
「せ、先輩!あそこ!!」
りんごちゃんが叫んだ。しかし、視線の先には何もない。
「ど、どうしたの?」
「ひ…ひとが…いた。」
こんな時間にこんなところにいるのは私たち以外ありえない。なのにひとがいた?
「中に入れば確かめられるだろう。行こう。」
玄関の前に立ち、大きな扉のノブに手をかける。鍵はかかっていなかった。
「うっ。まじかよ、埃すげえ」
「ハックション!うぅ。」
凄まじい量の埃と蜘蛛の巣に覆われた広い部屋だ。ここはエントランスホールのようだ。向こう側を月明かりが照らすと、二つの二階へつながる階段と四つの扉がみえた。
「一つずつ部屋を探索しよう。鍵のかかった部屋はスルーする。全員離れるなよ。」
莉子さんを先頭に奥へと進んで行った。
でも、私は気づいた。現在進行形で起きている取り返しのつかないことに。

「血染めの館」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く