血染めの館

天邪鬼

第2話 友達

「あの…お願いがあってきました。」
「あ、梨乃さん。」
この人は山根 梨乃(やまね りの)さん。私と同じクラスの、唯一の友達と言える存在だ。
「ん?なんだ?そのおねがいとは。」
部長が尋ねると、少しためらってから声をあげた。
「…中で、話してもいいですか?」
梨乃さんが椅子に座り、話を始める。
「実はこの子、1週間前からずっと行方不明になっているんです。」
そう言って差し出された写真には、梨乃さんと女の子がもう一人写っていた。
「彩虹(あやこ)って言うんですけど、最後に変なメールが送られて以来、返信がなくて…家を訪ねても、しばらく帰ってないから行方不明届を出したっていうから、帰ってないみたいなんです。」
「ほう、それで我々に捜査を依頼したいと。でもなんでオカ研部なんかに?」
部長がそういうと、私は思わず口を挟んだ。
「え、あの、その、も、もしかしていなくなる前に送られてきたメールって、これですか?」
そう言って私はケータイの画面を見せた。
「あ、そう!それです!」
メールの内容は『ユルサナイ』と何度も書いてあるものだった。
「にも、何でお前のケータイにそんなのが届いたんだ。一体送り主は誰なんだ?」
「…私の弟のカイトです。」
そう。私の弟もこのメールが送られてきてから姿を見ていない。すなわち行方不明だ。
「お前弟いたのかよ、てか、何ですぐ教えてくれなかったんだよ。」
かなめさんが、叱るかのような、心配するような目でこちらを見てきた。
「す、すみませんっ。」
「かなめ、落ち着け。取り敢えずこの彩虹さんの服装とか分かる範囲で教えてくれないかな。」
「はい…。」
どうやら彩虹さんは、梨乃さんと遊びに行った後、行方不明になったらしい。服装も、きっとその時と同じものだ。
「…来週から夏休みか。よし。夏休み初日の深夜0時、血染めの館前に集合だ。懐中電灯を忘れるなよ。」
「あ、ありがとうございます!この恩は必ずお返しします。」
深夜0時に、血染めの館の前に。カイト…そこにいるの?



夏休みが始まった。ある人は遊びに、ある人は家に閉じこもり、またある人は夜の準備をしていた。
「はぁ…」
私は大きなため息をついた。それが暑さのためなのか、行きたくないという気持ちからなのかはわからなかった。
…ちゃん、ねえ…ん
カイト?カイトなの?
…えちゃん…たす…け…て
「カイトっ!!」
思わず叫んだ。どうやらいつの間にか眠っていたようだ。
「11時20分か…」
父も母も仕事で何日か家を空けている。鍵をかけ、足早に家を遠ざけた。この先何が起こるかも知らずに。

「血染めの館」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く