血染めの館

天邪鬼

第1話「血染めの館」

 ねえねえ聞いた?あの館の噂。なんかユーレイでるらしいよ。

 6月の湿った空気が体を覆う暑い夏の日。私たちの耳にその噂は入ってきた。
ユーレイなんてただの思い込みだ。ついこのあいだまで私はこう思っていた。あんな事件が起こるまではー



 高校生になって初めての夏。もうすぐ夏休みが始まる時期に私たちオカルト研究部が集められた。
「最近この高校でとある噂が絶えない。その内容はわかってるよな。」
この人は部長の相模 莉子(さがみ りこ)さん。赤く長い髪が綺麗な17歳。
「ああ。血染めの館のユーレイの話だろ。」
この人は加藤 かなめ(かとう かなめ)。瞳が青味がかっている以外、特に特徴がない17歳の先輩。
「確か、主人の霊が現れるんでしたっけ?」
この子は雨 林檎(あめ りんご)ちゃん。ミサンガ作りが得意な15歳。ニックネームはりんごあめ。
「そう。そして今この学校で多々発生している生徒失踪事件も、その主人の呪いと言われている。」
「なぜそう言えるのでしょうか。何か関連性があるんですか?」
こいつは真面目少年の佐野 淳(さの あつし)。15歳。
「主人の霊が現れるという噂が流れたのと失踪事件が起きたのは丁度同じ時期だ。しかもその殺人事件は、今から丁度50年前に起きた事件なんだ。関係がないとは言い切れないだろう?」
 50年前、主人である浅野 隆(あさの たかし)さんと、その妻、美恵子(みえこ)さん。お子さんの尋(ひろ)くんと飼い犬のチロが凶悪殺人犯によって殺された事件。大量の血痕は見つかったものの、遺体はどこからも出てこない。しかも、犯人はいまだに捕まっていない。何度聞いても身震いがする。
「で…でも、私たちは何をすれば良いんですか?」
これが私、鏡 信(かがみ しん)。普段は「にも」とか「しん」って呼ばれる。(漢字2文字だから)
「50年前の事件と、この失踪事件の関連性を見つけ、対策を練る。」
刹那、沈黙の時が流れる。その静かさを裂くようにかなめさんが口を出した。
「俺賛成。この時期肝試しに丁度いいし。」
私は嫌だった。私は昔から幽霊とかお化けとかそういう類のものが嫌いだった。でも、怖いわけじゃない。ただの思い込みが、人の心理を傷つけるものになるのだから。
「あ、あの…その…」
声を出そうとしたその時だった。
『コンコン』
部室の扉を叩く音がした。
「にも、出てくれ。」
先輩に逆らえるはずもなく、扉を開けた。

「血染めの館」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く