茶師のポーション~日常編

神無乃愛

妊婦のお茶と子供の珈琲 その七


 その顔を見た弟子が美味そう! と騒ぐため、マスターは一つだけ暴露する。そう、弟子の飲む薬草茶に入っているのである。
「……うげっ。あんなに美味そうなのに」
「当り前でしょう。あの方のは蒲公英単独、お前のは医師もお墨付きを出している特別ブレンドですよ」
「医師って……まさか」
「えぇ。お前が昔からよく逃げていた主治医ですよ」
「ここまでまずいの、ぜってぇ嫌がらせだぁぁぁ」
 あえて言わないが、その薬草煎餅を作っているのも主治医の親族だ。しっかりと弟子の治療包囲網が出来ているのである。
「お前が自分でしっかり出来るのなら何も言わないのですがね」
「俺、丈夫になったんだけど」
 アレルギーだけはどうしようもない。
「ここって症例に合わせてブレンドしてくださるんですか?」
「必ず、とは申し上げられません。主治医を相談の上、許可した場合に限りブレンドしております」
 妊婦としては気になるところなのかもしれない。入りにくいだろう、この会話に混ざってきた。
「あの産婦人科だと?」
「多少は融通がききます。ただ、万能ではありませんよ」
 薬が飲めない場合の軽減策として、あの病院は用いている。そのため、マスターが扱う薬草、もしくはハーブと呼ばれるものは、多岐にわたる。
「ただ、治癒ではなく症状軽減が見られる、程度に考えていただければ」
「ありがとうございます。そう言っていただけた方が嬉しいです。時々広告で『治った』とか書いてありますが……」
「個人差、でしょうねぇ。改善策として使用する場合は、薬との飲み合わせもあるので、医師や薬剤師との話し合いも必要なのですよ」
 ここまで知識を入れたのは、弟子の存在が大きいのだが。敢えて言わないでおこうとマスターは思った。
「そこまでするお茶屋さん、初めて見ました」
「個人経営と探求者稼業の強みですね」
「この店知れてよかったぁぁぁ!」
 薬膳としてのお茶を希望する場合は、医師・薬剤師と相談することを忘れずに。

 それを再度伝えれば、女性は笑いのツボに入ったようだった。

「ちなみに師匠、一つ聞いていい?」
「何でしょうか」
「薬と薬草茶ってどっちが効いてるの? 俺の場合」
「それ以前の問題で、お前は薬をほとんど服用していないでしょう」
 ぎくりと弟子の肩がはねた。分からないとでも思っていたのか。
「薬を服用していたのなら、もう少し美味しい薬草茶に変更できるんですけどね」
 間違いなく服用を忘れるし、主治医の元に行く回数も少ないはずである。
「……努力します」
 無理なのは、今までの経験則で知っている。

 弟子が固定パーティを組むようになって、ある程度定期的に飲むようになったのだから。

「また、蒲公英珈琲よろしくお願いしまーーっす」
「またのご来店をお待ちしております」

 普段は閑古鳥もいいところなのだが、今日は何故か忙しい。

 あの小さな少女が客を運んできてくれたのかもしれない。

 マスターはくすりと微笑んだ。

「茶師のポーション~日常編」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く