茶師のポーション~日常編

神無乃愛

妊婦のお茶と子供の珈琲 その一


 ここはお茶専門店「茶店」。国際ランクの探求者であるマスターの経営する、小さな店。

 ここには日本各地と言わず、世界から茶を求めてやってくる人たちがいる。そんな人たちの話を聞いたりしながらその人にあったお茶を出していく。

 そして今日も、風変わりな客と常連客がやって来るのだ。




「おや、さく君いらっしゃいませ」
 本日一番に訪れたのは、マスターから見て継子、、にあたる男だった。年のほどは、マスターとほとんど変わりがないように見える。

 それもそのはず。マスターとその妻は二十以上離れており、マスターと結婚した時、朔の歳はマスターの三つ下だった。
「旦那様と奥様用にね、いつものお茶を三種類ほど。それから、客用に一種」
「かしこまりました。配分はいかほど?」
「変わらず、かな。あ、一つだけ少し量を増やして。坊ちゃまがお帰りになるから」
「かしこまりました。二種が二十五グラム、お客様用ともう一種を五十グラムずつでよろしいですか?」
「……それだけで悟るのは、マスターくらいだよ」
「お褒めいただき、光栄でございます。それから、坊ちゃま、、、、がいらっしゃるということは……」
「間違いなく、若奥様と一緒にここに来るね」
「準備しておきましょう」
 朔の職業は「使用人頭」。今時分の言葉で言うなら「執事長」にあたる。今でも朔が使用人頭という言葉を使い続けるのにもわけはあるのだが。

「お時間は?」
「今日は久しぶりの休みだからね。ゆっくりしていっていいかな」
「構いませんよ。弟子が来ても揶揄わないように」
 そう言って、マスターは朔が好むティソーダを目の前に置いた。
「あはは、ありがと。それから、善処するよ。彼、揶揄うと楽しいんだもの」
 仕事先ではきちっとした言葉遣いを心がける朔だが、マスターや弟子の前ではかなり砕けている。
「……妻に懐いておりましたからねぇ」
「まぁ……ね。私たちが子供を母に見せなかったから、母にとって孫みたいなものだっただろうしね」
 朔が小さいときに離婚したという、マスターの亡き妻は、竹を割っているほうが可愛らしい性格をしていた。いい意味でも悪い意味でも豪快で、それでいて繊細な人だった。
「私もさぁ、本当のこと言うと母についていきたかったんだよねぇぇぇ」
すいちゃんと同じことを言わないように。それからいつまでもうじうじと言っていますと、妻が夢枕で説教しますよ」
 翠とは朔の妹で、マスターの十歳下の女性だ。こちらは菓子職人パティシエールになっており、毎年紅茶の日にジャムを仕入れている。
「いいねぇ、それ。夢枕で説教されてもいいから、もう一度母に会いたいな。……もうすぐ私も母の歳を超すし」
「そんなことを言っていると、絶対来ませんね」
「あり得る――。さすがマスター、母のことを熟知しているよ」
「朔君たちにそう言ってもらえると嬉しいですねぇ。あ、昨日翠ちゃんが来てくれたので、スコーンとジャム、それから簡単に摘まめる菓子があるのですが」
 その言葉に、朔が食らいついた。すぐさま吽形を呼び、時間をとめていた菓子とスコーンを出していく。
「あいつ、また腕上げたな」
 品評をしながら食べていく朔に、今度はポットごとダージリンティを出した。こうやって、茶店ここを通じて繋がっている兄妹なのだから。
「今回の翠メニューにはダージリン、と。奥様が喜びそうだからあとで寄っていこう」
 それを聞きつつ、マスターはにこりと笑った。


 そんな最中、からんからんとベルが鳴った。

「いらっしゃいませ」
 マスターは新規客へ笑顔を向けた。

「茶師のポーション~日常編」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く