勇者になるのは久しぶりです〜二度目の異世界、今度こそ私は〜

伊佐羅サズク

二話 協力者(2)

 青年は古びた建造物から姿を現した。

 黒のローブを着用して、山の中を歩いて進む。

 鬱蒼とした茂みの中、枝を手で押し退け、草をかき分けて進んで行く。

 ふと、風が吹いた。"ボワッ"とこの木々の隙間を縫って風が駆けた。

 木の葉が舞う。枯れ枝が舞う。草が踊る。

 そして、風は止む。木の葉を、草を、枯れ枝を揺らし、音を弾ませていた風が止む。それと同時に、空間に静寂が響き渡った。

 が、その静寂はものの容易く打ち破られた。

 前方、草が一層丈を伸ばしているエリア。そこに何かを感じる。

 青年の目にはそう写る。

 青年の耳はそう捉える。

 常人を遥かに超越する、その目と耳と、体全体。

 誰もが欲しがる、絶対的な才能。

 魔力を視認し、耳で索敵し、その身体能力は魔法で強化されたそれと同等以上。

 そんな、チートじみている桁外れな、体。

 しかしそれは呪いだ。呪縛だ。

 才能とはあくまで先天的なものだ。

 だが、彼は違う。植えつけられたもの。後天的なものなのだ。

 内臓を抉り出された。筋肉に、骨に、魔法刻印を刻まれた。目に刻まれた。

 そうして作られた戦闘人形。それが彼なのだ。

 予想通り、その茂みから黒い姿見が出現した。その姿はまさしく猛獣。だが、通常の獣と違いがあるとすれば、魔法を使い、自分の身体能力を底上げしているところだろうか。



「グアアァァァァァァアアアアアッ!」

 四足歩行の魔獣は吠えながら、空中に飛び上がり彼に迫っていった。その強靭な牙を持って噛みちぎろうと彼に攻め入った。

 だが、彼は冷静。そして、その表情は悲哀に満ちている。

「うっ!」

 青年はサイドステップでその攻撃を避ける。魔獣の着地であたりには砂塵が舞い上がった。間髪入れずその魔獣は彼に飛びかかる。

 その二つの影は幾重にも交差する。

 一方的に攻撃を繰り返されている青年は、しかし反撃の素振りを見せない。

「うっ!」

 だが、それが油断を作った。エッジがかかった鋭敏な爪が青年の体に迫っていたのだ。

 それを青年は受ける。その爪は浅く、背を切り裂き、少量の血をまき散らした。

「まだ、だ」

 青年は呟く。

「まだ、終わってない。死ぬわけにはいかない」

 死ぬのは全く怖くない。だが、まだ死ぬことができない。

 なぜなら、次こそは間違えないようにするため。

 少年少女を救い出すため。

 まだ、終われない。

 青年は、意を決する。

「ごめん………サティア」

 消え入りそうな声で、誰かの名前をつぶやいた。だが、その声は届かぬ声で。

「闇よ、喰らいつけ」

 右拳に宿った漆黒のオーラをその魔獣へ向けて、振り抜いた。

「ギャァァァアァァアアアアアアァァァァァァ!」

 魔獣の体は欠損していた。ちょうどその拳が振り抜かれた箇所が。

「いつまでも……いじけてられない」

 ひとりでに青年は呟く。

「絶対に次こそは」

 もう、容赦はできない。魔獣に対しても、人間に対しても。

 邪魔するものは殺すしかない。

 その考えを必死に脳裏に埋め込む。もう殺したくない。なにも誰も殺したくない。そう嘆いている心の上に被せるように。

 もう、やるしかない…………んだ。

 今、史上最強の勇者が再誕した。

「勇者になるのは久しぶりです〜二度目の異世界、今度こそ私は〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く