二度目の異世界、彼はどう生きる

オーク

ゴブリンの巣を壊滅させてから1週間がたった
そろそろBランクに上がれる所まで来たのであれから毎日クエストを受けている

「どっちにしようかな」

今、クエストボードを見て悩んでいる
報酬はすこし少ないオーク討伐か報酬は多いが倒すのが難しいミノタウロス討伐かどちらにしようか迷っているとおっちゃんがミノタウロス討伐の用紙を持って受付に行った、なので余ったオーク討伐の用紙を取ろうとすると俺より先に若いイケメンのお兄さんがオーク討伐の用紙を持って受付に行った、しかも美少女3人と共に
俺はやる気が無くなったので薬草取りのクエスト用紙を持って受付に行った

「珍しいですね、薬草取りなんて」

「そうか?」

今話しているのは受付嬢の一人のリーアだ、ここ1週間ずっとリーアの受付でクエストを受けていたらすこし会話する程度になっていた

「だって、いつも討伐系だったでしょう?」

「確かに」

「何かあったの?」

「あれ」

そう言ってもイケメン君のパーティーを指差す

「ユーマ君、彼女とか居なかったの?」

「居ませんでしたね、んじゃ薬草取り行ってくるわ」

「あ、グローリア大森林で最近オークがよく見かけられますので注意してくださいね」

「りょーかい」

そう言ってグローリア大森林へ向かった













「終わったー」

ようやく薬草を指定されている数取り無限収納インフィニティストレージに入れる
そして一息つく





彼が腕を振るとゴブリンの首は胴体と離れた
仲間のゴブリンが死んだことを他のゴブリンは怒り二方向から飛びかかってくる

「移動ステップ」

移動ステップで二歩分後ろに下がる
するとゴブリンの二体は空中でぶつかり合い地面に落ちる
倒れてるうちに一体のゴブリンの喉元に剣を刺す、ゴブリンは絶命した
もう一体は起き上がり棍棒を振り下ろす

「移動ステップ、移動ステップ」

一回目の移動ステップで棍棒を交わすために二歩分後ろに下がる、そして二回目の移動ステップでゴブリンに近づき頭に剣を刺す
ゴブリンは棍棒を振り下ろした後なので交わせず頭を剣でぶち抜かれ絶命した

「この、剣もう刃こぼれしてるなここまでか」

俺はそう言うとその剣を倒したゴブリンに突き刺しそのまま森の奥地へと向かう










森の奥を歩いてると突然爆発音が聞こえた
どこからの音かと確かめるために片手を地面に当て魔力を流し索敵・改を使うとオーク1体と冒険者4人が対峙しているのが確認出来た、冒険者は4人だが戦えるのは2人だけのようでヤバそうだったので急いで向かった




冒険者とオークが戦っている場所に着くと近くの茂みに隠れて様子を見てみる
冒険者のパーティーはギルドでオーク討伐を受けていたイケメンと美少女3人のパーティーだった
しかしイケメンは脇腹から血を出して倒れておりそれを魔道士の女性が応急手当をしている、魔道士の方も魔法を使って回復させてないと言うことはMP《魔力》切れと言うことだろう
残っているのは前衛の女性と、後衛の女性だが後衛が使ってる弓の矢がもうすぐ切れるだろう
前衛の女性は動きが速いがかなり疲れているのが見ていてわかる



10分ぐらい立つと後衛の矢が切れた、そして前衛の女性の動きがいきなり倒れた、恐らく身体強化をずっと使っていたからMP《魔力》切れを起こしたのだろう
こうなると絶体絶命だ、オークは動きが遅くなったのを確認すると下品な笑みを浮かべた
そして女性に近寄っていく
俺は一歩後ろに下がろうとしとら枝を踏んだ

「しまった」

オークは直ぐに手に持っている棍棒をこちらに投げてきた

「移動ステップ」

ギリギリのところで交わす

「武器製造・・・海王の弓」

そう言うと右手に濃い青と薄い青の二色で飾られた弓が出現すると同時に背中に矢筒が出現する

力強く地面を蹴りオークの方へ走る

走りながらオークに向けて矢を放つ

「空中移動エアステップ」

空気を蹴ってオークの上へ回り込み矢を撃ち込む

「空中移動エアステップ」

オークが上を見た瞬間に空気を蹴りオークの足下に移動する

「貫け、晴天」

魔力を矢に入れ、最高の一撃を放つ
オークは俺が上にいないことを確認し下を向いた瞬間に俺の矢に頭を貫かれ後方に倒れ絶命した

その後冒険者4人の応急手当をその場でしてギルドに帰った

「二度目の異世界、彼はどう生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く