二度目の異世界、彼はどう生きる

冒険者

「10いや20体ほどいるかな?」 

俺は今高い木の上からゴブリンの巣を見ている

何故こんなとこにいるのかは今日の朝になる











城をで追い出された俺はそのまま冒険者ギルドに向かった
立派な建物だなぁと思いつつ扉を開けて入ると様々な人がいた、酒を飲んでる人、受付に並んでる人、おそらくパーティーを組んでるメンバーと雑談する人など・・・

受付に並んで冒険者登録を済ました
冒険者はE~SSに分かれておりSSランクになるとこの世界に2,3人ほどしか居ないらしい

登録したときに昇格試験を受けることにした

昇格試験とは試験監督と1vs1をして最大Cランクまで上がれる、俺は見事昇格できCランクとなった
Cランク以降の昇格試験を、受けたい場合は受ける試験より1つ上のランクの人から推薦を貰わなければいけないらしい。
普通にクエストをこなしてても上がれるので早く上がりたければ上のランクの人と関わりを持つべきだろう

Cランクに上がれたのでゴブリンの巣殲滅のクエストを受けた





  






そして今に至る
大体の巣の構図が分かったので地面に片手をつけ『索敵・改』を、つかう

この『索敵・改』は地面に一定の魔力を送り一定範囲のモンスターや障害物などを探知する、そして探知されたモンスターは一定時間赤く光る
この赤く光ったモンスターはスキルを使ったと人しか見れないようだ

まずは巣の入り口にいる二体のゴブリンにスキルの武器製造を使って作った弓で二体とも撃ち抜く
次は弓を片付けて剣を製造する
片手剣を持ち、巣の入り口を通る、そして目に入るゴブリンを的確に一撃で倒していった

「これで、終わりだな」

そう思っていると赤いゴブリンが5体程出てきた

こいつらはおそらくクエストを受けるときに言われたゴブリン亜種だろう、知能も高いと聞いている

「亜種だろうが、所詮ゴブリンなんだよ」

模擬戦の時と同じように地面を力強く蹴り距離を詰め一体の頭を貫く 
仲間がやられたのに少し遅れて気づいたゴブリン亜種はこちらに向かって左右正面から来る
まずは正面のゴブリン亜種を倒す
ゴブリンが振り下ろした棍棒を体をひねりかわして下から斜め上に斬り上げる、するとゴブリンは胴体が2つに分かれ赤い血が飛び出る
次に左から来たゴブリンには槍を生成しリーチを生かし突き刺し抜いて右から来たゴブリンに対して投げる
投げた槍は見事ゴブリンの頭部を貫いた
残り一体のゴブリンをオリジナル魔法『ステップ』を使いゴブリンを後ろに移動して胴体を後ろから貫いた

戦いが終わった後の周りは悲惨だった
あちこちにゴブリンの死体が転がっており辺り一面が血の海になっていた
ゴブリンの家?みたいなのを何件か捜索してると鎧を着けた女性が室内に気を失ってたおれていた
最初は担いでいくのがめんどくさいので放置しようとしたが、やめた
軽くゴブリンの素材を回収して女性を担いで街に戻った

ギルドに入ってクエスト完了報告と素材を引き渡してお金を貰うとギルドの人にゴブリンの巣から担いきた女性に、心当たり無いかと聞くと少ししてから王国騎士団が来て彼女を馬車に入れてどこかに行った

「それより、凄いですねゴブリンの巣を一人で攻略なさるとは」 

「そういう物なのか?」

「はい、そうですね基本的にユーマ様のようなCランクは3人以上のパーティーで組んでいますね」

「そうだったのか、ありがとう」

「いえいえ、これくらいなら構いませんよ」


今日はもう、ギルドに用はないので適当に宿を取って寝た


「二度目の異世界、彼はどう生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く