二度目の異世界、彼はどう生きる

始まり

目の前には魔王と呼ばれてる強大な敵が居る
しかし、ここで引き返してはここに来た意味が無い
意を決して魔王に剣を片手に走り出す、そしてジャンプして斬り掛かる


そこで目が覚める

「懐かしい、夢だ」

これは今から約1年半前異世界に勇者として召喚されたときの記憶だ、その時に取得したスキルはこっちの世界では使えないみたいだった、そろそろ家を出ないと学校に遅刻するので制服に着替えて1階に降りる、そして自分でおにぎりを用意して家を出る
両親は海外に出張中だ、アフガニスタンとサウジアラビアだったか?なんで中東行くのかは知らないけど時々AK-47の写真などが送られてくる、怖いね

「いってきます」

誰も居ない家に言う、最初は抵抗有ったが今は無い

いつものように学校に行くが俺は学校が嫌いだ、クラスではピラミッドが存在する、逆の
下に行けば行くほど、つまり先の尖ってる方へ行くほどクラスでの地位は低い、俺は下から二番目か三番目辺りだろう、理由としては人付き合いが悪いそれと、友達が居ないからだろうな

クラスについて着席しHRが始まるかと思えば床が光った













目を開けると真っ暗な空間にいた

見覚え有るわーと思いつつその場で待つ
少し待つと真っ白な服を着たおじいちゃんが、表れた

「お前には異世界に・・・」

「知ってる」

「そ、そうか」

「どうせ、魔王かなんかが復活したんじゃないのか?」

「その通りじゃ、それでお主らには魔王を倒して貰う」

「お主ら?」

「お主も含めたクラスメイトじゃ」

「うわー、やだわー」

「頑張るのじゃな」

「わかったよ、はよ向こうに送ってくれ」

「スキルは・・・有るようじゃな、では行くのじゃ」
















「ん…」

少し頭痛がするが目を開けつつ立ち上がるとなんかクラスメイト達が全員立っていて話を聞いていた
最後の方しか聞けなかったがおそらく今からステータスの確認だろう
皆が列に並び鑑定を受ける、喜びの声や悔しがる声も聞こえる中俺の番が来た

「では、鑑定を行います」

フードを被った魔術師?見たいならひとが水晶玉を見ながら紙に書き写す







_____________________________


ユーマ・キリサメ

Lv ーーーー
HP ーーーー
AT ーーーー
MP ーーーー

スキル (オリジナル魔法)
    (武器製造)
    索敵・改
    ※()の中は本人しか見えてません
_____________________________




辺りには気まずい雰囲気が流れた
その後、クラスメイト達はA~D級に分けられた、おれは無論D級だ
このクラスは30人でA級6人 B級12人 C級11人 D級1人となった






今は訓練場にいる、ここで武器の適性を決めるらしい
剣、槍、斧、杖、弓この5つから選べとのこと、おれは無論剣を選んだ、剣でも片手剣、長剣、両手剣、短剣などが有る。おれは片手剣を選んだ。

さて、俺の番だ担当官の人に礼をしてから一歩下がり突っ込む担当官までの距離の間に逆手に片手剣を持ち横から一振り、それこら持ち替えてもう一度横に振った手を戻すように一振り
しかし、担当官の人には止められた、正確には弾かれた
そのせいか周りからは見下され笑われた

この世界に来て分かったのはスキルなどは健在、それと今有るスキルはMPを消費しないことそれと、剣などの技術は落ちていた、まぁ仕方ない

今日はこれくらいしか分からなかったが初日では上出来だと思う、武器の扱いは技術がある程度戻るまでここに居させて貰おうかな

こんな感じで、一日は終わった

「二度目の異世界、彼はどう生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く