勇者が救世主って誰が決めた

えう

49_私とお酒と二日酔い

 遠く微かに、だが断続的に響く物音を、鋭敏な聴覚が捉える。
 安らかに上下する暖かな感触を素肌で感じ、身体が覚醒しはじめる。

 ゆっくりと瞼を開ける。窓の外はまだ薄暗いらしく…部屋に差し込む陽の光はまだ控えめで、目が眩むことは無い。


 「…………朝、か」

 密着している暖かな身体……シアを起こさないように慎重に抜け出し、軽く伸びをする。僅かに痛む頭に顔をしかめ、手拭タオルを手に取り部屋を出る。

 どうやらこの階で起きているのは…まだ自分だけのようだ。
 憚らず大あくびを漏らしながら廊下を横切り洗面台へと赴き、手拭を濡らして顔を拭く。


 「あー…………頭痛ぇ」

 目は覚めたものの、脳の芯を刺すような鈍い痛みは相変わらず続いている。
 普段は酒など殆ど飲まないのだが……昨晩は少々羽目を外しすぎたようだ。

 反省とともに、昨晩のことを振り返る。



 ……………


 昨晩の夕食。一階へ降りて食事を摂った私たち。

 案の定……というか、ノートの注目のされ様は物凄かった。
 まあそれも当然だろう。ただでさえ超人気の彼女……文字通り天使のような美幼女が、可愛らしく着飾っているのだ。

 これまでは大人用の兵服や病衣など、とても相応しいとは言えない服しか着ていなかったノート。彼女自身の可愛らしさは……素材はこの上なく整っているだけに、着飾らないことを憂う声も少なく無かったのだ。


 そんな彼女が。
 幼いながらに整った顔立ちを羞恥に染め……可愛らしいスカートの裾を握りしめているのである。


 比較的見慣れている私でさえ、どうにかなってしまいそうな破壊力なのだ。彼女を目にした人々……宿の一階で食事を摂っていた周辺住民は、残らず骨抜きだった。
 そしてそんな周囲の彼らの視線を……食事中とはいえ一身に浴びるノート。


 「ノート……大丈夫か?」
 「そうだぞ。無理すんなよ?」
 「だい、じょうぶ。……おいしい」

 やはり周囲の視線が気になるのか、はたまた慣れない服装スカートのせいなのか……その表情は何処かぎこちない。
 それでも幸せそうに食事を摂る彼女の姿は……相変わらず愛らしかった。




 満足げに食事を食べ終え、やはりというか少々居心地悪そうなノート。
 その原因は恐らく周囲からの視線にあり、更にその原因の一端は彼女の服装にもあるのだろう。先程からしきりにスカートの裾を握り締めている。
 やはり慣れない服装は、精神的に疲れるのだろうか。

 「お嬢。先に部屋戻るか?」
 「……んい? ねりーは、へや、しない?」
 「私はまだ、な。…折角せっかく人がいっぱい居ることだし」
 「………んんん」

 部屋に戻るのを渋る彼女。そんなに私たちと離れたくないのだろうか。……だとしたら嬉しいことこの上ないのだが、彼女が精神的に疲れているのは一目瞭然だった。ただでさえ今日は引っ越しで疲れている筈なのだ。
 私は今後のこともあり、情報収集でもと思っていたところだが……出来ることなら彼女には休んでいてほしい。

 「そうだお嬢。シアの相手頼めるか?」
 「しあ? わたし?」
 「ああ。飯は勝手に食ってると思うが……寂しがってるかもしれない。遊んでやってくれると嬉しい。多分あの子も喜ぶ。……どうだ?」
 「……んい……わたった。……いいよ」
 「助かる。……はい鍵。ちゃんと閉めろよ?」
 「んい」


 シアと遊べることを喜んでくれたのか、ご機嫌な足取りで宿泊者エリアへと向かうノート。彼女を追う視線は、やはりというか大半が暖かい眼差しだった。


 ……ともあれ、これであの子も休めるだろう。
 気持ちを切り替え、私は勇者と向かい合った。


 「さて、ヴァル。今後の予定なんだが」
 「そうだな……魔王の所在、か」
 「……やっぱりアレは違ったのか」
 「ああ……そのようだ」


 そもそも、私たちがアイナリーを訪れた理由。それは何を隠そう、魔王の手がかりを求めてのことだった。
 魔王の討滅こそが、勇者の最終目標。アイナリーでの一連の出来事……特に最後の女王には驚かされたし、正直いきなりアタリを引いたかとも思った。


 ……だが、違った。

 ノート曰く、あれは魔王ではないらしい。
 そして驚いたことに……魔王は眠っているらしい。
 何故それを知っているのか。その問いは……どうやらはぐらかされてしまった。


 「お嬢に聞けば……何か解るのかね」
 「…………」
 沈黙する勇者。…やはり何か知っているようだ。

 私の居ないところで何があったのか。何を見たのか。……私はそれを知らないが、言わないということは恐らくそれ相応の理由があるのだろう。
 この場では関係ないことか。あるいは、彼自信も受け入れがたいことなのか。

 どちらにせよ、情報がないなら仕方が無い。改めて地道な作業を始めるまでだ。


 手始めに……この場にいる者から話を聞こうか。そう思い席を立とうとしたところで、テーブルに影が落ちた。

 「あの……すみません! 勇者様…ですよね?」
 「ああ。そうだが…?」

 ヴァルターが返すと、声の主……まだ年若い男は安心したように息を吐いた。
 言われてみれば、今のヴァルターは完全にラフな格好だ。外套も腰の剣も身に付けておらず、髪色も瞳の色も特徴的というわけではない。正直彼のような見た目の青年はそれなりにいる。
 アレ……もしかしてこいつ特徴なくね?

 「よく解ったな。コイツが勇者って」
 「お前が居るからだろネリー」
 「…………ああ、なるほど」

 なるほど。今の私はフードを被っておらず、髪色もこの耳も衆目に晒したままだ。勇者の見た目はまだしも、私の外見は特徴的だ。
 勇者の付人が女エルフだというのは、かなりの人が知っているのだろう。

 「それで、無個性勇者に何か用か? お兄さん」
 「お前……」
 「いえ、用というか………お礼が言いたくて」

 ……お礼?
 顔を傾げる私を他所に、勇者と若者は話し始めた。

 なんでも、彼を始め周囲の何人かは予備兵役に就く者達らしい。更に言うと先日のボーラ廃坑への遠征にも参加し、勇者と肩を並べて戦えることをそれは喜んでいたらしい。
 そして……作戦決行前にガチガチに緊張していた彼を、勇者が激励していたらしい。


 「あのとき勇者様のお言葉のお陰で、緊張が解れました。……そして怪我ひとつすることなく、こうして戻って来れました。………本当に、ありがとうございます!」
 「いや…そんな……大袈裟な……」

 没個性の勇者も、なかなかに粋なことをするようだ。見れば周囲の視線は、今や勇者に向かっている。
 その視線に含まれているものは……親しみの感情だろう。
 彼らは一様に、穏やかな目をしていた。
 中には勇者に向けて、実際に感謝の意を叫ぶ者までいる。


 「ヴァルターお前……良いとこ有んだな……」
 「お前は俺を何だと思っている!?」

 なるほど。こいつはこいつでよくやってくれているようだ。……しかしながら、これはなかなか使えそうだ。
 噛みつくヴァルターをとりあえず無視し、ここぞとばかりに声を張り上げる。


 「よっし! おっちゃん皆に酒出してくれ! 勇者が奢ってくれるってよ!!」
 「「「「「ウオオオオオ!!!」」」」」
 「は!? ネリーお前ちょ」
 「勇者様ー!」
 「「「「「勇者様ァー!!!」」」」」


 そこから先は、先日の凱旋を思い出すかのような大騒ぎだった。最初こそ渋っていた勇者も、途中からは諦めたのか私の作戦を察したのか……積極的に男性陣と絡み、呑んでいた。
 かくいう私も女性陣……はあまり居なかったので、途中からは勇者達に混じって大騒ぎしていた。


 「のーとおひっこしおめでとー!!!」
 「「「「「おめでとおおお!!!」」」」」
 「よっしゃまだ行くぞー!おっちゃん追加ー!」
 「「「「「イェーーーイ!!!」」」」」



 ……………


 ………………………



 夜も更け、酔っ払い達が帰路に着いた頃。
 私は勇者に背負われて、階段を上がっていった。

 「珍しいな。お前が酒飲むなんて」
 「んふふ……まぁな」

 私は普段あまり飲まないが……だが今夜くらいは良いだろう。
 私が知らなかった勇者の一面も知ることができたし、愛しいノートも新生活を始めた。そして勇者の顔と名前も売り込めた。
 ……だが、それでも少々飲み過ぎた感は否めない。

 「しょぉがねぇだろ。ここの酒がうまいのが悪い」
 「まぁ……それは同意だがな」
 「わるぃーなゆうしゃ。重くないか?」
 「気にするな。軽い軽い」

 そして三階の左手、手前から二番目……私の部屋に着くと、勇者が扉をノックする。
 そうして暫くの後扉が開き、我が愛し子二人が驚きの顔と共に迎えてくれた。


 そこからは……正直よく覚えていない。
 気がつけばシアと共に寝台で眠っており、部屋に戻ったのか……ヴァルターとノートの姿は無かった。

 随分と酒が回っていたこともあり、深く考えずに本格的に眠りに落ちたのだった。





 ……………


 そして目が覚めたのが、つい先ほど。


 一晩経っても酒気は完全に抜けず、それどころか体調にはっきりと影を落としていた。
 ぼんやりと窓の外を伺う。時間帯的にはまだまだ早朝。音を聴く限り……宿の従業員は支度を始めているようだが、人々が活動し始める時間帯にはまだ早い。
 それは…朝食に対しても言えることだった。


 「……………風呂でも……入るか」

 朝食まではまだ時間がある。そしてこの宿には、大きくはないものの浴室がある。主人にはいつでも自由に使っていいと了承を得ているので、折角なので使わせて貰おうと思う。

 ……そして、折角なので。

 「お嬢ー? 起きてるかー?」
 隣室……ノートの部屋の扉を、軽くノックする。部屋の中から、身じろぎするような気配を感じた。
 彼女の眠りを妨げてしまったのは申し訳なくもあったが……勝手だとは思いつつもノートに触れ……癒されたかった。
 あわよくば一緒に朝風呂と洒落込みたかった。

 「……んいい……どうぞ」

 扉越しの声に、思わず動きが止まる。
 しかしすぐに首を振り、考えを改める。
 彼女は寝ぼけているだけだ。医務室にいたときと同様の反応を返したに過ぎない。でなければ『どうぞ』なんて……まるで鍵は開いているのでお好きに入ってくださいなんて言う……よう……………な……


 ……………開いていた。




 ……正気か。幾らなんでも無警戒過ぎる。
 ここは見知った者だけではない、赤の他人も出入りする宿屋だ。そんな場所で若い女が部屋に鍵も掛けずに眠るなど、あってはならない。ノートは若いというよりも幼いが、年若いことに変わりはないし、何より容姿は申し分ない。世の中にはそういう趣味の男も少なくないと聞いている。

 ……無防備すぎる。

 この子は、危機管理が無さすぎる。


 寝起きに説教するのは心苦しくもあるが、こればかりは無視できるような問題ではない。扉を開き、彼女の部屋へと足を踏み入れ、身を起こして朝陽に照される彼女を視界が捉え………


 言葉を失った。



 「ねりー…………? おは、よう」

 もともと色が薄い…真っ白な彼女の肌と、髪。それは窓から差し込む陽の光で照らし出され……陽光のごとく煌めいていた。
 さらさらとした髪が肌の上を流れ落ち、それはとても神秘的な光景ではあったが……

 問題なのは、彼女が非常に薄着だったことだ。


 ネリーとて着込んでいるわけではない。今の服装はホットパンツとシャツ一枚と、非常にラフな格好である。下着の上に一枚纏っただけなので、充分に薄着と言えるだろう。


 だが、彼女は優々とその上を行った。



 彼女は、服を着ていなかった。


 寝起きの顔で……ぽやんとした顔でネリーを見やる、ノート。彼女が身に付けているのはたった一枚……白の清楚な紐下着のみ。
 ほっそりした脚も、ゆるやかにくびれた腰も、かわいらしいおへそも、そして慎ましやかな膨らみも、全てが丸出しであった。


 ……………無防備すぎた。



 この子は……危機管理が無さすぎた。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く