勇者が救世主って誰が決めた

えう

44_少女と遺産と億万長者

 現在この国で広く流通している貨幣制度。それは六種類の硬貨によって成り立っている。

 銅貨、銀貨、そして金貨。それぞれに大小の二種類が存在し、十枚ごとでひとつ上の貨幣と両替できる。

 最も価値が低く、多く流通しているのが、一ガル小銅貨。そこから十G大銅貨、百G小銀貨と繰り上がっていき……最も価値の高いものが、十万G大金貨である。
 その土地の物価に大きく左右されるものの、アイナリーでは大体大金貨一枚あれば、ひと月は遊んで暮らせるという。


 十万よりもずっと上……大金貨が百枚千枚単位での取引では、銀行直発行の小切手が用いられることもあるらしいが……これはあくまで例外だろう。
 とりあえず一般的に目にする機会のあるものは、先述の六種類だ。




 繰り返す。
 一般的に目にするのは、六種類の貨幣。



 そのなかに、白金貨は含まれていない。




 ……白金貨。

 金貨よりも更に高貴な、陽光のごとき煌めきを放つ、希少な貨幣である。
 鋳造の際に魔術刻印が組み込まれ、硬貨としては極めて高度な耐腐食性、そして他の貨幣とは比較にならない輝きをもった……現在では製造が不可能な、失われた技術の結晶。

 大昔の城跡や遺跡で時たま出土することがあるものの、大抵は経年劣化かまた別の要因か魔術刻印が傷付き、その輝きが失われているものが殆ど。
 魔術刻印に損傷のない、完全な輝きを保ったまま出土する『完全形』と呼ばれるものは、極めて希少。


 額面としては、金貨の上。
 小白金貨は百万。大白金貨に至っては、一枚で千万の値を示す。

 ……だが、
 これら白金貨がその価格で取引されることは、まず無い。


 現在では製造方法が失われていること。存在そのものが考古学的価値の高いものであること。
 百万、千万といった単位も、便宜上とりあえず付けた程度の意味でしかない。実際その規模の取引は、当然のように大金貨でもって行われている。

 また白金貨自体、国として白色と金色を重要視するリーベルタ王国においては殊更神聖視されており、


 ……非常に、非常に高い価値を持つ。



 欠けたもの一枚でも、数十年は遊んで暮らせるという……大白金貨。
 そこに刻まれた紋様は……遠い昔に失われた、原初の王国の紋章。


 プライマル大白金貨。欠損のない、完全形。
 それが……二十五枚。



 ……これは、使えない。間違っても、アイナリーの宿屋なんかでは使えない。
 次元が違いすぎる。あまりにも価値が高すぎる。然るべき機関へ持ち込み、無理矢理にでも換金するとすれば………

 一枚で、数億Gは下らないのではなかろうか。


 繰り返すが……
 それが…………二十五枚。




 …………………


 「………」
 「……………」
 「…………………」
 「………んい?」
 「……ぴぴ?」

 ギルセンセの説明を受けて、文字通り言葉を失った一同。
 他ならぬ私も、あまりにもの事態に頭の処理が追い付かない。


 「………街の外に城でも建てるか。ノート城。なんなら私そこでメイド長やるぞ」
 「………では私は警備長でも勤めようか」
 「教導係は…引き続き雇って頂けますか?」

 ははは、と乾いた笑いを無理矢理浮かべる三人と……完全にぽかんとしてしまっている、二人。


 「………どうしましょう、これ。…正直思い付きません」
 「全くだ。おおよそ普通に生きている限り無縁な代物だぞ」
 「話にしか聞いたことねぇよ……一枚数億って……」


 三人の視線が向かった先。
 城ひとつは買い取れる金額の持ち主である少女は……なにもわかっていないだろう表情で、可愛らしく小首をかしげていた。



 「白金貨は………数億は一旦置いておこう。やっぱここは私らが………いや、勇者に出させます」
 「父上。僭越ながら私も同意見です。外から入ってくる金は、巡り巡って都市を潤します。……失礼な物言いですが、王都から流れ込む金は多いに越したことはないかと」
 「む………たが……」
 「それに。今後お嬢の白金貨を換金するとき……勇者が見つけたことにすれば、まだ言い訳もし易いでしょう。……そのときに大金を持って来やすいように、勇者がこの街を懇意にしていた事実を作りたいんですよ」
 「滞在中世話になった街に恩を返す意味での寄付。……ということで?」
 「それです。一枚換金したとしても、数億なんて額…絶対どこかで足がつきます。なら多少強引でも言いくるめ、押しきれる理由を作っとくほうが良いかなと」
 「………確かに。その方が…長い目で見ればこの子の為か」
 「我々では……白金貨の両替など出来ませんから……」

 急な収入を得た勇者が、その収入を思わず譲りたくなるような……無理がありそうだが、そんな理由付け。
 そのために勇者には、アイナリーと良好な関係を築いて貰わねばならない。
 「勇者には金をバンバン使わせます。そうすれば街の人も悪くは思わないでしょう」
 「………確認するが、そこに勇者殿に対する私怨は含まれておるまいな?」
 「ははは」

 愛しいあの子に恥をかかせた罪は重い。



 「ではまあ、とりあえずはその方向で進めるとしましょう。……白金貨は、一旦置いておく方向で。我々の手には負えません」
 「じゃあ取り急ぎ、宿に戻って部屋確保してきます! あわよくば私の隣に」
 「………そのあたりは任せるよ」
 多少強引にことを進めたことは否定できないが、とりあえずは要望通りにことが進みそうだ。

 「お嬢待っててな! 宿屋押さえてくるから!」
 「やど、や? ねりー、いっしょ?」
 「そうだ! 楽しみか?」
 「んい、やうす! ……んへへ、いっしょ、うれしい」

 この笑顔のためなら死ねる。
 全力の身体強化でもって、詰所を文字通り飛び出した。



 その後東区まで最短距離で駆け抜け、宿屋へと到着した。
 幸いにも私の隣室は空いていた。主人にそこも長期契約したい旨を伝えると、大喜びしてくれた。

 「いやー! 勇者様に使って頂けるだけでも嬉しいってのに……その上三部屋も長期だなんて! 本当感謝してもし切れませんよ!」
 「そういうもん?」
 「そりゃもう! ウチみたいな宿は空室多いですからね。長いこと取って貰えるならそれだけ空きが無くなります。いやもー……当然嬉しいですよ!」
 「おっちゃんとこ空き多いの? 信じらんねー……めっちゃ良いのになぁ、ここ……」
 「まぁー結構奥まってますからね、仕方無いですよ。……はい。ではこちら鍵です。勝手は今のお部屋と変わりませんで、お連れさんにお伝えください。……お代はお預かりから差し引きで?」
 「ああ頼む。……そうだ、とりあえずこれ足しとく。…予定だいぶ延びそうだし」

 宿屋の主人から鍵を受け取り、代わりに大金貨を一枚預ける。
 先日預けてあった金額と合わせ、三部屋を向こう数ヶ月は借りられるだろう。
 「いいんすか!? ウチなんかで!」
 「悪い訳ねーって。部屋もしっかりしてるしウマい飯も食える。オマケに風呂も借りられるだろ。完璧じゃん。むしろ安いんじゃねーの?」
 「そうまで言って頂けるなんて……ありがとうございます!」
 「こちらこそだ。またしばらく世話になるぜ」

 規模こそそこまで大きい訳ではなく、大通りから少々離れているものの……その他の点においては申し分ない宿。
 長年の街暮らし旅暮らしのお陰で、この手の嗅覚は自信があった。
 だがそれでもこの宿は……我々のアイナリーでの拠点は、大当たりだった。

 しかも……ノートが隣室となるのである。


 「………そういや、主人に言ってなかったな」
 この街におけるあの子の人気っぷりは、よく知っている。なにせあの子見たさに食堂が大混雑する有様だ。


 ……メシ処の人員増やすよう…それとなく勧めてみるか。

 容易に想像できる混雑を思い浮かべ、苦笑しつつ
 ノートの待つ詰所へと向かうのだった。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く