勇者が救世主って誰が決めた

えう

42_勇者と少女の後日談

 ……勇者は、塞ぎ込んでいた。

 周囲の兵士や住民有志達。
 彼らの険しい視線が……遠慮なく勇者へと突き刺さっていた。


 正直、身内が罵られるのは……良い気はしない。

 しかしながら……今回ばかりは仕方ないと思う。



 ………………………


 ディエゴ先生の炎熱結界を突破し押し寄せる蟲を、片っ端から撃ち落とし続けること……数刻。
 不意に、蟲どもの勢いが弱まった。

 ………いや、あからさまに奴らが戦闘体勢を解いたのだ。


 若干疑いつつも、炎熱結界を解除する。
 奴等にとって障害となる、熱の防壁を取り払うも……やはり攻め込んでくる気配は無かった。

 こちらが無防備を晒しても、攻め入って来ない。

 ……そういえば断続的に響いていた地響きも、感じなくなって久しい。



 これは……勇者アイツが上手いことやったのだろうか。


 最初の方こそ疑い半分だった推測は、しばらくして確信へと変わった。
 背を向け駆け出し、しばらく経つものの……
 一向に蟲が追って来ないのだ。


 であれば。一刻も早く勇者と合流すべきだろう。
 ……恐らくはそこに、愛しの少女も居る筈だ。




 そうして坑道を下ること、暫し。



 ついに、下から登ってくる勇者と……

 その背に背負われた……純白の少女と、邂逅を果たした。





 ……思えば、そのときに察してやるべきだった。
 他ならぬ私が、察してやるべきだった。




 救出すべき少女を目の前にし、受かれていたところもあったのだろう。私達は一刻も早く、地上へ戻ろうと決断を下した。

 ……その時点で、彼女の顔色は悪かった。


 勇者曰く、蟲たちの親玉とおぼしき個体の討伐に成功したらしい。生き残りの魔殻蟲も、積極的にヒトを襲うことは無いそうだ。
 そして……ノートも無事。少々顔色も悪く、勇者の背で身体を強張らせ、口数も少ないものの…………疲労と心労によるものだろうと、勝手に思い込んでしまった。


 廃坑からの脱出を急がねばと、彼らを急かしてしまった。




 坑道をしばらく登ったあたりで、前方から魔殻蟲の群れが向かってきた。……恐らくは地上付近の兵士達と競り合っていたであろう、群れ。

 とっさに身構える私たちをよそに……奴らはむしろ私たちに道を開けるかのように、
 ……地中深くへと向かっていった。




 ここで、ノートが騒ぎだした。


 下ろしてほしいと。一人にしてほしいと。なかば泣き叫ぶような勢いで、訴えだした。
 ……ついには下僕……勇者に対し、『命令だ』と口にしてまで、意思を通そうとした。


 ………だが、それは聞き届けられなかった。


 このときの私たちの頭の中は、『一刻も早く彼女を地上へ連れ戻してやりたい』『彼女の無事な姿を、皆に見せてやりたい』で一杯だった。

 勇者や渡は勿論、ディエゴ先生までもが……全く同じ考えだった。


 ………誰一人として、過ちに気づけなかった。




 次第に顔色が悪くなっていくノート。
 私達は懸命に彼女を励まし続け、勇者は急かされるように速度を増した。


 一分一秒でも早く、ノートを陽の光の下へと連れ帰れるように。


 それが誤りであると、最後まで気づかないまま。





 そうして、私たちのものとは違う声が聞こえ……

 入り口から進軍していた兵士達と……アイナリー住民たちと合流できたとき。

 全員の緊張が解れた……そのとき。




 それ・・は、唐突に起こってしまった。





 幾人かの兵士達が持つ篝火のお陰で、明るさが保たれた地下空洞。
 人々の歓声に包まれていたそこ・・に、突如として微かに……だが確かに、奇妙な音が響いた。




 それは……岩だらけの廃坑には、絶対に有り得ない音。


 液体が滴るような……勢いよく溢れ落ちるような……水音。




 勇者の動きが、完全に止まった。

 ……ディエゴ先生が、続いて気付いた。

 …………そして私も……やっと気付いた。




 ノートは………真っ赤になって震えていた。



 そしてやがて……勇者の近くで歓声を上げていた兵士達も気づき始め……
 そしてその情報・・・・は徐々に広がっていき……


 あまりにもの羞恥心に堪えきれなくなったのか…

 ついにノートが……自ら意識を手放した。



 ………………………………


 数台の馬車を引き連れた、とある兵士の集団。
 その隊列の中央付近……ひときわ厳重な警備に守られた、一台の馬車。
 その周囲は、異様な雰囲気に包まれていた。


 馬車の御者台に座るのは、整った顔を苦々しげに歪めた……歳の頃は二十ほどの、白い剣と黒鉄色の髪を持つ青年。

 彼に注がれる、周囲からの視線は……冷たかった。


 針のむしろに座る彼……勇者ヴァルターが御する馬車には、三つの人影が乗っていた。

 全身に柔らかそうな羽毛を纏った小柄な影と、それに抱きつくこれまた小さな姿。……そしてそれらを見守る、長い耳を持つ人影……エルフ。

 私とシア、そしてノートである。



 ボーラ廃坑を離脱し、撤収作業を任された者やオーテルとの連絡要員を残し…一足先にアイナリーへの帰路についた、遠征組の一行。

 その中には、心に深い傷を負った……ノートも含まれていた。


 決して短くない軟禁生活のこともあり、当初は体力が回復するまでオーテルでの休養が提案されていたのだが……
 本人たっての希望と、霊薬ポーションの服用によってか体力が回復していたことから……そのままアイナリーへの帰路へついたのであった。


 …尤も、この霊薬ポーションの服用こそが、ノート大洪水事件の引き金の一つでもあったのだが。


 ちなみにもう一つの引き金を容赦なく引き続けた勇者は、ノートからのおよそ考えうる限りの罵詈雑言と、さらには周囲からの無言の圧力に晒され続け……今回の討伐作戦一番の功労者であるにも関わらず、牢へと送られる罪人のごとき面持ちであった。


 自分にも責任の一端が…無いとは言えない私にとって……彼を責めることも励ますことも思うように出来ない、複雑な心境であった。


 本来なら、勇者を誉めてやりたい。
 よくぞノートを救出してくれた、蟲の驚異を排除してくれたと……褒め称えてやりたい。

 しかしながら衆目監視のもと……考え難いはずかしめを受けた……
 彼女の小さな貯水槽の決壊を……大勢の人々に目撃されてしまったノートの手前……何も言うことが出来なかった。


 ……なんてこった。
 これじゃあ……さすがにあんまりだ。

 だからと言って……私には誰かを責めることはできない。

 悪いと言えば……私にも非があるのだろう。
 あのとき……ノートの異変に気づけていれば。
 一人になりたいと言った彼女の……真意を察することが出来ていれば。

 ……いや、今更言ったところでどうしようもない。
 仮定の話など、するだけ無駄なのだ。

 今はただ…ノートを慰め、励ますことしか出来ない。



 「……アイナリー戻ったら……ゆっくりと休もうな……」
 「…………んぃぃ……」

 シアの胸元に顔をうずめながら……ノートが微かに頷いた。


 ノートにも……そしてヴァルターにも……心の療養期間が必要だ。




 彼らがやっとのことでアイナリーに到着したのは、それから丸二日後の昼下がりであった。

 華々しい戦果とは裏腹に……
 その行列は、まるで罪人の護送のような…
 沈みきった…異様な様相を呈していたという。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く