勇者が救世主って誰が決めた

えう

38_勇者と魔王と無敗の戦神

 戦場に唐突に湧いて出た……わたしたち・・・・・の異様な魔力に勘付いたのか。
 三者三様の視線が、わたしたちに集まるのを感じる。

 ……そりゃそうだ。こんな馬鹿みたいな魔力…気づかないほうがおかしい。
 気づけば二人とも手を止め……先程までの暴力の嵐がまるで嘘のように静まり返り……こちらを注視していた。


 「ノー、ト…? それ……お前……」
 『ゆう、しゃ。おまえの、こころいきは、みとめる。おまえは、いいやつ。……たいした、やつ』
 「…………は…?」

 勇者の持つ、二振りの『勇者の剣』。魔道具それに仕込まれた通信魔法に、強引に介入する。わたしの言葉を、勇者の意識に直接届ける。




 勇者は今まで、この機能に気づいた様子はなかった。漠然と『ノートわたしは思念魔法が使える』くらいにしか捉えていない。


 『勇者の剣』の通信機能は、人族と魔族の全面戦争に備え……異なる言語圏の勇者が共同戦線を張る際、意思の疎通を円滑に行うために仕込まれた機能だった。

 それぞれの『勇者』が持つ、『勇者の剣』。その刀身どうしを接触させて、回線を繋ぐ。それ以降は剣が手の届く範囲に置かれている限り、一度接続したことのある勇者の剣アドレス間での、思念魔法による意思の疎通が可能となる。
 ……更にこの機能、伝えたいことを伝える魔法……通訳魔法さえも組み込まれている。この恩恵により未だにこちらの言葉がうまく扱えないわたしでも………剣を持った勇者に限り、意思の疎通が問題なく行えるのだ。


 ただその仕様上、任意で接続を切らなければ……接続回線は保持されたまま。そのため勇者とわたしがそれぞれ剣を身につけている間、勇者ヴァルターの思考がほぼ駄々漏れになっていたこと。それは、わたしだけが知っている。

 …あいつは意外とムッツリスケベだった。
 わたしだけは、知っている。




 唐突に動きを止めた勇者に対し、何事か勘付いたのか。騎士型が棒立ちする勇者に斬りかかる。初動から音速に達する斬撃。避けねば必殺の一撃。
 動きを止めていた勇者は反応が遅れ、回避することも出来ずに目を見開き……

 目の前に出現した、青白い光の壁。
 緻密な魔方陣で築かれた防壁に、守られる。


 『こころいきは、よし。えらい。……でも、じつりょくは、まだまだ』
 「……待ってくれ。お前は…………何を、言っている?」

 尚も果敢に攻め立てる騎士型の…常人には目視不能の連撃を悉く防ぎ切る、防壁の魔法。ただの魔法使いだったら一枚張って精一杯だろう堅固な防壁を、無詠唱で軽々と……次から次へと広げ、あの騎士型を見事に完封していく先生。
 わたしが勇者と世間話している傍ら、鼻歌交じりにこんなことをやってのける先生まおう。……本当にすごい。

 『照れるね』
 『うん。ほめてる』


 ついに四本の大剣全てが砕ける。再生が追い付かず……奴が距離を取る。
 ちょうどいい。好機だ。

 『なさけない、ゆうしゃめ。……わたしたちが、ちからを、かしてやる』
 「……特別サービスだ。感謝するが良い。末代の勇者よ」
 の言葉に、勇者の目が驚愕に見開かれる。鳩が豆大福食らったような顔だ。ふははばかめ。おもしろい顔しやがって。
 『…………君の頭も大概面白いがね?』
 『んい…?』

 未だ剣の再生ままならぬ騎士型が、それでも尚危険と判断したのか。拡張された意識の隅で、奴に動きが見られる。……が。


 「ギーニ邪魔ティルヴィーガするな


 騎士型を一睨みし、先生まおうの呟いた呪言。たったそれだけで、その動きが止まる。
 不可視の魔力の鎖で雁字搦めに固定され、碌に身動きを取ることが出来ない。ふははざまぁみろ。ずっと縛られて動けなかったわたしの気持ちを思い知れ。

 『笑ってないで。早くしたまえ』
 『……はい。すみません』


 この場にいる者たち……蟲魔どもも含めた中で、ただ一人理解の及んでいない人物、
 勇者に、向き直る。

 『おまえ、には、……かって、もらう。ぜったい。……だから、ちからをかす』
 「二度は言わんよ。無い知恵絞れ。せいぜい理解に勤しめ」

 相変わらずのあほづらに、ちょっと心配になる。
 …大丈夫かな。ちゃんと理解してるかな。

 『ぶきを、かまえろ。てきを、みろ。……おそれるな。おまえは…かつ』
 わたしの激励が心に響いたのか、…ぎくしゃくしながらも頷いた。
 『あんずるな。わたしたちが…………わたし、が、ついてる』
 「……ノート…」

 一応伝わっているようだ。よかった。もっと感動にむせび泣いてもいいんだぞ。



 『せんせい、おねがい、します』
 『………成程。これは張り切ってやらないとね』
 笑みとともに、先生が魔力を操る。ここから先は、任せるしかない。


 「コーマ来たれコーマ来たれメィクーア我が分かち身よ
  トレーフ集いてドリーフ紡げホールァ望みよラーファ祷りよ


 勇者の身体が、明らかに強張る。
 あほあたまの勇者も、さすがに何が起こるのか理解したのだろうか。


 「スィレィア告げるはシュトーツァ激励ヴレーネ無尽のクラフタ力よ
  トレーフ集いてドリーフ紡げウーヴィ無敗のズィーヴル戦人


 前回はリカルドのことで、頭がいっぱいだった。わたしには全く余裕が無かった。
 そのためこれ・・をまじまじと見つめるのは、今回が初めてだ。空気中に溢れ出た先生の魔力は微細に動き、空中に図形のようなものを描きながら勇者を取り囲む。……すごく、きれい。


 「コーマ来たれコーマ来たれメィクーア我が分かち身よ

 身体の中から、新しい魔力が……魔法を使うために精製されたチカラが、湧き出る。


 「クラフタ力のプローネ奔流ジ・ディ・ザル今こそヒーア此処に

 わたしの中から周囲に溢れ出たた魔力が、さっきの魔力を巻き込みながら一箇所へと集まる。
 勇者の中へと、すごい勢いで注がれていき……
 それは彼の中で……魔法を完成させる。


 「コーマ・ティワズ無敗の戦神。……イル在れ



 勇者の身体が…仄かに光を放つ。
 彼の身体を媒介として顕現した魔法は、彼のような前衛職におあつらえ向きの……反則じみた支援効果を顕すもの。


 「なんだ………これは…………」

 呆然と。勇者が言葉を零す。


 視覚を拡大し、感覚を拡張し、反応速度も運動能力も最大筋力も補強が成される。
 今までとは比較にならない運動能力と、破壊力。…そして時間制限つきではあるが……無尽蔵ともいえるスタミナが、彼には備わる筈だ。


 わたしたちの魔力が切れるまで、効果は続く。
 わたしたちの魔力は、ほぼ無尽蔵。

 ただひとつ……『角』の効果が消えるまで。



 『ゆうしゃ。おきろ』

 自身の身体の変化に戸惑っていた勇者が、はっとした表情でこちらを見る。
 そしてその視線が…今も尚不可視の拘束に抗っている騎士型を捉える。

 『あまり、じかんを、かける。だめ。……いい?』
 「……ああ。任せろ」
 「良い返事だ。ハナマルをあげよう。……では拘束を解くよ。頑張りたまえ」

 先生の言葉とともに、騎士型の拘束が解かれる。
 解き放たれた騎士型の視線が……仄かな光を放つ勇者とぶつかる。


 ……光ってる勇者は正直ちょっとおもしろいけど、ここで笑うといろいろと台無しになることはわたしにもわかる。身体の主導が先生で本当よかった。わたしだったら顔のにやけが止められないだろう。わはは。

 『……君は割とひどいやつだね?』
 『ゆうしゃ、だから。あるたー、には、えんりょ、しなくて、いい』
 『あーわかった。そういうことか…………成程なーこれは自覚させるの難しいぞー』


 尋常ではない威圧感に、騎士型すらも警戒を露にしたようだ。じっと勇者を見つめ………あれ、こっち見てない?

 『見られてるね?』
 『やだこわい』


 [成程。この、気配。魔力。よもや、其の幼体、……否。其方]
 「時間が無いらしいんだ。悪いが……行くぞ」
 「あっ勇者君ちょっと待」

 先生の静止を待つ間もなく勇者が駆け出す。重心を落とし、膝に力を貯め……バネを解き放つように……




 力いっぱい駆け出した勇者は…

 足元の床を盛大に蹴り砕き、騎士型を軽々と飛び越え……



 向こうの壁までぶっ飛んでいった。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く