勇者が救世主って誰が決めた

えう

31_善意と害意と業務内容

 [きき。 あなた、産む、貰う。 お願い、します。 繁殖。 産む、あなた、です]


 耳にするのは二回目だが、それでも戸惑いは微塵も消えなかった。
 目の前の彼女が何を言っているのか、理解出来ない。
 言葉はわかる。魔物相手なので思念も伝わる。伝わったのだが。
 相変わらず何を・・言って・・・いるのか・・・・理解・・出来ない・・・・


 ノートが生来の生娘であれば、その後訪れる結末を容易に想像できただろう。
 すぐさま明確な拒絶の意思を表すことが出来ただろうし、人蜘蛛アルケニーも断固とした拒絶を前にして、考えを改めたかもしれない。
 しかしながら、二十年ほどの時間を人族のオスとして……勇者として過ごした過去を持つノートにとっては…現在自分の置かれた環境と『繁殖』という言葉が、容易に結び付かなかった。

 そうして生じた、長い思考停止の時間を……人蜘蛛は同意と解釈したようだった。
 粛々と、それでいて満足気に、『繁殖』の準備を進めていった。




 ―――――――――――



 首筋に、小さな刺激を感じた。

 唯一動かせる頭を…視線を横へと向けると、さらさらとした少女の髪が視界に入る。髪と、おそらく聴覚器官は備わっていない、形ばかりであろう耳。それらを備えた…少女の頭が肩へと迫っており…

 ノートの首筋に、控えめに噛みついていた。


 「………ぁ、…いや……どく……いやぁ……」
 脳裏を過ぎったのは、数日前に生死の境を彷徨う原因となった…毒。
 足裏の掠り傷から回ってあの有様だったのだ、首筋に直に流し込まれたらどうなるのか。考えるまでもなかった。

 わたしに危害は加えないと、命は奪わないと約束したはずだった。害意を持っていないのも確認した。それなのに反故にされた。
 いったい何故。

 ……いや違う。彼女は今も尚、害意は持っていない。
 噛みついている牙も、振りほどかれまいと深々と突き立てる長く鋭いそれではなく……可能な限り苦痛を、痛みを与えまいとしたもののようだった。

 「…ど、く? ……わたし、しぬ、……どく…?」
 薄っすらと表皮を突き破り、控えめに突き入れられた彼女の牙。その傷口からじわじわと身体に広がっていく熱は、毒によるものと酷似している。
 しかしながら…糸による拘束で腕や脚は動かせないものの、拘束を逃れている末端部分…指は、なんの抵抗も違和感もなく動かせる。加えて、傷口から広がる熱がもたらすものは焼けるような痛みではなく、痺れるような痛みでもなく。……身体中のりがほぐれるような、身体の血行が良くなるような、身体が火照ってくるような……


 違和感と疑問の処理に時間を要している間、数分に渡って控えめに噛みついていた彼女が、ようやく牙を離した。彼女が口を当てていた部分は、冷たさをもって空気の流れを機敏に伝え、彼女の唾液とわたしの血で湿っているのがわかった。
 すると彼女は小さな口を開き、小さな舌を出したかと思うと…そのまま顔を首筋に近づけ、彼女の舌が傷口を…溢れた血を舐め取るように首筋を刷り上げ、
 「、!? んいいいいい!!!??」

 脳天から足の爪先まで、未知の刺激が走り抜け……無意識に絶叫が漏れ出た。


 「……!? ……は、……はっ、……は…っ……?」
 身体が熱を帯びる。心臓が早鐘を打ち始める。浅く早く繰り返される吐息は、明らかに温度が高い。
 白く透き通った肌はにわかに赤みを帯びはじめ、身体中の感覚がどんどんと鋭敏化していくのがわかる。
 へその下…おなかの奥……脚の付け根のその間に、存在しない筈の第二の心臓が脈打つような…なんともいえない違和感が生じる。
 「…な、に……これ……なに、ぃ…」
 明らかに異常を示す、わたしの身体。
 相変わらずの無表情を貫く彼女に、視線で訴える。
 …しかしながら、ここまであっても彼女の意思に変化はない。悪意も、嘘偽りも感じられない。つまるところ、これ・・は。

 [き。 繁殖、準備。 人、我々、ちがう。 我、体液、人、使う、します。 き。 繁殖。 苦痛、無い、します]


 微塵も変化の見られない、冷徹ともとれる無表情で、そう告げた彼女。
 しかしこれ・・は、恐らく彼女にとっての完全な・・・善意・・
 今しがた丁寧に打ち込まれたこれ・・は、繁殖を効率的に行うための効能を持った……魔殻蟲の神経毒とは全く異なった、殺傷のためではない毒。

 ストレスを軽減させ、代謝を促進し、苦痛を和らげ、緊張をほぐし、……繁殖に対する欲求を肥大化させ、対象に強制的に準備を整えさせるための、毒。

 ………俗にいうところの、媚毒。


 …ここまでされて、やっと理解した。
 この子は、わたしに『産ませる・・・・気だ。


 蟲にとって、繁殖行為など日常茶飯事。何の違和感も忌避感も持ち合わせていない。であれば、そもそもそれが他者に対する危害で・・・あると・・・いう・・認識が・・・無い・・
 他者に、他種族に対する意識も同様なのだろう。そもそも生命である以上、繁殖は切っても切り離せない行為だ。当然のように行われて然るべきだという考えは、別段おかしいわけではない。

 だからといって。それが我が身に降りかかってくるなど。
 蟲同士ではなく人の、わたしの身体を…はらを用いての繁殖など。
 よりにもよって『蟲の主』を身籠みごもってくれなどという要求を、想定出来る筈が無い。


 他の種族が、蟲たちが、どういう文化なのかは知らない。もしかしたら『多くの子を産んだメスが魅力的とされる』ような文化なのかもしれない。
 だが、少なくともヒト…特に人族に限って言えば、そんなことは無い。貞操観念は厳格であるし、特に……初めて・・・の行為は、ことさら大切にされる。

 しかしながら残念なことに、彼らにそんな風潮は無いのだろう。でなければ『ちょっと産んでくれ』なんて突拍子もないことを頼む筈が無い。


 先生にも忠告された。『安売りするな』と。安売りどころか無料解放なんて、さすがに冗談じゃない。そもそもそんなこと・・・・・に興味があるわけじゃない。
 わたしが何者かの子を身籠るなんて、全く想像が出来ない。
 人の子ですら考えられないのだ。ましてやそれが蟲の子だなんて。

 嫌だ!さすがにそれは嫌だ!人として嫌だ!!
 やめてくれ!それはさすがに勘弁してくれ!!


 ……そう伝えようと、口を開くも。

 「……ゃ、ぁ、 ゃら、ぇぁ…! ……?   ……!!?」

 拒絶を表しようにも、泣き叫ぼうにも、口に力が入らない。
 顎はかろうじて動くものの、唇の筋肉は思うように動かせず、明朗な言葉を発することが出来ない。


 「……ぅぞ、……あぁぁ……」

 彼女は今から行おうとしていることに、何の違和感も持っていない。
 わたしがその誤りを訂正しなければ、止まってくれる可能性は限りなく低い。

 しかしながら、わたしの口は……言葉を紡げない。


 「やぇ………、ゃぇ……でぇ………」

 魔力を失っている現状では、権能頼みの意思疏通は出来ない。
 極度の緊張と混乱で震える口では、明瞭な言葉を紡げない。

 彼女を止めることが、できない。


 それによってこの後訪れるであろう、最悪の事態を予想して……あまりにもの非現実的な内容に、頭が理解を拒む。頭の処理が限界に達し、現実を拒絶するかのように、にわかに意識が遠のく。




 だが。ここへ来て。
 予想だにしていなかった、彼女の言葉が届く。



 [あなた、準備。 き、しました。 我々、します、です。 準備、必要。 長い、あります]
 「……ぇ…ぁ…?」


 ……我々は、準備をする?長い…時間を要する?


 [き。 繁殖、つかう、我々、身体。 生産、必要、します]


 ………繁殖に使う蟲の身体? 個体を、生産する?


 言うが早いか、人蜘蛛は背を向け、硬質な足音とともに歩き出した。
 この世の終わりかと身構えていただけに、唐突に肩透かしを食らったような気分で、呆然と見送る。

 小部屋の入口で、彼女がこちらを振り返る。特徴的な…黒一色の瞳と、目が合う。


 [き。 準備、はじめ、します。 後で、戻る。 養分、摂取。 手伝う、します、です]


 …………準備を始め、その後で戻る。養分を摂る手伝いをする。


 そう伝えると人蜘蛛の彼女はこちらに背を向け…
 ちゃちゃか、ちゃちゃかと足音を立て、小部屋から去って行ってしまった。



 唐突に訪れた、静寂。

 壁際に置かれた照明の魔道具、その頼りなく明滅する明かり以外に、
 何も動くものが無い、岩に囲まれた空間。





 …そういえば…おなかすいたなぁ。
 ぼんやりと、そんな場違いともいえる思考が浮かんだ。


 想像を絶する事象の連続で、限界以上の労働を強いられたわたしの頭は、
 今や、完全に思考力が失われていた。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く