勇者が救世主って誰が決めた

えう

19_想いと願いとわたしの意思

 ――最悪だ。
 気分ははっきり言って最悪だ。

 ぴしっと敷かれた敷布の上。枕に顔を押し当てて悶絶する。
 今医務室このへやには他に誰もいない。自分一人だけである。


 勇者の訪問に端を発するごたごたの後。
 身体の疲労と脚の痛み、そしてなにより精神的な後悔が限界を越えたため、なにやら難しそうな話し合いが始まりそうだったのをスルーして、こうして一人休んでサボっている。

 『休みたい』アピールをした際に何か言われるかとも思ったが、ケリィさんが見事に察してくれ、更には医務室へと連れてきてくれた。正直事情を説明出来る気がしなかったので、非常にありがたかった。ケリィさん本当大好き。




 しかしながら、気分のほうは最低である。


 いくつかある理由のひとつは、例のごたごたの際にディエゴに『これでもか』と掛けられた妨害魔法のせいだ。……と思う。

 最初に、医務室で勇者に斬り殴りかかったときの妨害魔法は、魔王の加護により何事もなく消去レジストされた。しかしそれがいけなかったのか、すぐさま次から次へと新しい妨害魔法が飛んできた。
 生半可な魔法では、この魔王の身体には効果を及ぼさない。……しかしながら彼の妨害魔法は質が高かったのか、それとも複数種類の妨害魔法を立て続けに浴びせられたからか……恐らくは打ち消し切れない妨害魔法に抵抗するため、体内の魔力が随分と掻き乱された。
 ……結果として、一定以上の魔法に対しては、打ち消しはするものの軽いめまいや酩酊感のような……端的にいうと『きもちわるい』気分に陥る…ということがわかった。


 麻痺や疲労、衰弱や呪怨など嫌らしい弱体化を直接貰うよりはマシだが、全てにおいて全くの無効化ができるというわけではないようだ。それが知れただけ良いとしよう。
 ……それにしても遠慮なくドカドカ掛けやがって。あのやろう。




 そしてもうひとつの……最大の理由は、言いたくはないが言うまでもない。

 ……自己嫌悪であった。


 目の前の勇者に当たっても、何も変わらない。理屈では解っていた。ちゃんと思いとどまろうとしていた自分わたしも、確かに存在した。
 しかしながら一方で、忘却の彼方へと追いやられていた筈の……苦いなんてもんじゃない記憶にてられたせいか……『勇者』という存在に過剰なまでの拒絶反応を示した自分ぼくも、同時に出現していた。


 『ぼく』と『わたし』。多重人格とはまた違う……よくある『天使』と『悪魔』が言い争っているような、そんな感じ。
 どちらの言い分も納得してしまうほどに……何が正しいのか、それすらもわからないほどに………心がぐちゃぐちゃになっていた。



 今は、もう落ち着いた。

 それはそうだ。忌々しい勇者達は、遠い昔にちゃんとこの手で滅ぼしたのだ。だからもう『ぼく』の怨恨はとっくに終わっていることだ。『わたし』の言うように、今は全く別の時代…別の世界に生きている。この時代にはこの時代のやり方があり、異分子の自分がいちいちケチを付けていたらキリがない。


 わたしは、この世界を楽しむと決めた。

 ……であれば、この世界のやり方には従うべきだ。

 もうこんな醜態は、繰り返さない。
 そう、決めた。



 ……けれども。

 布団をぽふんぽふんと叩き、気恥ずかしさに思わずじたばた身悶えする。……冷静になって先程までの一連の行為を思い返す。……やはり完全にはた迷惑な子供だった。

 死ぬほど嫌なことを思い出したので、ソレを思い出させた赤の他人を殺そうとする、など。
 ……馬鹿じゃないのかわたしは。どう考えても異常だ。情緒不安定とかそんな次元の問題じゃない。常識的に考えて許される筈がない。冷静さを欠いていたとはいえ、会って間もない人物を殺しに行ったのだ。申し訳なさすぎて顔が上がらない。……出来れば顔を合わせたくない。とても気が重い。



 深い溜め息とともに顔をうずめ、じたばたしていると……医務室の扉がノックされた。…誰だろう。もう話し合いは終わったのだろうか?
 「……んい………どうぞ」
 「………すまない。失礼する」
 「…げぇ」

 幸いにして今もっとも顔を合わせたくない人物…勇者ではなかったものの、

 不幸にも、別の意味で顔も見たくない人物……ディエゴだった。



 「………なに」
 返事が自然とぶっきらぼうになる。ふとんを被って拒絶の意思を表示する。あれだけのことをしておいて、散々きもちわるいことをしておいて、よくもまあぬけぬけと顔を見せられるものだ。
 「……………身体の方は…大丈夫なのか?」
 「だいじょ、ぶ。さいこう。……おかげさま」

 『おまえ様のお陰で健康そのものです。ありがとうございます』
 言葉に込めた意図を察してくれたのか、複雑な表情を見せるディエゴ。ふん、わかってるんじゃないか。
 そのまま奴を無言で睨み付ける。


 『体調が芳しくないところ申し訳無いのだが……少々手を貸して欲しい』
 『………なに。 …ないように、よる』
 しびれを切らしたのか、わたしにわかる言葉で、本題を繰り出してきた。先刻は『こちらの言葉』は使わない方がいい、などと言っていたのに。……それくらい事態は深刻なのだろうか。体裁を気にしていられない程に、差し迫ってるということなのか。
 …仕方ない。話くらいは聞いてやる。

 『……めいわく、かけたから。 ………できる、ことは……する』
 こいつが今ここに来ているということは、頼みというのはこいつ絡みのことではないのだろう。先程までの償いの意味も込めて、可能な限りのことは手伝ってやろう。


 『………勇者の奴をな……助けてやって欲しい』

 思わず意識を手放したくなった。






 渋々ながら話の詳細を聞いたところで、思わず耳を疑った。

 なんでも先程勇者とやり合ったことが街の人にバレており、街のひとたちが押し寄せてきたらしい。しかも何故か『勇者がわたしに襲いかかった。挙句に泣かせた』ということになっているらしい。……そして勇者が今、何故か謝罪に赴いている……らしい。
 ……襲い掛かったのはむしろわたしであり、勇者はどちらかというと被害者なのだ。そもそも勇者のどこに、わたしを襲う必要があるというのか。

 『ゆうしゃは………なんて、いった?』
 『自分が悪い。あの子には酷いことをした。街に迷惑を掛けた。主にこの三つだ』
 『………は? なん、で』
 …意味がわからない。わたしが襲われた云々はそもそも街の人の勘違いである。どちらかというと襲ったのはわたしで、勇者はむしろ被害を被った側のはずだ。なぜわざわざ自ら立場が悪くなるようなことを。

 『彼自身……君を怯えさせたことを悔やんでいるようでな。此度のことも自分の落ち度として受け入れるつもりだろう』
 『………そんな…こと』
 駄目だ。こいつら揃いも揃って駄目だ。ばかじゃないのか。何を言ってるんだ、加害者と被害者の区別がついていないではないか。今回の場合当然加害者がわたし、被害者が勇者だ。その前提をそもそも理解していない。
 このままでは、間違った解釈が広まってしまう。勇者が完全に悪者にされてしまう。…それは、良くない。

 ………ただでさえ、わたしは勇者に迷惑を掛けたのだ。これ以上彼に迷惑を掛けるのは、人として駄目だ。


 『……わかった、いく』
 こちらの返事に、安堵した表情を浮かべるディエゴ。勘違いするなよ、おまえのためじゃ無いんだからな。
 『ディエゴ。しゃがんで。 ………せなか、のせて。あし、いたい』
 『……大丈夫なのか?』
 『わかんない、けど………いかないと』
 『………すまない』
 『だいじょ、ぶ。きらいだから』
 既にこいつのことは嫌いだ。これ以上評価が悪化することはないから安心するといい。しょんぼりした顔しても無駄だからな。顔だけはカッコいいだなんて思わないんだからな。

 ……そうだ、
 『ディエゴ。ことば、おしえて』
 辿り着くまでに、聞いておかなくては。





 建物の入り口に近づくにつれ、多くの人の声が耳にはいってきた。自然と身体がこわばる。密着しているディエゴが、目敏めざとく気づいたようだ。こちらを伺うように、顔を向けてくる。
 『もう、いい。…おろして』
 『……大丈夫か?』
 『だいじょ、ぶ。……いっしょ、あまり見られたく、ない』

 自らの足で歩かず、他人に頼りきりな情けない姿を、あまり他人に見られたくない。そう伝えて、なかば強引に飛び降りる。
 「………っ、んんん…!」
 勢いよく地に触れた足裏から、嫌な感覚が伝わる。……やはりまだ治りきっていないのだろうか。
 何故か肩をがっくりと落としているディエゴを脇目で見つつ……威圧的なまでの喧騒に満ちた正面玄関へ……外へと向かう。







 ……

 ……………


 ……うそでしょう。

 なんなのこの雰囲気。ものすごく殺伐としてる。もうだめだ。しぬ。
 街の人たちは誰も彼も怒ってるっぽいし、勇者とエルフの女の子はただただ平謝りしてるだけだし……双方ともそのままずっと変化が見られないから、当然ながら状況にも変化が見られない。なにも好転しない。
 ずっと怒りっぱなしの、ずっと謝りっぱなし。


 ……このままでは、だめだ。

 そもそも加害者はわたし、勇者ご一行は被害者なのだ。
 わたしが、なんとかしないと。



 震える脚を奮い起たせ、建物から外へおっかなびっくり足を踏み出す。

 「……ち、ちがう」

 ……つい気持ちが先走ってしまったものの、……このあとどうしよう。今さらだけど、わたしはうまく喋れる自信がない。

 それでも、やらなければ。彼らをこのまま悪者にするわけにはいかない。口を結び、うつむきながらも、
 伝えるために、声を張り上げる。



 「ちがう!!」





 …………わたしの頭に、視線が集中するのを感じる。
 耳を覆わんばかりだった喧騒も下火になり、ざわめきやひそひそ声といった部類のものへと変わっていった。
 勇者を糾弾する声も、鳴りを潜めたようだ。


 軽く息を調え……おそるおそる視線をあげる。

 街の人たちをはじめとする、この場にいる多くのひとの目が……皆一様に、わたしを見ていた。
 その数にはちょっとびっくりしたけれど、我慢できないほどじゃない。……この数の謂れのない罵声に、ただただ耐えていた勇者と比べれば、なんてことはない。

 とはいえ、どうしよう。何て言おう。
 なにか言わなければ、話を続けなければ。



 「………こ、 …こん、にちわ…?」

 いくらなんでも混乱しすぎだろう。我ながら『それはないわ』と思った。
 ちがう。こんなことを伝えたい訳じゃない。
 何のためにここへ来た。何を伝えようと、ここへ来た。

 「ゆ……… ゆう、しゃ、」
 悪いのは自分だ。勇者は悪くない。それを伝えるだけだ。

 「ゆうしゃ!ちがう!……わるい、ちがう!」

 言葉が浮かばない。浮かんだとしても『わからない』。わたしの言葉では、彼らに届かない。彼らの言葉でないと、わたしの思いは伝えられない。

 目の前の彼らは、街の人たちは、ただ静かに待ってくれている。こんな突然湧いて出た者の言葉を遮るでもなく、咎めるでもなく。迷惑だろうに。腹立たしいだろうに。

 ……もどかしい。ただただ、もどかしい。


 「わたし、が……、 わるいのは、わたし! ゆうしゃ、わるいのは、ちがう。 ……ちがう…!」


 伝わってくれ。
 彼らは悪くないのだと。罵られる謂れは無いのだと。
 ……どうか、どうか伝わってくれ。








 『力を貸そうか』

 あたまに、突如声が響いた気がした。
 ……とても懐かしい、安心する声が。

 『彼らに君の言葉を届ける。その手伝いをしようか』

 幻聴だと思った。混乱するあまり、ありもしない救いを求めた末の、幻聴。
 ……しかしながら、それはとても魅力的な申し出だった。幻聴だったとしてもすがりたくなるような、申し出。


 『私が力を貸せば、彼らの言葉は君のものとなる。私の力……私の魔法なら、それが可能だ』


 彼らの言葉を、この世界の言葉を、手にいれる。齟齬のない、意思の疎通が可能になる。
 ……この声に、委ねれば。




 それでも。


 『……ちがう』
 『………ほう?』


 それでも、それ・・はちがう。


 わたしが、蒔いた種だから。
 他ならぬわたしが伝えなければならないから。

 誰の手を借りるでもなく。わたし自身の言葉で、ちゃんと伝えなければ……


 ………謝らなければ、ならないから。



 『……だから、いらない。ごめんなさい』
 『…………なるほど。いや、いいさ』

 あっさりと、幻聴は引き下がった。


 『…ふふ………立派になったものだ』

 消える直前に小さく響いた言葉は、聞き取れなかった。







 だから。

 「ごねんなさい」

 不格好でも、口下手でも、未熟でも、自分が尽くせるだけの手を尽くさなければならない。

 「ごねなさい!」

 本来糾弾されるいわれのない勇者。ことわりを捻じ曲げ造られた紛い物ではない、正しい勇者。本来は人々の希望とならなければならない、勇者。

 「ごねんなさい!ごねなさい!」

 その栄光を、誉れを地に落としたのは……自分だ。
 ………ごめんなさい。


 「……違う。…君のせいじゃ、ない」
 「そ、そうだ!悪いのはこの馬鹿だ!お嬢ちゃんが謝る必要は」
 「ちがう」

 勇者が、エルフの少女が、何かを訴えた。
 言葉は半分もわからない。でも彼は首を横に振った。悲しそうな顔をしていた。……つまり、否定していた。
 ……わたしの、謝罪に対して。

 「ちがう。……ごねん、なさい」


 気の利いた言葉は、わからない。だからただただ、言葉を重ねるしかない。


 謝り続け、それを否定され、その否定を更に否定し謝り続けること、しばし。

 ……ついに根負けしたのか、勇者が、渋々ながら頷いた。


 「……互いに、謝ってばかりだな」
 苦笑したように、……どこか楽しげに、勇者が言う。

 「自分が言うのも烏滸おこがましいが……君が赦してくれるというのなら………このあたりで手打ちにしてくれないだろうか……?」
 「………ん、…んい………?」

 ……何をいっているのかわからない。下手に頷くと、またこじれるかもしれない。下手したてに出てばかりのこの勇者のことだ、また自分を卑下するような申し出をしているのではないだろうか?

 さすがに不安が過ぎる。……苦渋の思いで、ディエゴに頼る。彼は、勇者の立場が悪くなるのを良しとしないはずだ。
 彼の顔色を伺うと、こちらを見て、頷いた。

 ……ここは頷いても良いところのようだ。


 「………んん、 ……わかっ、た」
 勇者と目を合わせ、頷く。どうやら通じたようだ、あからさまにほっとした表情を見せた。
 ……それを見て、自分もほっとした。
 魔法なんかなくても、自分の力で意思の疎通をすることができた。……ちゃんと謝ることができた。


 ああ、そうだ。魔法。


 わたしにもできるという、
 ……他者を幸せにできるという、魔法。


 もう、彼は敵じゃない。恐れなくとも良いのだ。



 自然と、笑みがこぼれた。


 「んい……、やうす。 ゆうしゃ、てき、ちがう」

 ちゃんとみんなに伝えておこう。
 勇者は……彼はわたしの敵じゃないのだと。





 「ゆうしゃ、てき、ちがう。 ………げぼく・・・





 何故か、空気が凍った。



 「……んい? ………げぼく・・・。……ゆうしゃ、ねす…げぼく・・・! ………んいい?」


 何故か、ディエゴが崩れ落ちた。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く