勇者が救世主って誰が決めた

えう

15_馬鹿と聴取と訪問客

 ギルバート・アウグステ。

 この名前を聞いた女性兵士の八割は嫌悪感をもって。
 この名前を聞いた男性兵士の四割は同じく嫌悪感を、残りの六割は親しみをもって、彼をこう呼ぶ。


 『馬鹿』と。


 中隊長リカルド・アウグステの次男にして、父親の優秀さを受け継ぎつつも、堅実さを受け継がなかった人物である。
 綺麗な女性を見掛けたら声を掛けずにはいられない。剣の修練そっちのけ、小粋なトークの話題集めのほうが大切。行く先々でトラブルを起こす。しかもその十割が女性絡み。勉学に打ち込む姿勢は立派だが、その動機が察して然るべきなあたり救いようが無い。上司の恋人だろうと、貴族様の御息女だろうと、好みと見るやちょっかいを出さずにはいられない、根っからの女好き。


 …それでいて、何をやらせても人並み以上にこなすのだから、たちが悪い。
 ――これで父や兄譲りの実直な性格だったら。
 彼を知る誰もが、そう思わずにはいられなかった。



 そんな『馬鹿』が。

 綺麗な女性を見ればとりあえず口説かずにいられない。女性を前にすれば常に微笑みを絶やさない。そんなギルバート・アウグステが。


 目を見開き、口を半開きにして、

 硬直していた。



 「………ノート。自己紹介、できるか?」
 「ん、んん……? じ、しょ?しょう?」
 「ええと…………ギルバート。それ。ギルバート」
 「ぎる、まーと。……ぎるまーと?」
 「ああ。そうだ」

 時間は昼時を少し回った頃。場所は兵員詰所の食堂。
 昼食を摂り終えてご満悦のノートに、色々な意味で申し訳なく思いながら、ある人物を紹介する。

 「んいい、やうす。 ……のーと。…めい、なー、ねす、のーと。しゅて、てね、そ、あむ、ぎるまーと」
 「……………なんだって?」
 鈴の鳴るような、可愛らしい声に自分の名を呼ばれ、やっと意識を取り戻した。同時に思考を巡らせ始め、現状を理解しようと試みだす。
 (何だかんだで、聡いんだよな。こいつは)
 「………父上。このはどなたですか。いつの間にこんな愛らしい娘を設けになられたのですか。母君はどちらに。是非とも御紹介に与りたく」
 (いややはり馬鹿だ。我が子ながら、馬鹿だ)

 「落ち着け馬鹿息子。当たり前だがこの子は私の娘ではない。縁あって面倒を見ているだけだ」
 (………いやしかし。こいつの毒牙を避けるにはそれも有り、か?)
 ふと脳裏を過った案をとりあえず隅に置き、説明を続ける。
 「……先程も言ったと思うが、お前にはこの子に言葉と……色々と『常識』を、教えてやってほしい。幼年科の内容だ。出来るだろう?」
 「この娘に………? いや、しかし父上」
 「こう見えて物覚えは良い。賢い子だ。……出来るだろう?」
 「……で、る?…のう?」
 眉根を寄せて小首をかしげ、こちらを伺うノート。いちいち可愛らしい動作を前に、ギルバートがしばし思案する。

 「………父上。恐れながら申し上げます。不肖ギルバート、自身の女性に対する接し方とそれに対する御指摘を、少なからず把握しているつもりではございます。……そのような私に彼女を預けること……父上は、その……宜しいのですか?」
 「逆に問うがな。いくら女性に節操の無いお前とて、この幼子相手に手を出そうと思うか?」
 「いえ、さすがにそこまでは。見たところ、十かそのあたりでしょう………少なくともあと五、六年経てば……」
 「なら少なくともあと五年は安心ということだ。心配はない。その間にお前対策は考えておく」
 「そんな殺生な」
 ギルバートは大袈裟に天を仰ぐ。

 「それに、だ。……周りを見てみろ」
 釣られて周囲を見渡し、軽く引きつった声を漏らす。
 昼飯の時間は過ぎたとはいえ、最近めっきり賑やかになった兵員詰所である。彼女ノートが居るということもあってか、少なくない人々が、食堂には残っていた。
 ……そして皆一様に、彼らのやり取りに耳を傾けていた。
 「……簡単に言うぞ。その子に何かやましい真似をしてみろ。……無事にこの街から出られると思うな」
 「………重々、承知しました…」
 実の父親の命令と、多くの人々の無言の圧力を受け、ギルバートはそう頷かざるを得なかった。




 「………済まないが、そちらの話は終わったか?」
 唐突に響いた声に、おもわずそちらを見遣る。
 「あーー……悪ぃな、お取り込み中のトコよ。お嬢ちゃんちっとばかし時間くれねェか?」
 声を掛けたのはこの街の守衛隊長ギムレットと、先日の防衛戦の際に力を振るった人物……『魔法使い』を自称する、特異な服装の男だった。


 ――場所を変えよう。
 魔法使いの言葉により、現在一同はノートの私室……もとい、医務室へと集っていた。どうやら魔法使いはノートに用があるらしく、声を掛けられた彼女はお行儀よく、寝台に腰掛けている。

 「……失礼ながら、単刀直入に訊こう。」
 魔法使いは改まってノートに向き直り、黄金色に怪しく輝く瞳を開き、問うた。
 「君は、『魔法』が使えるのか?」


 「ん……ん……? ま、ぉう…つか、ぬ…か……?」
 「……君は、『魔法』が、使えるのか?」
 「……すまないが、魔法使いマギウス殿。彼女は言葉が…」
 「んん………えす、と、みぅ……いぅえ、すに、ん、み………。 んいい……えす…と、みぅ……」
 俯き、申し訳なさげに言葉を紡ぐノート。
 「んいい………えす…と… ごねんなさい」
 たどたどしく謝罪を述べる彼女を見て………魔法使いは、ゆっくりと頷いた。


 「イ・ハーヴェ・ス・ディ・コーマ」

 突如響いた、聞き慣れぬ言葉。
 ひときわ大きな反応を示したノートは、弾かれたように顔を上げ、大きな目をまんまるく見開いていた。

 「ディテ・アーヴァ・トリマ・イ・ニス。スィ・シン、……ズィーク・ヤー」
 「えあ………えああ…………やうす。…やうす」
 魔法使いの掛けた言葉に反応し、しきりに頷き……ついには涙を零し始めた、ノート。
 ……意思の疎通が、言葉が交わされたのは、明らかだった。


 「……………嘘だろオイ。 ……話が…通じた?」
 「魔法使いマギウス……殿!? その…その、言葉は……!」
 目の前で繰り広げられた光景。…それが何なのか理解すると同時、問いが飛んだ。
 「……所々、癖のようなものも在るが。……そうだな、かつて『我等』が用いたとされる言葉と、よく似ていよう」
 「我等……とは、まさか……」


 「………そうさな。『魔族』と呼ばれた者だ」




 突如告げられた事実に、絶句する一同。聞き慣れない言葉とは思いながらも、それが魔族のものであるとは思いもしなかった。
 当のノート本人は、突如として鳩が豆鉄砲食らったような顔になった一同を見回し、何事かと目をしぱしぱさせている。


 「で…では……! では………この子は………」
 目に見えて狼狽え出し、見る見るうちに顔が青ざめだすケリィ。まさか、と続ける声は、もはや言葉にならない。
 「それ・・は違うだろうな。…確かに人間離れした容姿ではあるが、かといって魔族らしき点は見受けられぬ。……育ての親が用いていた、ということもあろう。出自について、何か知らぬのか?」
 「いえ、その………聞き出そうにも……言葉が通じず………」
 「……成程な」
 一同の視線が、自然とノートに向かう。一方の彼女は一瞬たじろいだ様子を見せつつも、『こいつら何の話をしてるんだ』といった疑問の方が…好奇心の方が勝っているようだ。相変わらずきょとんとしている。

 「しばし、彼女を借りても良いだろうか?……言葉が全て通じるとは限らぬが、幾らかの事情は聞き出せよう」
 「……すまない。私も同席させてくれないか? 話に加われなくとも構わない。…ただ、聞かせてほしい」
 魔法使いの問いに、ギルバートも乗っかる。
 「まぁ……良いんじゃね?こういうのは専門家に任せた方が良さそうだ。お嬢も大勢に囲まれるよりは……『話のわかる』少数の方が良いだろ」
 「…………そう、だな。我々は少々外そう。……魔法使いマギウス殿、彼女を宜しく頼む。……愚息が何か仕出かすようなら、遠慮せず斬って構わない」
 「うむ。心得た」
 「……大人しくして居ます」
 「…? えああ?」




 ノートへの聞き取り調査を任せ、医務室を後にする三人。
 皆一様に、思い詰めたような顔をしていた。

 「魔族の言葉……か」
 リカルドは戸惑いつつも、どこか合点がいったかのようであった。
 「……ならば、その………彼女が魔法を使えることの説明も…つきますが……」
 「気にする程の事じゃねーだろ?別に何者であれお嬢はお嬢だ。カワイイお姫様であることには変わり無ぇーし、この街の救世主であることに違いは無ぇ」
 不安げな様子を見せていたケリィも、その言葉に曖昧ながらも頷いた。
 「それに魔族ってもな……全部が全部敵ってわけでも無ぇしな。魔法使いマギウスの旦那なんか良い例じゃねぇか」
 「………すみません、その……彼は、一体何者なんですか?」
 「あー……そっか。出不精だもんなぁ…旦那は」
 「…竜の瞳を持つ魔族。私も直接まみえたのは初めてだがな………」
 隊長二人は勿体つけたように間を空け、告げた。

 「彼の名は……ディエゴ・アスコート。魔族の魔法使いにして…」
 「いわゆる宮廷魔導師ってやつ。その一人だよ。……この国のな」







 ――時を同じくして。

 ここはアイナリーの南門。その周辺が、にわかに騒々しさを増していた。周囲に押し掛けた人々の視線と興味は、二人の旅人に向けられている。
 その視線の殆どは………戸惑い。


 「……なんか、今までのトコと様子が違うな。…まぁ別に、熱烈歓迎してほしい訳じゃ無ぇけど」
 「………………………」

 二人の旅人は、ある種異質な装いであった。
 片や、灰鼠色のフードを目深に被った、小柄な影。
 片や、白地に金縁の外套を纏った、整った顔立ちの青年。
 これだけであれば、よくある旅人ないしは行商人の装いとも言えた。人々もここまで戸惑いを露にしなかったであろう。


 「……おいヴァル。さっさと行こうぜ。腹へった」
 小柄な人物が相方に声を掛けるも…反応がない。
 見ると、白地の外套を着込んだ青年……ヴァルは、険しい表情のまま…
 とある方向を注視していた。

 「おい、どうしたヴァル」
 「………ネリー。宿屋を探しておいてくれ。後で出向く。………俺は…急ぎの用件が出来た」
 「は? ……あっ、おい!」

 相方の制止も待たずに、駆け出す青年。彼の背中を、街の人々の視線が追った。


 人々の、困惑と警戒の視線。……それは、
 ヴァルと呼ばれた青年の腰に吊られた細長い物体、

 ―――白一色の剣……『勇者のつるぎ』に注がれていた。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く