勇者が救世主って誰が決めた

えう

11_群の脅威と生への執着

 まばらな木々と低木、そして下草に覆われた大地を、非常識な速度で疾走する人影があった。その人影は白い髪と白い肌、手には白い剣を持ち、近くの砦の所属を表す上衣を着ていた。
 ちなみに下は当然のように履いていない。剥きだしてあった。


 (頼ってくれた!頼ってくれた!!……仲間として、認めてくれた!!)

 巻き上がった砂煙すら彼方へ置き去りにし、満面の笑顔で疾駆する。


 (頑張ろう!役に立とう!!そうすればきっと許してもらえる!大事だいじにしてもらえる!)

 生まれ変わってから過ごした孤島は、千年規模の鬱蒼とした樹林に覆われていた。その環境でおよそ一年に渡り、身体づくりをこなしてきた自分にとって、この程度の森を駆けることなど造作もない。
 ましてや潤沢な魔力にものを言わせ、『身体全強化リィンフォース』を常時使用しているのだ。こんな『草原に木が生えた』程度の森など、恐るるに足らず、である。

 ……とはいえ。外套を置いてきたのは、少々失敗だったかもしれない。
 いつも身に纏っていた、あの外套の頑丈さに慣れてしまったせいか、いつもと同じ感覚で何度か枝葉に突っ込んでしまった。……結果は悲惨なものであった。
 ただでさえ、いつ処分されてもおかしくない、危うい立場なのだ。これ以上・・・・、借りている衣類を失うわけにはいかなかった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


 砦内の練兵用地から文字通り飛び出し、黒煙四本の上がる方角へと弾丸の如く駆け出して、しばし。


 それは、幅四m程の小川を飛び越した際のことであった。
 「!?んいぃぃ………っ!」
 不意に身体中を襲った気配に、鳥肌が立った。

 思わず歩を止め、周囲を見回す。強化された知覚力でもってしても、異常は見られない。念のためにと、出力を極限まで落とした能動探知ソナーで探ってみても、結果は変わらずであった。
 ……元凶は不明だが、あまり時間を掛けるわけにはいかない。
 そう判断を下し、再び足を踏み込み駆け出すと同時。

 「!!?んん…っ!?」

 またしても、原因不明の刺激が身体を襲った。
 ……いや、刺激の出処ははっきりしていた。

 兵卒用の衣類であったが、用途上の都合から、着心地よりも頑丈さが優先されることが多かった。
 現在ノートが支給されている上下もその『頑丈さが優先された』衣類であり、ごわごわだった。
 通常は肌着を身に着け、その上から着用する前提であるため、肌触りはそこまで重要視されてはいなかったのだが、不幸なことにノートには、その類の備えは皆無であった。

 加速を生み出すために大きく踏み込んだ、脚。
 その逆側の脚を大きく前に出した際に、突っ張られるように広がった下履きのある部分……具体的には脚を通す二本の筒の合流地点、その『ごわごわ』が、
 ………ノートの剥き出しの、とても大切なところに、牙を剥いて襲い掛かったのであった。

 なんということだ。急がねばならない。急いで駆け付け、一人でも多く仲間を救出しなければならない。しかし急ぐと、…脚を大きく広げると、……ごわごわなところでごわごわされてしまう。





 ……じゃあ脱げばいいや。



 常人には計り知れない思考回路で危機を乗り切ったノートは、

 再び弾丸のような、理不尽な速度で駆け抜けていった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


 そういった経緯から、既に貸与された装備の半分を失ってしまっている。
 上衣は枝葉に引っ掛かり、あちこちボロボロだ。これ以上の喪失は、たぶん……怒らころされる。

 慎重な疾走を強いられ、速度は明らかに落ちていった。


 果たしてこのままで間に合うのだろうか。不安に駆られ、慎重に出力を絞りながら能動探知ソナーを放つと……
 多くの人と、それに大挙して押し寄せる……その何倍も多くの『モノ』の反応を捉えた。

 戦線に出ている人は、百を割る程度。…その少し後ろで、恐らく補助に回っているのも含めても、それでも合わせて百五十ほど。一方相対する『モノ』は、………千に届くのではないだろうか。
 『モノ』どもと人との間には、まだ幾らか距離はあった。そこかしこに広がる熱源と、空に昇る狼煙のものではない黒煙。……恐らくは炎を、障害物としているのだろう。
 とはいえ、当然のごとく迂回しようとする『モノ』もいるようだ。今はなんとか押し留めているが、迂回に回ろうとする『モノ』達が多い。……そう遠くないうちに、人が食らいつかれるだろう。



 『あんふぁ目覚めよあんるふ呼べよめいくーあ我が四肢よ

 矢面に立っている兵士が食いつかれては、当然迎撃の手が緩む。
 そうなったが最後、絶対的数で勝るあの『モノ』どもは、一挙に突破してしまうだろう。
 そうなったら、終わりだ。


 『くりーどます我が意にべーうぇ従えまーくずぃーぐ力を示せ

 前線を支えている兵士の反応の後方には、また別の…はるかに多い、人の集団反応。
 恐らくは、非戦闘員。……あの『街』の、住人だろう。
 強化された目視で確認できる距離まで近づき、その戦況がよくわかった。

 このままのペースで駆けても、恐らく間に合わない。


 ………なら、ここから・・・・蹴散らせばいい・・・・・・・


 『まーふあ形をふぉーあ成せ

 その場に足を止め、白亜の剣を振り上げ、剣先を向けて狙いを定める。
 距離は、およそ三キロ。……充分、いける。
 幸いにして細かな狙いは必要ない。
 コッチから右側は人を巻き込む恐れがあるが、コッチから左側はひしめく『モノ』どもだけだ。

 ……遠慮は、いらない。


 『――――――りひと光よ……いる在れ

 白い剣の切っ先から、光が奔る。



 放たれた光は、文字通り光の速さで突き進み、
 人の群れの様子を窺いつつ蠢く『モノ』ども、『魔殻蟲』の群れに突き刺さり、突き抜け、
 直撃を受けた『モノ』は瞬時に焼き切られ、近距離に居た『モノ』はその熱で、中距離に居た『モノ』は熱膨張による大気の衝撃でもって、

 そのおよそ半数を、消し飛ばした。




 ……

 …………

 …………………えぇ………



 この身体の魔法適性を、完全に甘く見ていた。

 元々アレ・・は、そんな魔法じゃなかった筈だった。
 切っ先を向けた方向へと直進し、着弾とともに爆ぜる、鋼すらく熱をもった、光の矢。
 少々魔力を・・・・・多く注げば・・・・・、敵陣の真っただ中でいい感じに爆ぜて混乱を誘えるだろう…と思っていた。

 それどころじゃなかった。
 発射と同時に着弾する速度以外は、殆ど別物へと変わり果てていた。

 手のひらをせいいっぱい広げたくらいの太さの、光の柱。
 それが突き進み、膨大な熱量と大気の衝撃でもって、敵陣に大穴を穿っていた。
 混乱を誘うどころか、魔殻蟲の群れは今やこちらを脅威と認識したようだ。

 ………なにが光の矢だ。矢なもんか。これは砲だ。


 赤々と不気味に光る、無数の眼をこちらに向け、威嚇するように顎を鳴らす。
 ……正直滅茶苦茶気持ち悪い。

 生前から虫は苦手だった。生まれ変わってからは更に嫌いになった。
 過ごしやすいからってひとの住処に入り込んできやがって。気づかないうちに遠慮なく血を吸っていきやがって。食べ残しにたかったかと思ったら気持ち悪い速さで逃げやがって。

 そんな虫が、ものすごい数がこっちを見ている。正直吐きそうだが、いい機会だ。
 ………駆除しようころそう


 「り・いんふぉーす身体全強化、………いる有れ


 敵陣まで一直線に開いた空間を、全強化された身体で駆け抜ける。障害物も何もない、文字通り一直線。最初から最高速度だ。
 およそ三キロ、彼我の距離を瞬く間に詰め、左下に下げていた剣を両手で振り上げる。反応が追い付いていない先頭の蟲を顎下から真っ二つに割ると、勢いを殺さぬよう一回転し、今度は左上から横薙ぎに振り切り、その後ろの二匹を同時に斬り捨てる。
 近くで見る『魔殻蟲』は、大きな蜘蛛のような気色悪い造形だった。赤黒い外骨格を黄色の幾何学模様が彩り、その顔には左右四つずつの真っ赤な複眼。その下には大顎と、なにやらうごうごと蠢く口元のなんか気持ち悪いやつ。それがうつ伏せになった人間ほどの大きさで、甲殻の擦れる甲高いを立てているのである。……気色悪くない筈がない。

 なるべく奴らの身体を凝視しないように、足を止めずに敵の集団に突っ込む。脚を切り払い、頭を落とし、背を割り、顎を砕く。なにしろ周囲全てが敵である。余計な気遣いも心配も必要ない。
 ……気遣いといえば、街の様子はどうだろうかと能動探知ソナーで探るが……心配はいらなかった。明らかに勢いの落ちた蟲の群れは、街の外壁上からの迎撃……雨あられと降り注ぐ矢やボルトで、押し留められていた。
 ならばあちらは心配ない。こちらのみに集中すればいい。
 腰だめに白剣を構え、足元を吹き飛ばしながら突っ込んでいった。





……………………


………………………………………


 …どれくらいの数、斬り捨てた頃だろうか。なにやら身体の様子がおかしい。
 身体全強化リィンフォースは切れていない。魔力枯渇ではない。……ではこの痛みは何だ。
 目の前の蟲を斬り捨て軽く飛び退り、敵の群れを見据え油断なく構えつつ、思考を巡らせる。
 手足に残る、雑多な擦り傷ではない。もっと奥底から響くような、身体を内から・・・・・・焼かれるような・・・・・・・………!?

 唐突に思い至り、蟲の群れから更に距離を取る。
 隙を晒さぬように腕を見やると、…やはり。


 元々真っ白かった肌は、痛々しい程に赤く、まだらに染まっていた。


 (やられた………!体液!!)
 多くの蟲を斬り捨てたことで、おびただしい返り血…もとい、奴等の体液を浴びてしまった、剥き出しの手足。

 それはちょうど、蟲の体液を浴びたあたりが、爛れたように赤く変色していた。






 潤沢な魔力による身体強化に守られた、魔王の身体。
 一見無敵とも思える身体だが、判明した限りでも二つの弱点があった。


 一つは、身体強化のひとつ、外装硬化リジットの特性によるものだった。

 外装硬化は魔力を身体の表層付近に纏う、鎧のようなものである。自身の魔力を用いて鎧を形作り、それを着込むことで身体損壊を防ぐ。しかしながら、この魔力の鎧は『衝撃だけではなく、自分のものを含めたすべての魔力伝達を阻害する』働きを持っていた。
 敵の魔法を防ぐためには妥当な効果だが、問題は『自分のものも含め』魔力が遮断されるほうである。身体の外側に外装硬化を展開していた場合、その外側への魔力伝達が不可能になる。
 ……要するに、魔道具が使えなくなるのだった。
 これは勇者の剣まどうぐを使用する者にとって、決して無視できない問題である。
 そもそも身体の表面に展開される外装硬化は、『自分の装備品の接触』すらも外部刺激として拒絶する。装備を着込んだ状態で、体表面に外装硬化を使用したが最後。……すべて・・・の装備が、弾け飛ぶこととなる。

 これらの不都合を解消するため、一般的な外装硬化リジットは『自身の表皮の少々内側』に展開されるように、調整が成されている。もともと自分の身体から編まれた魔力である。反発もせず、押し除けもせず、表皮の内側に展開させるには、さして苦労もなかった。
 これにより身体の表面の反発を防ぎつつ、接触した魔道具への魔力伝達をも可能とし、一方で受けた被害は文字通り『薄皮一枚』で防ぐ。理想的な外装硬化魔法は、完成を見たのであった。

 …中には部分的に展開位置を調整する者、あえて何も身に着けずに徒手空拳で闘おうとする猛者も居る………かもしれないが、ノートにそんな趣味は無い・・・・・・・・ので、あくまで一般的な外装硬化を行使していた。

 少々話が逸れたが、つまり防御を外装硬化リジット、あるいはそれを含む身体全強化リィンフォースに頼っている限り、常に体表面の受傷は避けられないのである。


 これだけであったら、そこまで深刻にはならなかっただろう。
 表層が削られても、重要部位は無傷なのだ。戦闘続行に何の支障もない。


 しかしながらそこに運悪く、二つ目の弱点が重なった。

 魔王の身体には、毒をはじめとする状態異常に対する免疫が、無かったのである。


 厳密には、殆どのヒトにそういった免疫は備わっておらず、それら免疫を先天的に備えているのはごく一部の魔族や魔物など、一握りであった。
 免疫を持たないその他のヒトたちは、当然のように対抗策を講じていた。
 魔力に秀でた者は、状態異常回復リカバーの魔法を。魔法の不得手な者は、治療薬を。
 歴代の魔王……というよりも魔族のほぼ全てが、当然のように状態異常回復魔法リカバー、あるいは状態異常抵抗魔法レジストを使用できたのだ。免疫を持たないことに対する不都合は、生じていなかった。

 しかしながら、今まで状態異常回復魔法を必要としてこなかったノートにそんな心得は無く、


 ましてや敵陣の真っただ中、ボロボロの上衣一枚しか身に着けていない彼女に、

 ………治療薬など、ある筈も無かった。












 (いたい。…………いたい。……………………いたい。)



 ……どれほどの時間が、経ったのだろうか。

 毒の治療は、早ければ早い程、助かる確率が高くなるという。



 であれば逆は…………言うまでもないだろう。





 腕が痛い。脚が痛い。

 頭が。胸が。腹が。目が。指が。



 最初の頃は微かな違和感程度だったが、今ではもう立っているのが、剣を握っているのすら苦痛なほどの、全身を蝕む痛みに襲われていた。

 特に、脚の症状は、……酷い。
 何より見渡す限りの地面全てが、文字通り足の踏み場もないほどに、奴等の体液で染め上げられている。
 ……動けば動くほど、踏めば踏むほど、剥き出しの足裏を容赦なくいていく。

 得意とする筈の近接戦においての機動と、
 両手で構えた剣に次ぐ、攻撃の要。

 ……そこは、被った奴等の体液と、戦闘における酷使とによって………目を覆わんばかりの有り様へと、成り果てていた。

 踏み込み、斬り捨てた蟲の返り血を浴び、
 背後から飛びかかる蟲を、かかとで半ば無意識に蹴り砕き、

 「ッッ!! ぎぃぃいぃ……ッ!!!」

 そのたびに衝撃で、被った奴等の体液で、焼き鏝を押し当てられるような痛みが響く。
 このときばかりは下履きを脱ぎ捨てたことを、後悔せざるを得なかった。


 「ぁあ……………ああ゛あ゛あ゛!!!」

 吼えるように剣を薙ぎ、もう一匹の頭を叩き斬る。
 握るだけで刺すように痛 む指は、既に感覚 が怪しくなっていた。もしかすると もう何本か腐り 落ちているのかもしれない。


 (いたい。…………いたい。……………………いたい。)



 「あ゛………う゛う゛……あ゛…………!!」


 舌が回らない。口 が動かない。

 どうやら ついに 中枢を司 る … …  相当 危  険な    部分にまで 、

 毒  が回 って   きた  ら   し い 。


 目 が    霞む。    耳鳴り   がす  る。

 頭痛 は もはや痛み   の次 元を      通り越 し   、
 頭 に 鉄杭  でも 刺さって いるのか   と 錯覚す る 程  。


 ふらつ く身体を、 割れ 砕けそう な 脚に 鞭打ち、必死に 支える。
 今ここで 倒れた ら、   死  ぬ  。

 間違い なく、 死ぬ。





 間違いなく………死ぬ・・


 「じに……だ………ぐ…………ない゛…!」
 動きが止まったのを好機と見たのか飛び掛かってきた一匹を、斬り飛ばす。

 こんなときでも剣の間合いに最適化された『勇者の意識』は、今にも砕け散りそうなノートの意識とは裏腹に……半ば無意識に、的確に敵を駆逐していく。



 「ッあ゛ーーーっ……、 ッ、、 あ゛あ゛ーー……!」

 剣を振りぬくだけで全身が砕け散りそうな痛みが走り、堪えきれず唸り声が上がる。



 (しに……たく…………ない)

 奥歯を砕けんばかりに噛み締め、消し飛びそうだった意識を必死に叩き起こす。

 「ふーーッ!、……ふーーーッ!」
 緩慢な動作で、それでも意地のように剣を構え、
 自らの出血で真っ赤に染まった、うつろな視線を上げると…


 距離を取り、様子を窺いつつも
 こちらを完全に包囲する、当初よりは幾分と減った……それでも百には届こうかという『ヤツ』らの姿。





 (………………ちく、……しょう)


 万策尽きた今の彼女には、
 自分が毒に倒れるよりも先に、奴らが退くことを祈りながら、

 それでも、一匹でも多くの魔殻蟲を駆除するしか、道は残されていなかった。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く