勇者が救世主って誰が決めた

えう

08_お湯とお水と命の危機

 「ああ全くもう!信じらんないわあの男共!こんな可愛い女の子をすっ裸で連れ回して!罪悪感とか無いの!?何とも思わなかったわけ!?」
 「え、エリーさん……落ち着いてください……この子怯えちゃってます……」


 目の前で二人の女性兵士が、何事か言い争っている。


 こわい。物凄い剣幕だ。これはマズイ、とてもマズイ。
 「取り急ぎ水は張ったけど……さすがに沸かすの間に合わなかったわね……すっきりさせてあげたかったけど…」
 おそらくこの部屋は浴室。であればあれは風呂桶だろうか。中ほどまで水が張られた枡に手を突っ込み、ざばざばとかき回している。


 ……もしかして、お風呂に入りたかったのだろうか?
 入りたかったのに入れないのを怒っているんだろうか…?


 「ミナごめん、ちょっと釜元見てきてくれない?沸かせるようならもう沸かしちゃえって。ていうか沸かせって頼んできてくれる?」
 「わかりました。行ってきます。……ついでにその子、着れるものあるか見てきますね」
 「ごめん、そっちも頼むわー……たぶんしばらく掛かると思うから」
 「はい。了解です」
 …何かを頼まれたのか、女性兵士が一人出ていってしまった。


 残されたのは自分と、……たしか何人かに「えりーさん」と呼ばれていた、纏め役であろう兵士。
 やや赤みがかったブラウンの髪を後ろに纏め、気の強そうな鳶色の瞳には、困惑の様相が見て取れる。
 最初に引っ捕らえられたときにはもう数人居たのだが、ここへ連行される途中で『えりーさん』に色々と指示され、あちこちへと散っていった。

 ……恐らく、この『えりーさん』こそがここのボスなのだろう。俗に言う『女帝』というやつだ。これはとてもマズイ。ヤられる。


 「ええっと……これ、お風呂。お湯。わかるかな………『お湯』。『お、ゆ』」
 『えりーさん』は何かを考えるように顔をしかめたかと思うと、そう話し掛けてきた。

 「お、ゆ。お水の……ぽかぽかしたやつ。お湯。……わかるかなぁ」
 「おー、ゆ……? み………ぽかぽかし、や……ゆ………??」
 ……待ってください。少し待ってください。ええと…
 しきりにアクセントをつけて発している『おゆ』。それがおそらくは最も伝えたい単語。そして、風呂桶を指差しながら発した『みず』。多分風呂桶の中のものを示しているのだろう。

 「んー……えあ、んんー……………み、ず?」
 風呂桶を指差し、訊ねてみる。
 「そう!お水!おみず!わかるの!?」
 「お、みず? ………かる…? ………んんー?」
 返事にわからない単語が含まれていたが、『えりーさん』の表情を見るに、どうやら『おみず』で合っていたらしい。ということは『おゆ』は……この『おみず』に近いもの…?『ぽかぽか』とは?


 「うーーん………やっぱ通じてるわけじゃないみたいね…異国の言葉なのかしら……」
 ……『えりーさん』が何か考え込んでしまった。
 待って。待ってほしい。まだ状況が少しも理解できていない。彼女は僕に何を要求しているのだろうか。考えなければ。今後の僕の行動が、そのまま今後の扱いに直結されると考えても過言ではない。下手なことはできない。

 「え、えあ……………いる、う、おみず。おみず。………お、ゆ?…んい………お、ゆ?」
 『おみず』はわかった。では『おゆ』は何なのか。何かヒントは貰えないだろうか。そう思い、おそるおそる訊ねてみる。
 「お湯?お湯はお水の暖かい……えっと………あたたかい……ぽかぽかするの……ええっと………うーーん…」
 ……なにやら唸ってしまった。眉根に深い皺が寄っている。…ものすごく機嫌が悪そうだ。カンに障ってしまったのかもしれない。

 ………こわい。もうだめかもしれない。


 込み上げる悪い予感に恐れおののいていると、不意に水音が響き渡った。
 見ると、水を湛えた大きな枡……風呂桶の接する壁穴から、勢いよく水が流れ出していた。

 ………水?

 「あー!ナイスタイミングだわ!!ほらお姫ちゃんこっちこっち!」
 水の流れ出るほうへと手招きされ、素直に従い、近づく。すると肌に今までとは異なる湿気と……熱を感じた。
 「ほらこれ!お湯!これお湯!ぽかぽかするの!」
 なんだか盛り上がっている。とても嬉しそう。ご機嫌な『えりーさん』は僕の手をとり、じゃばじゃばと響く音の源へと導いていった。
 「お湯。わかるかな……お湯」
 「えあ…………お、ゆ? …………おゆ?」
 「そう!お湯!」
 「んいい………………やうす。おゆ」
 今触れている『これ』が、『おゆ』。……ならば。

 風呂桶の中に貯まっている、未だ温度の低いそれに触れながら、『えりーさん』に聞いてみる。
 「んい、……おみず?」
 「そう!冷たいのがお水!すごい!もう覚えたの!?」

 なるほど、わかった。『おみず』の温度が上がったものが『おゆ』。ならば『ぽかぽか』とは温度か上がった状態を示す言葉だろう。


 つまり、やはり彼女は暖かいお風呂に入りたかったのだ。
 それなのに男性兵士が何か問題を起こして、お風呂に入れなかった。だからあんなにご立腹だったのだ。
 ではここで彼女に好印象を与えるためには。……自分の命を守るためには。

 『おみず』を、『ぽかぽか』にすれば良いのだ!




 「エリーさんすみません!司令がお呼びです!」
 「え、ちょ!?こんなときに……!?今じゃなきゃダメなの!?今お姫ちゃんで手一杯なんだけど!」
 「えっと……その子の様子を伺いたいらしく………リカルドさんも心配されてまして…」
 突然駆け込んで来た女性兵士と『えりーさん』が、なにやら話をしだした。……すると次第に雲行きが怪しくなってきた。『えりーさん』の機嫌がみるみるうちに悪くなっていく。
 これはとてもマズイ。

 「あーもーわかったわよ……ごめんケリィ、代わりにお姫ちゃん見ててあげて。かなりいい子だから大丈夫だと思うけど…」
 「わかりました。……えっと、お湯はまだなんですよね?」
 「そうみたいね……今出始めたばっかだからまだ掛かりそう。ミナが着るもの持ってくるまでタオルか何か掛けてあげて。すぐ戻ってくるから!」
 「わかりました。行ってらっしやいませ」

 ……何か非常事態でも起こったのだろうか。ボス自ら出向かなければいけないような。
 ともあれこれはチャンスだ。戻ってくるまでにぽかぽかにしておけば、『えりーさん』の好感度アップ間違いなしだ。




 ―――言うまでもなく非常事態の原因はノートであり、起こったというよりも現在進行形で大騒ぎであり、そもそもえりーさんはボスではないのだが、そんなことは知るよしも無かった。
 彼女の頭の中はぽかぽかで一杯だったのだ。



 「えっと……こんにちわ、お姫さま。…わ、本当に綺麗ね……あっ、ごめんね、怖がらないで。大丈夫だから、ねっ」

 ぽかぽか作戦のために気合いを入れたところ、先程入ってきた女性兵士に話し掛けられた。
 明るい栗色の髪をショートに揃え、ライトブラウンの目を細めて柔らかい笑みを浮かべている。…こちらに危害を加えるつもりは無いように見えた。

 「んい、……………………んいい…………」
 「あっ………えっと…言葉が違うんだっけ………どうしよう…」
 話し掛けられたものの、どうしたものかと答えあぐねていると、みるみるうちに女性兵士の眉が八の字になってしまった。
 ……困らせてしまった。どうしよう。ボスにチクられたら殺される。

 「え…えあ!のーと!のーと!めい、なー!のーと!」
 自分を指差し、必死に名乗る。今の自分に出来るのは自己紹介くらいだが、泣き言は言ってられない。なんとかして話を繋がなければ。
 「えっと……ノート、ちゃん?」
 「やうす!のーと!」
 やった。通じた。
 自己紹介は基本である。自分が名乗れば、大抵相手も名乗ってくれるはず。これで取っ掛かりは大丈夫そうだ。
 「わたしは、ケリィっていうの。…わかるかしら……ケ、リ、イ」
 「んい、…………け、に、い?」
 「……ふふっ、そうよ。ケリィ」

 シミュレーション通り。完璧ではないか。これで無事、お互いに名前は伝わった。ここから和やかな会話のキャッチボールが始まるのだ。そしてあわよくば好感度を上げ

 「お姫さま……ノートちゃんは、どこから来たの? ……えっと、お洋服とかは……無くしちゃった? ………その、ね…………恥ずかしかったり…しない?」


 ―――言葉が通じなければ、どうしようもなかった。




 「……あ、あえ……………あええ………」
 「…! あっ、ごめんね…!寒かったよね?ちょっと待っててね!!」

 ―――得意気な顔から一転して顔面蒼白、震えだしたノートを見て、ケリーはタオルを探しに脱衣場へ、その隣の洗濯室へと駆け込んでいった。
 一方のノートは希望を打ち砕かれた様相で、その透き通った瞳からは今にも光が消えそうだった。



 …マズイ。困らせた。失望させた。チクられる。殺される。どうにかしないと。どうにかして挽回しないと。殺される。好印象を与えないと。急がないと。早くしないと。殺される。急がないと。



 ―――被害妄想で切羽詰まったノートは、当初の作戦を迷わず実行に移した。幸いにして、ぽかぽかにするための方法は心当たりがあったのだ。


 島で火種を作っていた、独学の魔法。それは『魔力』を『魔力』で一点に圧し固め、超高圧にすることで温度を上げ、物体の温度を燃焼温度まで強引に引き上げるという、極めて非効率的なものであった。
 ただその特性から『着火以外にも転用が利く』というメリットがある。事実、過去何度か身体を洗う際に利用していた。

 ―――それを、風呂桶に張られた水に対して使用する。

 縁から身体を乗り出し、水に両腕を肘までつける。風呂桶はそこまで深いわけではなかったが、何しろ身体が小さかった。……なんとか底に指数を本届かせたあたりが精一杯で、みっともなく脚を広げ、太股と膝とで縁を押さえて必死に踏ん張り、前に転がりそうになる身体をなんとか支えていた。
 縁が筋肉の薄いおなかに食い込み息苦しいが、泣き言を言っている場合じゃない。気合いを入れ直す。

 温める対象を見定めて、魔力を流して。同時に周囲の魔力を固めて、圧力を高めていく。
 少しずつ流す魔力を増やし、慎重に慎重に調整していく。目指すのはあくまで『ひとが温まるための温度』だ。沸騰なんてさせたらその場で釜茹でに処させるだろう。上げすぎないように、それでいて時間を掛けないように。慎重にいかなければ。

 そうして魔力を流し続けることしばし。風呂桶の中身が水からぬるま湯、やがて人肌、……そして適温になった頃。


 「……お姫ちゃん?何してるの?」
 「んいいいい!!??」
 ―――周囲をシャットアウトし、意識を集中させていたノートは、唐突に響いた『えりーさん女帝』の声に文字通り飛び上がり、
 「え……お姫ちょおおお!?!?」

 ―――あっさりとバランスを崩し、
 頭から風呂桶に飛び込んでいった。



 「ちょ……!ケリィ!!お姫が!お姫が落ちた!!」
 「えっ!?……いやぁ!ノートちゃん!!」
 ろくな準備運動もせずに水に落ちるなど、彼女の小さな身体にどれほどの負荷が掛かるか知れない。
 狂乱する二人が駆け寄り、ノートを引き上げようと手を伸ばし……

 「熱っ! ………………!?」
 「………えっ…?」
 水ではない、ほどよい温度を保たれた『お湯』に気がついた。




 しばしの沈黙の後。
 「………エリーさん…お湯焚きって……」
 「……………まだ一刻も経ってないわ。沸く筈がない」
 つい先程まで『水』だった筈の『お湯』。
 身を乗り出し、それに今まで触れていた、彼女ノート


 ひとつの可能性に思い至った二人は顔を見合わせ、



 「………ぇぁぁ…………………、」
 前髪から雫を滴らせ、
 湯の中に居ながら何故かぷるぷると震え、
 どこか怯えた様子でこちらを窺う、

 真っ白い少女に、視線を向けた。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く