勇者が救世主って誰が決めた

えう

00000_むかし、むかし

昔々、遠い昔。ある国に勇者がいました。


その国は長きに渡り、魔王率いる魔族と熾烈な殺し合いを続けており、
人々も、土地も、財政も大きく傷つき……国が力尽きるのは、もはや時間の問題でした。
勇者はそんな国の切り札として、さまざまなものを犠牲にして『作られ』ました。
その『犠牲』の中には、勇者の大切なものも多く含まれていました。

勇者は止まることも死ぬことも赦されず、人のために魔族を殺す存在となってしまいました。





昔々、遠い昔。ある国を治める女王がいました。


女王は魔力の扱いが極めて得意な王で、人とは異なる姿形の者たちを治めていました。
しかしある人の国は、女王を『魔王』と、その国民を『魔族』と呼び、
あらゆる手段で、執拗に、徹底的に殺そうとしました。
魔族の民もまた、何を犠牲にしてでも人を殺そう、と思うようになりました。

そして女王はそんな国民に、だんだんと失望するようになってしまいました。




あるとき勇者は思いました。

『人なんて滅んでしまえばいい』と。


あるとき魔王は思いました。

『魔族なんて滅んでしまえばいい』と。




やがて出会った勇者と魔王は取引を交わし、
互いの望みを叶えるために……


―――世界を、滅ぼしました。








 …………………………………


千と数百余年の後。

かつて一度、滅びを迎えた世界。


わずかに残された人々が力を尽くし、長い年月を掛け、
ようやく再び世界中で暮らせるようになり、さらに長い年月が経ちました。




あるとき、蘇った世界の片隅で、
かつて世界を滅ぼした『勇者』が目覚めました。


それはとても、とても小さく可愛らしい、
愛らしい姿の『元・勇者』だったのです。

「勇者が救世主って誰が決めた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く