なんだかむしゃくしゃして

みょん

32

息がつまって仕方がない。
こんなのは嫌だ。
頭をパーにして床を転げるくらい
笑って笑って笑って眠りたい。
あとちょっと泣きたい。

明日も明後日も明々後日も
毎日を特別な日にしたい。
普通が幸せと聞いた事があるけれど
普通の人が普通に過ごしたとこで
そんなことは知らないよ。
そんなことを幸せと呼ばないよ。

夜の東京を車で走って
根拠もなく特別な存在になった気になって
翌日には平凡で平凡な人に戻る。
実際には何も変わってないんだと
再実感して落ち込む、あたしを誰も知らない。

パワーが欲しい。
アベンジャーズみたいなやつね。
あたしにしかないパワーだ。

明日も1秒ごとに、息を吸って吐くごとに
見えない砂時計を見過ごしながら生きます。

やっぱり頑張って生きます。

「なんだかむしゃくしゃして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く