なんだかむしゃくしゃして

みょん

25

今日はいつも以上に
酸素の薄い日々でした。
喉に詰まった文句や鬱憤
ついでに過去の悪口まで掘り起こして
ぶちまけました。
スッキリどころか思い出したせいで
明日も憂鬱に過ごすことでしょう。

ところでうちの猫が可愛すぎて
ぎゅうっと抱きしめたいけど
そのうち日本語でやめろと言われそうなくらい
ぎゅうっと抱きしめたいけど
嫌われたくないから我慢してます。
可愛いおじさん。

あたしの足を獲物に見立てて
狩を楽しんでます。怖い。
彼との共通言語がないから
もしかしたら本当に狩るつもりかも
しれないし怒ってるかもしれない
しってるようで知らないんだなぁ
猫科ふわもこ属

「なんだかむしゃくしゃして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く