なんだかむしゃくしゃして

みょん

20

同棲している彼の転勤が決まった。
県外で、もう一緒には住めない。

その日の帰りは彼の好きなものを買って
家に帰った。
我ながら馬鹿だと思う。
そんなことしても転勤が
変わるはずないし。

でもそんな気持ちだった。
好きなもの買ってあげるから
もっといよう。

さてこれからどうしようか。

「なんだかむしゃくしゃして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く