なんだかむしゃくしゃして

みょん

19

くだりのエレベーターを降りた瞬間、
突然、心臓の裏側にある柔らかい
人間的な部分を、両手でぎゅ〜っと
圧迫されて鼻の奥がツーンとなった。
ような気がした。
正確にはどこかなんて全然
わからないけど、
走ったりして心臓が痛くなるのとは
明らかに違った。
だって鼻の奥がツーンとしたから。
目から感情の塊は出なかったけど
なんでだろう。

事務員さんに名前の漢字を間違われ、
違うんです〜と言ったら
「どっちでもいいじゃん(笑)」と
言われたことを思い出したから?
どっちでも良くないよ。
親が意味を込めて付けてくれた名前
どっちでもいいわけないでしょ。
と、言えなくて悔しかったから?

それとも協力会社の質問に
上手く答えられず
笑ってノリで誤魔化したのを
見透かされた気がしたから?

なにがなんだかさっぱりだけど
私はやっぱり自分の居場所が欲しい。
それはきっと私がやらなきゃ
見つからない場所なんだと思う。
きっと大丈夫。
きっと上手くいく。


そうだよね…?

「なんだかむしゃくしゃして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く