なんだかむしゃくしゃして

みょん

15

電車通勤を始めて6ヶ月が経つ。
電車では本当にいろんな情報、人、匂いが
入ってくる。

今日、すごく懐かしい匂いがした。
ずっと昔のあの人がつけていた香水だ。
匂いが漂ってきたとき、
あの人の顔より、悲しくて虚しいという
気持ちの方が先だった。
余計な気持ちにさせられた。
そんなイラつきが次に出てきた。
つい先日結婚したあの人。
大好きで大嫌いだったあの人
これぞ黒歴史というもの。

私は戻りも、進みもできない。
今日も匂いに縛られ続ける。

「なんだかむしゃくしゃして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く