なんだかむしゃくしゃして

みょん

10

ここ1ヶ月程、ギターの練習をしているんだけれど
左手の指先が少しだけ硬くなった気がする。
それが嬉しくて事あるごとに左手の指先を
右手の指先で触って、昨日より硬くなったか
確認している。

最初は身を屈めてフレットを上から数え、
弦を下から数えながら抑える場所を確認していたが
今では定番のコードなら姿勢を正して目視せずに
抑えられるようになった。

嬉しい。

次がセーハという輩がとても難しい。
ペンッとマヌケな音がする。

難しい。

セーハに限って好きなメロディ内に
影の主役として君臨している場合が多くて
弾けないと物足りないし
弾けると腑に落ちるメロディになるから
絶対できるようになりたい。

こんな調子じゃ弾き語りできるようになるまで
時間がかかりすぎるし作曲もできない。
はやく上手になるために
はやく仕事を切り上げ
はやく家事をこなして
はやくギターの元へ行かなければならないんだ!

「なんだかむしゃくしゃして」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く