転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

早朝

彼は、初日だけは絶対に遅刻してはいけないと思って、早めに寝たことによって、4時くらいには起きてしまった。

(早く起きすぎた…
でも、遅刻よりはいいか。)

とりあえず、何もすることがないので、少しだけ身支度をした後に、鍛冶場に向かってみた。

正直、この時間からやっているとは思っていないが、それでも居ても立っても居られないので、行くことにしたのだ。

そして、鍛冶場についてみると、確かにまだやっていなかった。

しかし、すでに人の気配はしていて、準備を始めているらしい。

(早っ!
ここが異常なのか、それとも、それともほかの鍛冶場もこんな感じなのか…)

周囲を見渡すと、まだ朝日も出ていなく、街に光はなかった。

しかし、目の前にある鍛冶場だけが火独特の光を建物の隙間から醸ししていた。

(とはいっても、ここの鍛冶場周辺にはほかの鍛冶場は存在しない。
一般市民に関しては、こんな早朝から仕事をする必要もないはずだからわからないな。)

そんなことを考えていると、外に荷物を取りに来た鍛冶場の人に見つかった。

「ん?
君は今日来るって言われている研修生かい?」

「あ、そうです。」

「あれ?こんなに集合時間速かったのかい?」

「いえ、5:30集合だったのですけど、早くに起きてしまったので何もすることがないので、街を歩いていたのですが、すでに光が見えていたので、こんな早くから作業を開始するんだなと思っていたんですよ。」

「そうか…まぁ、だったら中に入るといい。
さすがにこの時間の外は寒いからね。
それに、この時間は人も少ないから、君1人いても特に問題はないだろう。」

どうやら、この時間帯にいる人は少ないらしい。

そして、彼は鍛冶場の中に入った。

外は寒かったが、鍛冶場の中はすでに鍛冶用の火によって温められていた。

「俺たちは基本的に5:30から営業を開始する。
それは、冒険者の中には早朝から出発しないといけない依頼を受ける人もいるため、その者たちの対応ができるようにするためだ。
しかし、早朝は気温が低いのでなかなか鉄が温まらない。
だから、この時間から部屋全体を温かくして、営業開始時間には万全のコンディションで挑めるようにしているんだ。
そこに席があるから温まっておくといい。」

案内をしてくれた人はそれだけ言うと、元の作業に戻っていった。

まだ鍛冶は開始されていないが、昨日見た時よりも、圧倒的に作業場に近くなっている。

そんな感動を覚えていると、鍛冶師同士の会話が聞こえてきた。

「今回は何人なんだ?」

「今回は4人だ。」

「4人か…その中で何人がこの鍛冶場に入ってこれるのか…」

「ここも結構大きくなったからな。さすがに研修生を全員入れることはできないんだろう。」

「そうだな。それにそもそも魔法の適正がダメな場合は,この稼業から手を引いたほうがいいだろうし。」

そう、何も研修生になった時点で鍛冶師になれるわけではない。

これから一緒に受けるであろう研修生の中には落ちてしまう可能性があるものもいるのだ。

そして、その可能性はもちろん、自分自身にもあるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く