転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

マジック?

その後も見学を続けていたのだが、ここで、元の世界とは圧倒的に異なる作業が登場した。

「な、なんだあれは…」

それは、鍛冶師たちが完成まじかの剣に手をかざし始めたのだ。

「ま、まさか…」

何も見えないのだが、確かに金属が光り輝き始めていることが分かる。

これが何によって引き起こされているのかはまだわからないが、確実に元の金属よりもよくなっていることが分かる。

「あれはいったい…」

そんなことを考えていると、作業は仕上げの段階に入ったらしく、入念に剣を観察し始めて、少しでも歪みがあると、そこだけを直すようになり、そのあとすぐに完成した。

「す、すげー。」

元の世界にでも何回か鍛冶をやっていたのだが、やはり本場というのは違うということを目の前で見せつけられた気分だった。

「どうだった?」

一通り終わったことが分かったのか、案内してくれた人がやってきた。

「すごかったです!
鍛冶の経験は少しだけあったのですが、それでもこのように実践的なものではなくて、一応興味があって作っただけの飾りのような鍛冶をしていたので、本物の技を見て感動しました!」

「そうかそうか…それで、何の属性の魔法が使えるんだ?」

「魔法?」

彼は、まだこの世界では魔法を使っていない。

この国に来た飛行船も魔力で動いてたのだが、そんなことを知らない彼は、普通に現実世界と同じような原理で飛行船が動いていると思っていたのだ。

「ま、魔法を知らないで鍛冶をしていたのか…
まぁ、良いか。
魔法というのは、この世で不可能を可能にする物のことだ。」

「不可能を可能ということはつまり可能では?」

「そういうことではない。
普通に生きて入れば、どうやってもできないようなことを魔力を使うことによって無理やり可能にするということだ。」

「???」

「しょうがない。
見ていろ。」

そういうと、鍛冶場の人は指先から火を出した。

「こ、これはマジック!?
この世界にもあったのか。」

「そのマジックというのがどういうものかはわからないが、これは確実に火だ。
可燃物にあてれば普通に燃える。」

「へ~」

目の前にある火が本物というのはわかるが、それでも原理に関してはどこかにライターか何かを隠し持っていると疑っていた。

「なんか理解していなそうだな…
まぁいいか。とにかくこのような能力があるのだが、この能力をうまく使うことによって、鍛冶のレベルをさらに上げることができるのだ。」

「わ、わかりました。」

「とにかく調べるためには一回専用の施設に行かなくてはな。
ついてくるか?」

「は、はい。」

よくわからないが、ついていかないと何も始まらないと分かったので、素直についていくことにしたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く