転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

違い

(よ、良し。
今度はしっかりと剣を作っている場所だな?)

今度は事前にしっかりと情報を入手して、剣をメインで作っている場所に来た。

カンッカンッ

金属を撃つ音が聞こえる。

(さて…入るか…)

今、彼はこの国に来た時とは違った緊張感を持っていた。

(ほ、本当に剣だろうか…)

さっきまで、あまり興味のない鎌の話を長時間聞かされていた人の身としては、また違うものを作っている場所で、興味のない物の話を永遠と聞かされるのが嫌だったのだ。

(まぁ、それでも入るしかないな。)

そして、彼は意を決して中に入ることにした。

すると中には、剣以外にも実践で使えそうなものが多く飾られていて、まさに冒険者の為の鍛冶場になっていた。

(そうそう。これこれ。
こういうところに来たかったんだ。)

最初の場所も別に悪いわけではないが、しかしやはり実践で使うように作られている物を見ると、心が躍ってきてしまう。

「ん?どうした?
冒険者…てなりでもないな。
うちの鍛冶場に何の用だ?」

入ったところで呆然と立っていたせいか、向こうから先に話しかけられてしまった。

「は、はい。
え~と。私はこの国で鍛冶の仕事につきたいと思っていまして、それでここの鍛冶場の仕事を見学させていただきたいのですが…」

日本人+この世界の者ではないという点が合わさってしまって、萎縮しきってしまったような口調になっている。

「そうかいそうかい。
まぁ、そういうことなら見ていきな。」

男はそういうと、中のほうまで連れて行ってくれた。

「まぁ、うちの国が鍛冶国家として有名なのは知っているだろう?
そのために、鍛冶場を作るときに、見学用のスペースを作ることが義務化されているんだ。」

連れていかれた場所は、鍛冶師たちの作業がしっかりと見えるように透明のガラスが張られた部屋になっていた。

「まぁ、ここの鍛冶場に関しては、剣が国指定は特にないから、飽きたらすぐに帰っても大丈夫だぞ?
飽きてまでずっと見せ続けられるほうが嫌だろうからな。」

そういうと、彼は見学室を出ていった。

「さて…本場の技術は…」

彼は、そこから真剣に鍛冶の現場を見続けた。

(なるほど、さすがに現代日本とは全然違うな。
そもそも、日本に関しては刀なのに対してここでは剣。
しかも、こっちでは一本にそんなに時間をかけられないから、効率を重視されている。
これは…日本での経験は全然役に立たないかもな…)

基礎的なところは同じだろうが、それでもこれは一から学ばなくてはいけないと考えるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く