転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

拳銃

その後、彼らは森の中に入っていったが、最初は、普通に森の外側で、薬剤採取などをしていた。

ちなみにアインも、魔法を使って、早々に必要な分だけは回収しておいた。

しかし、彼らが受けていたのは、薬剤採取だけではなく、モンスター討伐も含まれていたらしい。

(まぁ、森の入り口では、そこまで強いモンスターは出ないだろう。)

アインはそう考えていた。

しかし…!

なんてこともなく、普通に弱いスライムや、ゴブリンくらいしか出てこなかった。

(普通に安全だな。)

そして、その後も、強いモンスターは出てこなく、そのまま冒険は終わったかのように思われたしかし…

(この気配は…)

それは、3人の少年少女が完全に森を出た後に、アインは森に違和感を感じた。

(いるな…それなりに強い奴が…)

なぜこんな森にいきなり発生したかはわからないが、そこそこ強いモンスターが出たことが分かった。

それでも、放置しておけば、帝都の冒険者が倒してくれるだろうが、それでもできるだけ早く潰しておいたほうがいい。

(それに、そろそろ金も欲しいからな。)

別にアインの資金が減り始めいているわけではない。

それどころか、例年通り年々増えている。

しかし、その金に関しては、基本的にアインは使う気はなく、いざとなった時に、国の資金として使うつもりだ。

そして、アインは、自分がモンスターを討伐して稼いだ金だけを、自分の私利私欲の為に使うことにしたのだ。

(さて、どんなのが来ているか…)

そして、アインはその気配がある部分に向かっていった。

すると、複数の生体反応があることが分かった。

そして、アインがその生体反応の場所につくと…

「ひ、人か?」

なぜか、人間かを聞いてきたものがいた。

「人…?ですよ。」

アインは実際には人間ではないので、若干の疑問符をつけながら、その男の質問に答えた。

しかし…

「き、聞いたこともない言語…やはり蛮族か!」

そういうと、その人たちは、腰から拳銃を取り出した。

(拳銃だと!)

この世界で、アインはまだ拳銃を量産した覚えはない。

それに、今目の前の人間が持っている拳銃はこの世界で作ったものに比べてはるかに

(前世の者に似すぎている…)

しかし、今のアインには拳銃の銃弾なんか聞かないので、飛んできた弾丸を素手で握りつぶした。

「な、なんだと…」

地球には弾丸を素手でつかむ人なんかいない。

しかし、目の前では実際に弾丸を素手で止めている人間がいる。

「さて、どういうことか話してもらおうか…」

アインは言葉を理解していない者たちに対してそういうのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • らんすろー

    出たね。拳銃を持った転移者。
    彼等の 転移特典能力 気になります。
    彼等の能力で ピンチになった アインを 彼等を追って 転移して来た 親友が助けに来る、または 何度も互角の 戦いを繰り返して ライバルになり 友情が芽生えて 最後には 二人で 邪神を倒しに行くとか、燃える展開を 期待しています。

    1
コメントを書く