転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

Dランククエスト

そんなこんなで、街を歩いていると、だんだんと店も開き始めてきた。

(さすが首都だな。)

確かにアインはしばらくの間街を歩いているが、それでも、全世界から考えると、まだまだ総長という時間で、店を開くような時間ではない。

しかし、この街の商人たちは、まだ日が少し出てきたばかりの今でも開店準備を始めている。

(朝メニューとかあるのだろうか?)

前世ではあったが、この世界ではそもそも朝昼夜でメニューを分けるという習慣はない。

それに、この世界では素材も何が手に入るかが不安定になってしまっているので、あまり決まったメニューを作っておけないのだ。

それこそ、すぐ近くで取れる魔物の肉を使った料理なんかは大丈夫なのだが、高級料理店になればなるほど、素材もこだわりが強くなってくるので、決まったメニューを毎日提供することができないのだ。

(まだ時間はあるし、このまましばらくぶらつくか。)

正直言って、自分の国の首都なのに、ここの首都に関しては、自分はそこまで知らない。

それこそ、そこら辺の官僚のほうが帝都については知っているだろう。

「さ、ついでに冒険者としても行動しますか。」

アインはいくつかの冒険者カードを持っている。

もちろん一番大切なのは、アインとして持っている冒険者カードだが、他にもお忍び用にいくつかの冒険者カードを持っている。

普通、2つ以上冒険者カードを持っていることはないのだが、別に作れないわけではない。

それは最近の冒険者ギルド改革で可能となった。

しかし、その分偽装工作がしやすくなってしまったので、2枚目に関しては、それなりに高い料金を取ることになっている。

元々、2枚目の冒険者カードを欲しがるものなんて、それなりに名が知れているけど、普通に活動がしたい高ランク冒険者や貴族だろう。

アインだって王族だから目立ってしまうという理由で作っている。

「久しぶりにこのランクのクエストを受けるな…」

そういいながらアインが手に取ったのは、Dランククエストだった。

今回の目的は運動不足解消でも、国を災害から守るということでもなく、ただただアインが久しぶりに心落ち着くクエストを受けたかったのだ。

だから、このDランククエストは森の中でポーションの材料を取りに行くということだった。

「さ!久しぶりに下働きしますか。」

そういいながらアインは、帝都近くにある森に向かうのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • らんすろー

    素材探しに行った先に 日本でつるんでいた親友か 死ぬ原因になった おばあちゃんの孫娘 とか べたなところでは お兄ちゃん大好きな妹 などの 新キャラ登場を期待しています。

    1
コメントを書く